発達障害の原因となる要素【妊娠中・母親・母乳・家庭環境?】

発達障害の原因となる要素【妊娠中・母親・母乳・家庭環境?】

食べ物やワクチン・タバコ・遺伝・高齢出産など考えられる発達障害の原因

多くの方々に影響を及ぼしている発達障害にはいまだにわからないことが多く、妊娠中母親の接し方母乳家庭環境食べ物など様々なことが原因ではないのかと推測されておりますが、いまだに推測の域を出ず、現代医療でもわからないことが多い状態なのです。

今回は、現代の医学において発達障害原因がどこまで特定できているのかを今回はお話します。


Sponsored Link


発達障害の原因は妊娠中にある?


発達障害の原因ははっきり特定できていないため、様々な説が入り乱れております。

その一つが新生児期の間に脳の発達に影響が出るという考え方から、原因は妊娠中にあるのではないのかという説です。

しかし、説と一くくりにしていますが、この説の中でも細かく推測が別れているので、意思統一はされていないようです。

一応の意見をまとめると、インフルエンザや麻疹などのウイルス疾患を胎児がいる時に発症してしまったことが原因とか、極度の栄養障害が発生して胎児の成長がうまくいかなかったことが原因とか、胎児がいる状態で飲酒やタバコをし続けてしまったことが原因となったというところでしょうか。

実際にあった事例としても、子供ができていることにまったく気が付かないで飲酒やタバコを控えないでいた結果、脳に障害を抱えた子供が産まれてしまったというものもあるのです。

発達障害の原因は母親や父親にある?


発達障害の原因としてよく言われるのが親の育て方とか母親や父親の子供に対しての接し方というものです。

しかし、この説につきましても肯定する人たちと否定する人たちがいるので何とも言えない状況になっております。

否定する方々の意見としては、「生まれつきの脳の障害が原因なのだから親の育て方や接し方は全く関係ない」というもので、逆に肯定している人たちの意見は「親の接し方や家庭環境によって発達障害のリスクは引き上げられるので間違いなく関係している」というものです。

しつけ不足や親の愛情不足が原因という人もいますが、意思の見解もまとまっていないので何ともいえそうにありません。

発達障害の原因は母乳にある?


母乳が原因で発達障害になるという説はそこまで騒がれていなかったのですが、久保田史郎医師が完全母乳により重大な後遺症が出る危険性があると全国規模で発表したことにより、Yahoo!ニュースにもなったので多くの方々が目にすることになりました。

これの最大の理由は母乳が主体の育児なら問題ないのですが、完全母乳だと低血糖症になってしまい、栄養不足にもなってしまうので脳に障害が発生する確率が上がるというものです。

完全母乳では母乳の分泌が十分でない生後間もない期間では栄養が補いきれないので、新生児にとってのマイナス面が大きすぎるといわれております。

母乳はプラスの面ももちろんたくさんありますが、それだけでは栄養不足になる確率が高くなるかもしれないというのは覚えておいたほうがいいかもしれません。

発達障害の原因は家庭環境にある?


発達障害の原因の一つとして家庭環境が良く取り上げられるのですが、この意見に対しても否定している人と肯定している人がいるのでどちらが正しいのかはわかっておりません

親の養育態度次第で6割の人たちが発症するという人もいますが、いろんな方々の意見やデータなどを参考にしてみても、多くの方の意見は「家庭環境は関係ない」とか「生まれ持った脳のトラブルだからどうしようもない」というものに終始しているので何を信用していいのか明確にできないのです。

ただし、家庭環境が原因ではないとしても子供の精神面を豊かにする上で家庭環境は大切ですので、暖かい家庭環境を構築する努力は親として必要になるでしょう。

発達障害の原因は食べ物にある?


