ストレートネックを予防!姿勢の改善【スマホ・パソコン】

ストレートネックを予防!姿勢の改善【スマホ・パソコン】

ストレートネックを予防するデスクワークの姿勢!椅子の座り方

ストレートネックパソコンスマホが当たり前になった現代だからこそ発生するやっかいなもので、これを予防するためには姿勢改善が必須となります。

今回はストレートネック予防する方法姿勢についてまとめていきます。


Sponsored Link


ストレートネックとは?


(http://slowcore.net/image/straight02.jpg)

ストレートネックとは医学的に説明すると頚椎の前湾角度が30度以下となってしまった首の状態のことです。

要するに首がまっすぐになっていることを意味しております。

画像を見てもらうとわかるのですが、正常の人の首というのは頚椎に前湾角度が自然とつくようになっており、その人の角度は30~40度になっているのです。

これが30度以下になっている人はまっすぐなのに歪んでいる状態になってしまいます。

ある程度曲がっているのが自然な状態なのに、それが伸びきっているから不自然な状態になってしまうと言うことです。

ストレートネックを防ぐ正しいスマホの持ち方


(https://woman.mynavi.jp/article/140403-83/)

ストレートネックは別名スマホ症候群とも言われており、長時間スマホを不自然な体勢で利用してしまうと発症してしまうものとなっております。

それを防ぐ方法は正しい姿勢でスマホをいじることです。

最もわかりやすい解説がこの参考画像でしょう。

この姿勢にすることは意識しないとなれないでしょう。

なんとなく違和感があるという方はスマホを持つ手が肘から手の甲まで一直線になるような意識を持って操作するようにしてください。

これは両手持ちの方でも同じです。

うつむいて歩いてしまうことがこのスマホ首の原因となりますので、うつむいてしまわないような工夫をしていく必要があります

ストレートネックを防ぐパソコン使用時の姿勢


(http://www.fujitsu.com/jp/about/businesspolicy/tech/design/ud/vdt/index-page3.html)

パソコンを使うときの姿勢については昔からある程度定義されておりますが、その姿勢をキープできれば予防には最適と言えるでしょう。

机やいすの選び方やディスプレイの配置の仕方、角度等をわかりやすく解説しているので、パソコンを頻繁に使う現代の方々はよく見ておかれると良いでしょう。

逆にしてはいけない姿勢が、頬杖をつくような座り方や、体が横にスライドしているような無理な体勢、椅子の前側にお尻を乗せて目線が低くなってしまうような姿勢、そして背もたれに完全に寄りかかってしまうような姿勢となります。

現代日本人はデスクワークが非常に多くなって、パソコンを使わない仕事は無いというレベルにまでなりつつあります。

人によっては12時間以上座り続けて作業をする人もいるでしょうが、そのような人ほど姿勢には気をつけるようにしてくださいね。

デスクワークでストレートネックにならない方法

ストレートネックの確認法

ストレートネックになってしまうのはデスクワークの多さやスマホをいじる機会が多すぎることにありますが、仕事の都合避けることができないという人は非常に多いので、先ほど記載した予防策をどれくらい取り入れられるのかが鍵になります。

それ以外には、後述するストレッチを実行して首の湾曲を作るのも有効でしょう。

実際にストレートネックになり気味なのかどうかも自分でチェックする方法があるのでそちらを使うのも有効でしょう。


Sponsored Link


やり方は参考画像のように壁にかかと・後頭部・仙骨・肩甲骨が接するかどうかのチェックです。

この部分が4つともくっつく人は問題なしです。

1カ所でもくっつかない人は骨が歪んでいるというサインなので、ストレートネックの可能性があります。

ストレートネック改善!姿勢を正すストレッチ


ストレートネックを解消する方法はいくつかありますが、最もシンプルなのがストレッチをすることです。

たとえば、テレビ番組の「ためしてガッテン」で紹介していたタオルストレッチの場合は、まずはフェイスタオルを両手に持って首の後ろに当てます。

その後はタオルを持ったまま両手を上に持ち上げ、顎を引いて頷く姿勢になってください。

これで5~20秒キープです。

この持ち上げる動作と頷いて固定する動作を5セット行いましょう。

ほかにはテニスボール2個とガムテープ、そして厚さ2cm程度の本を使って行うストレッチもあります。

テニスボール2つをガムテープなどでくっつけた状態で固定し、固定したテニスボールと本を床に置いて後頭部の下側にあるくぼみの部分に当てるようにして寝ます。

本の位置はテニスボールよりも体側に置いてストッパーにするといいでしょう。

これを3分ほど実行しましょう。

ストレートネック改善!椅子に座る正しい姿勢


ストレートネックにならないようにするためには机や椅子の選び方も大切です。

特に椅子は座り方を間違っていると簡単に体を歪ませます。

椅子は、座面の高さが自分で簡単に調節できるものを選びましょう。

椅子に深く腰掛けて足の裏全体が床に接することができるように調節してください。

理想は椅子と大腿部との間に指が入る程度のゆとりがほしいです。

また、椅子に座ったストレッチも存在しているのでそちらも実行するといいでしょう。

やり方は椅子に深く座って背もたれに寄りかかり下を向くように頭を前に倒します。

その後はゆっくりと上を向いて元に戻すという首の上下運動です。

これだけでも首全体の筋肉がほぐれます。

ストレートネックの姿勢矯正ベルトなどグッズは?


このようにストレートネックは多くの方々を悩ませるものとなっておりますが、はっきり言ってしまいますと、パソコンもスマホも日常生活において必需品になりすぎているので、これを使わないようにするのは不可能です。

そのために姿勢改善を要求されるのですが、ずっとパソコンによる仕事をしている人の場合はそれを意識し続けながら仕事をするのも困難でしょう。

整体マッサージという方法もありますが、一回の整体では解消されませんし、何度か通うことになるのでかなりの費用がかかります。

そのようなこともあってよく推奨されるのが、このストレートネックを解消するグッズです。

そのグッズの中でも最も多いのが枕系でしょう。

睡眠を利用してストレートネックを矯正するというやり方になります。

ただし、男性は女性に比べて骨格が大きいので、男女兼用のストレートネック改善枕は効果が薄いという声が多く、男性なら男性の、女性なら女性のものを選んで使った方がいいというアドバイスが多々あります。

それ以外にもお湯の熱を使って首のこりをとりつつストレートネックを改善するという枕もありましたし、枕関連のストレートネック改善商品はかなり多く売られているのです。

それ以外になるとストレッチを補助するような「【磁気ネックストレッチャー】じんわりめぐる温かさ」といった解消グッズもありますし、「エアー ネックストレッチャー」といった特殊な器具も売られております。

ストレートネックを予防!姿勢の改善【スマホ・パソコン】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はストレートネックについて解説いたしました。

スマホやパソコンを使うのが当たり前になった現代だからこそ、このストレートネックはなかなか解消されることがありません。

これはなかなかにたちが悪い現代病の一つなのです。

パソコン作業やスマホの使い方はある程度制御はできますが、ずっと制御するのは難しいものなので、いろんな枕やストレッチを試してみるのが一番いいでしょう。

枕を買うこともちょっと抵抗があるという方は、ストレッチから実行してみてください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)