発達障害の子供の特徴や接し方など対応はどうすれば良い?

発達障害の子供の特徴や接し方など対応はどうすれば良い?

子供の発達障害のチェックリストや診断基準および治療は薬?

発達障害と診断された子をお持ちの方は子供の心配もさることながら接し方に悩み、どのような対応をすればよいのかわからなくなってしまうと思います。

を使うのが効果的なのかとか、障害の特徴からどのように接するのが良いのかなど色々と考えてしまうことも多いでしょう。

そこで、今回は発達障害子供特徴接し方を中心に記載したいと思います。


Sponsored Link


発達障害とは?


発達障害とは生まれつき脳の機能の発達が通常の方々とは異なっているために、通常の人とは異なる行動をとることが多くなり、周囲の人とのかかわりがうまくいかずに社会生活において困難な状況になることが多い障害のことです。

発達障害の人は得意なことと不得意なことの差が非常に大きく、物事への執着心や集中力にも明確な差が出ることも多く、独特な考え方や価値観を持っており、その部分でのすれ違いによって対人関係や集団行動を苦手としている人が多くいます。

日本における発達障害の定義は「発達障害者支援法」によって定められています

これを文面そのままに記載すると「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」が発達障害と定義づけられております。

今では通常学級の15人に1人が発達障害の可能性があると言われており、昔の世代よりも急速に増えているのです。

幼児の発達障害の特徴・チェックリスト


幼児の発達障害の特徴やチェックリストを作るのはかなり大変なようです。

それは小学校に行く前の幼児の場合は心も体も成長段階であり、個性として発達が遅いタイプの人もいますので、一概に判断することはできないからです。

そのため、専門家でもかなり難しいと言われております。

一応、ネット上で高確率で出てくるチェック方法を下記にまとめますが、当てはまる項目が多くても、違う可能性も高いということをご理解ください。

①声をかけても反応しない

②一人で遊ぶことが多く親を求めない行動が多い

③やってほしいことへの欲求が少ない

④歩きだしが遅い

⑤言葉の発達が遅い

⑥触られることを極端に嫌がる

⑦かなりの偏食で好き嫌いが激しい

⑧ほかの子どもに関心がない

発達障害と一括りにしてますが、その中には広汎性発達障害や注意欠陥多動性障害、学習障害に分類され、そこからアスペルガー症候群や自閉症障害、読字障害などの障害が出てくるようになるので、症状が異なりすべての項目が当てはまることは稀であるということを理解してください。

子供(小学生)の発達障害の特徴・チェックリスト


子供の発達障害は小学校に通うまで成長することでその特徴が出るようになります。

まず広汎性発達障害の場合は、対人関係が苦手でコミュニケーション能力に障害が出始めるので、自分の気持ちを伝えるのが苦手であり言葉の遅れが生じることもあります。

また、生活習慣や行動パターンにこだわりを持つようになるので、特定のことに以上に熱中するようになり、そのパターンから逸れるとパニックになることがあるのです。

チェックリストとしてまとめると以下の通りでしょう。

①自分ルール以外の行動を強いられるとパニックになる

②言葉の発達に遅れがあり、うまく相手に意見を言えない

③得意なものは非常に得意だが、興味がないことは一切やらない

④何らかのことに異常なまでの執着をする

⑤その場の雰囲気をつかめない

⑥予定変更の対応ができない

⑦人との距離感がつかめない

⑧オウム返しが多い

⑨手を振る時に自分に手を向ける逆バイバイになる

⑩人との共感力が低いので合わせることができない

注意欠陥・多動性障害の場合はこれとはまた別です。

不注意・多動性・衝動性等でトラブルが発生するので別のチェックリストを使うようになります。

発達障害の子供への接し方など対応


発達障害の子供は普通の子供とは違った行動をとります。


Sponsored Link


そのため、親の方々からすると理解不明な行動をとるため、ストレスが過剰に溜まってうつ病やノイローゼになってしまうことが多々あるのです。

そうならないようにするためにも接し方を理解しておきましょう。

必ずしも基本的な接し方を理解したからと言って、ストレスがすっきり解消されないかもしれませんが、一助にはなるかと思います。

コツとしては聴覚情報に頼るのが苦手な子供なら絵や写真を使って説明するとか、あいまいな表現は絶対に使わないで具体的な数や方法を説明するとか、褒められる部分を見つけて褒めるようにするとか、ルールをあらかじめ決めておくというところでしょうか。

発達障害の子供は察する能力が高くないので、あいまいな表現は避けねばなりません

また、できないことも多いでしょうが、得意分野を早く見つけることでその方向性でほめて伸ばすようにしてあげてください。

子供の発達障害が疑われる時は病院に行く?


個人的な見解が入りますが、明らかな異常行動が発生しない限りは幼いうちに病院に連れていく必要はないと思います。

特に2歳とか3歳という年齢なら個人差で片づけられる部分も多いので悩み過ぎはやめたほうがいいでしょう。

どうしても、心配で夜も眠れないという人は医師に相談するようにしましょう。

団体行動が必要な小学校に行く年齢になるまでに、異常行動が目立つようになったのなら、病院に行くようにすると良いでしょう。

子供の発達障害の診断基準


発達障害の診断基準は広汎性発達障害の疑いがあるのか、注意欠陥多動性障害の疑いがあるのか、学習障害の疑いがあるのかで大きく異なってきます。

そのためいくつか代表的な方法を紹介しましょう。

何らかの発達障害の疑いがあった場合は、個性を理解するためにロールシャッハテストや書きかけの文章に続きを記入させるといった文章完成法を行うこともありますし、知識・適応力・運動能力などをチェックして実年齢相当の能力がきちんと備わっているのかをチェックする方法もあります。

その他には田中ビネー式知能検査などを使って知的検査をすることもあります。

子供の発達障害の治療は薬を使う?


発達障害の治療方法は環境を調整することも含まれておりますが、症状を緩和させる治療薬というのは存在するので、環境調整及び投薬治療が並行して行われていくことになるでしょう。

例えば、ストラテラ(アトモキセチン)とかコンサータ(メチルフェニデート)はADHDの治療に最適と考えられており現代医療でも使われているようです。

ADHDの不注意・多動性・衝動性の症状緩和することができるため、薬物療法が中心となるのです。

しかし、薬の場合は副作用が出ることも多いので、副作用が強い方は別途医師と相談することになるでしょう。

ただし、副作用が怖いからといって中途半端に薬を使うことをやめてしまった場合は、症状改善が止まってしまい、また元の状態に戻ってしまうことがありますので、必ず医師に言われた期間飲み続ける必要があるようです。

 

発達障害に関しましては次のページも参考にしてください。

発達障害の症状の特徴【赤ちゃん・2歳頃・小学生・中学生】

大人の発達障害の診断チェック法!病院の探し方や治療法は?

発達障害の原因となる要素【妊娠中・母親・母乳・家庭環境?】

広汎性発達障害の症状や原因・診断・治療法!遺伝する?

発達障害の種類や特徴・診断基準・治療法および仕事や接し方

 

発達障害の子供の特徴や接し方など対応はどうすれば良い?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は発達障害の子供の特徴や接し方について記載してまいりました。

発達障害には色々と種類があるので、自分の子供の症状からどのような発達障害なのかを推察する必要があります。

発達障害の子供を持つと親は絶望してしまい、うつ病やノイローゼになってしまうことも多々あるのですが、それでも接し方や育て方を理解することで今の日本でもしっかりと育てることができますので、教育方法に困ってしまった場合には児童精神科や小児神経科に相談してみましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)