慢性疲労症候群のチェック項目や診断基準!うつとの違いは?

慢性疲労症候群のチェック項目や診断基準!うつとの違いは?

慢性疲労症候群の症状や原因・受診する病院について

いくら休んでもなかなか体力が回復しないという方は慢性疲労症候群の可能性があります。

うつと似ているため勘違いされがちですが、症状チェックして診断基準を理解し原因を探ると違いも見えてくるでしょう。

そこで、今回は慢性疲労症候群についてお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


慢性疲労症候群とは?


慢性疲労症候群とは通常の疲労よりも圧倒的に重い極度の疲労、それこそ身体を思い通りに動かすことすらできないレベルの疲労が6ヶ月以上にわたって続き、日常生活が普通におくれなくなる病気のことです。

厚生労働省科学研究からの発表によると日本人でも0.3%の人が発症しており、38万人もの人が苦しめられているようです。

もちろん、これは日本だけの固有の病気ではなく世界中に患者がいてその比率はだいたい0.2~0.7%と言われております。

この病気は1980年代の後半でアメリカのとある地域で多発したことによって注目されるようになったもので、この病気の主な症状である慢性疲労を病名に用いたものとなっているのです。

健康な人が風邪をひいたと思ってある程度の休みをもらったのに、いつまでたっても治らずに困っていて検査をした結果発覚したというケースもたびたびあります。

慢性疲労症候群の症状のチェック項目・診断基準は?


慢性疲労症候群は世界規模で悩まされている病気であるため、その判断基準などもその時代に合わせて更新されております。

より具体的に確認するとこのCFS(慢性疲労症候群)支援ネットワークのホームページにある診断基準を見るのがベストでしょう(CFS(慢性疲労症候群)とは

世界基準における考え方と日本基準における考え方ではちょっとした違いはありますが全体的な捉え方はほぼ同じとなっております。

日本での慢性疲労症候群の定義は「6か月以上持続する原因不明の全身倦怠感を訴える患者がとある前提を満たしたとき」となっているので、日本の医療機関はそちらを主に使っているのでしょう。

この前提には慢性疲労をきたす疾患を除外するとか、そこから休養をとっても回復しない等の判断を入れているので、判断はしやすいでしょう。

細かい診断基準として労作後疲労感・筋肉痛・多発性関節痛(腫脹はない)・頭痛・咽頭痛・睡眠障害・思考力・集中力低下・微熱・頚部リンパ節腫脹・筋力低下などのわかりやすいものもありますので、疲労がずっと抜けないという方はこれらにいくつ当てはまるのかを確認してみてください。

日本の判断基準ではこの10個のうち5つ以上が当てはまったら認められるようです。

慢性疲労症候群の原因は?

 日本でも10万人以上の人たちを苦しめている慢性疲労症候群ですが、原因の特定はまだできていないようです。

そのため、原因の排除といった段階には至っておらず色々と試行錯誤をしている段階が続いていると考えてください。

今のところ推測されている原因は、ウイルスや細菌による感染・ホルモン異常・免疫機能障害・アレルギー症状・ストレス・栄養不足・低血圧など、非常に多岐にわたっており、特定できていないことがよく分かる状態となっております。

一時期はコルチゾールなどのホルモン分泌量が低下しているから何らかの関係があると推測されていたのですが、その低下している量も正常範囲内のことだったので違うと結論付けられてしまったようです。

病院の慢性疲労外来科を受診?

慢性疲労症候群を診断するのが非常に難しい病気ではっきり言って何科に行けば100%特定してもらえるといった病気ではないようです。

例えば、心療内科に行ってこれらの症状を説明したところで高確率でうつ病とか更年期障害と診断されてしまうでしょうし、内科に行って症状を説明したとしても風邪と診断される可能性が高いと言われております。


Sponsored Link


そのため、結論として慢性疲労症候群に対する知識が深い人、専門医がいる病院を診察するのが良いでしょう。

何科という考えではなく、専門の医師がいるかどうかで判断されると良いと思います。

病院の探した方としてはこのリンク先を使うのがベストではないかと思います(http://byoinnavi.jp/g26)。

「病院なび」では慢性疲労症候群の治療が可能な病院を表示してくれるので、ここで探すのが最良だと個人的には感じております。

慢性疲労症候群の治療方法は?漢方薬が効く?


慢性疲労症候群の治療方法は定まっておりません

原因が特定できていないからという面も強いのですが、それでも症状に合わせて緩和させる治療が行われるため何もできないというわけではないのです。

その中でも多いのが漢方薬などを用いた薬物療法となります。

体の免疫力が慢性疲労症候群の方はかなり低下しているので免疫力を高めるのには漢方が最適なので選ばれているのでしょう。

しかし、これも100%効果があるというわけではないので、その場合はストレス等が原因と判断してストレスを解消する方法を実行するようになります。

つまり、治療方法はたくさんあるということです。

名前を少しあげるだけでも薬物療法・認知行動療法・ペーシング・段階的運動療法・非薬理療法など色々とありますので、その時に医師のカウンセリング結果に合わせて治療を行うことになるようです。

慢性疲労症候群とうつとの違いは?


心療内科でも高確率でうつ病に間違われるほど症状が似ており、医師も頭を悩ませております

しかし、これらは明確に違う病気であり人によっては併発することすらあるでしょう。

いわゆる糖尿病と風邪を併発するようなものです。

しかし、診断基準において「双極性障害・精神病性うつ病などを併発している場合は除外する」という明記があるため、うつ病と診断されたらそちらの治療を優先されるのでしょう。

違いを説明すると、まずうつ病は発症の原因がわからずに突発的に出てきますが、慢性疲労症候群は熱やのどの痛みといった風邪のような症状から発症します。

また、症状も異なりうつ病は精神的状態がひどくなり慢性疲労症候群の人は身体的にひどくなります

そして、うつ病は人間関係が原因のことも多く人付き合いが嫌いになりますが慢性疲労症候群の人は自分の苦しみを誰かに理解してもらいたいという考えが出ることが多いとのことです。

また、メンタル面での違いも大きいでしょう。

うつ病は全ての事柄に興味が無くなりますが慢性疲労症候群は動けないだけで意欲は減らないのです。

そして治療方法もうつ病なら抗うつ薬が効果的なのですが、慢性疲労症候群の場合は病気そのものに効果がなく治療法が一貫されていないという点もあります。

慢性疲労症候群になった場合の仕事について


慢性疲労症候群になってしまった人は治療期間が年単位になることが多く、仕事を辞めてしまっている人もたくさんいます。

ベストなのが少し休んで良くなったら仕事に行くとか、長期の休みをもらうとかの対応になるのですが、医者の診断さえあれば会社によってですが長期休暇を認めてくれるところもあるでしょう。

会社によって長期休暇がどこまで申請できるのかなどは異なってくるでしょうが、大きな会社でしたら福利厚生などがしっかりしているので認められることのほうが多いはずです。

慢性疲労症候群のチェック項目や診断基準!うつとの違いは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は慢性疲労症候群について記載してまいりました。

慢性疲労症候群は原因不明で完全な治療方法も特定できていない非常に厄介な病気です。

この病気になってしまった方は、自分が慢性疲労症候群なのか気が付けない人も多く、医師も診断できないことも多いので、まずはこの病気を知ることがスタートとなるかと思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)