発達障害の原因として栄養不足や食べ物の偏りを提示する人がいます。

現代日本では食事のバランスが偏っている家庭が非常に多く、バランスの良い食事ができていない子供たちが多いのです。

発達障害の子供は集中力がなく落ち着かないで情緒不安定になってしまうものなのですが、これは脳に必要な栄養素が不足していないから起きていると考える方々もいます。


Sponsored Link


栄養バランスが偏ると免疫力も落ちますし病気になりやすくなり、カルシウムなどの栄養素が少ないとイライラが溜まるようになって精神的に不安定になるのは事実でしょう。

発達障害は先天的な脳の機能障害ではありますが、それは食生活によって悪化することもあれば症状が鎮静化する例もあるということで、主原因ではなく悪化させる要因の一つとして考えている人のほうが多いようです。

発達障害の原因はワクチン?


これも真相がはっきりしない推論なのですが、発達障害などの病気の原因にワクチンが関わっているという意見があります

具体的にはアルミニウムは認知症やアルツハイマーの原因となり、チメロサールには自閉症や発達障害の原因になるなどワクチンにこれらの物質が含まれている場合には注意するようにという情報が流れているのです(他にはホルムアルデヒドやグルタミン酸ナトリウム)。

英国の有力な雑誌においてワクチンが発達障害の原因となるといった文面を記載したこともあるようで、海外でも話題となっているようです。

ただし、2004年に米国科学アカデミーの医学協議会では自閉症との関係を否定していますし、WHOも「ワクチン中のチメロサールにさらされた小児、成人における毒性を示す根拠はない」と証言しているので、この説は正しいとは言えないのではないでしょうか。

発達障害の原因はタバコ?


発達障害の原因として出てくることが多いのがタバコです。

特に多いのが妊娠中に母親が喫煙していることで発達障害になる確率が上昇するという説です。

実際に統計学的にデータを集めて本当に確率が上昇しているのかを調べたものもありましたが、そのデータを見た限り確実に悪影響をもたらしていることが判明しております。

もちろん、タバコが全ての原因となるわけではありませんが、何らかの悪影響をもたらしているのは事実と言えると思われます。

発達障害の原因は遺伝?


発達障害の原因として多く取り上げられるのがこの遺伝的要因です。

これも確定事項として広まっているわけではないのですが、血縁者をたどっていくことで発達障害の人がいる場合にはいない人と比べると発症する確率は高いと言われているので、すべてを否定することはできないでしょう。

いまだに因果関係をはっきりさせることはできておりませんが、主要因の一つという考え方が現代医療でも有力視されています。

発達障害の原因は高齢出産?


高齢出産をすると、産まれてくる子供が発達障害などの脳に障害を抱えてしまうことが多くなるという説があります。

これはアメリカやスウェーデンの研究所や医科大学で研究報告があり、信憑性は高いと思われます。

これは母体だけではなく男性の方も精子の衰えと関係していると言われているので、要注意です。

詳しい原因はわかりませんが、統計学的にそのような傾向にあると言ことだけは覚えておいて頂けたらと思います。

発達障害の原因と脳との関係


人間の脳は大脳・間脳・脳幹・小脳に分けられるのですが、社会性の欠如やコミュニケーション能力の不足というのは脳の大脳にある海馬とその周囲の発達が遅れているのが原因であると言われております。

脳の記憶をつかさどる部分の海馬の発達が遅れると性格上のトラブルやコミュニケーション能力不足が発生するという見解を示す医師が多いようです。

 

発達障害に関しましては次のページも参考にしてください。

発達障害の症状の特徴【赤ちゃん・2歳頃・小学生・中学生】

大人の発達障害の診断チェック法!病院の探し方や治療法は?

発達障害の子供の特徴や接し方など対応はどうすれば良い?

広汎性発達障害の症状や原因・診断・治療法!遺伝する?

発達障害の種類や特徴・診断基準・治療法および仕事や接し方

 

発達障害の原因となる要素【妊娠中・母親・母乳・家庭環境?】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は発達障害の原因についてまとめてきました。

発達障害の原因については推論を交えての記載になりますので、不明な部分も多々あったと思います。

それでも、○○すると発達障害になる確率が上がると言われているものについては念のために気を付けられるといいのではないかと思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)