耳鳴りが低音で響く原因は?治療法は?

耳鳴りが低音で響く原因は?治療法は?

耳鳴りが低音で響く原因と治療法について

耳鳴りには【ブーン】や【ボー】【ゴー】といった低音のものや【キーン】や【ピー】といった高音のものなど色々あります。

高音は勿論ですが、低音で常に鳴り響く耳鳴りも気になってストレスになるかと思います。

ここでは耳鳴りが低音で響く原因及び治療法について記載したいと思います。


Sponsored Link


低音で響く耳鳴りの症状

miminarisyoujyou

低音で響く耳鳴りの症状は音については先に記載した通り、【ブーン】や【ボー】【ゴー】といったようなものです。

音はあまり大きくなったり小さくなったりせず、一定である傾向があります。

そして感覚として耳の穴が詰まったような感じを伴うケースが多いようです。

ずっと鳴り続けているケースもあれば寝る時や目覚めた時だけ感じるというケースもあります。

 

耳鳴りのことにつきましては次のページもご参考にしてみて下さい。

耳鳴りの原因と治療法は?頭痛・めまいとの関係性は?

 

耳から音が伝わる仕組み

miminokouzou

画像出典:http://www.m-gluck.co.jp/hocyoki/2.html

ここではまず音が聞こえる仕組みについて触れておきます。

耳の構造は耳の外側から外耳、中耳、内耳と3つの部分で構成されています。

外耳には鼓膜、中耳には耳管の他、耳小骨(つち骨、きぬた骨、あぶみ骨)という骨があります。

内耳には蝸牛(かぎゅう)というカタツムリの殻ような形をした器官があります。

外から入ってきた音は空気の振動によって伝わります

外からの振動で鼓膜が振動し、その振動が中耳のつち骨、きぬた骨、あぶみ骨に伝わります。

各骨が振動し、内耳の蝸牛に伝わります。

蝸牛の中には水があり、水の中には有毛細胞というワカメのようなものがたくさん存在しています。

蝸牛の水が振動すると、その振動が有毛細胞に伝わります。

有毛細胞は低い音や高い音など色々な音に反応し、振動を電気信号に変換します。

この電気信号が蝸牛の下にある神経を通って脳に伝わり音として認識します

 

耳鳴りに伴い「めまい」が起こる方もいるかと思います。

めまいにつきましては次のページをご参照下さい。

めまいの症状の原因は何か? その対処法は?

 

低音で響く耳鳴りの原因

低音の耳鳴りが起こる原因は色々あります。

耳管狭窄症

jikankyousakusyou

画像出典:http://snalime.com/health/jikan-kyousakusyou/

中耳には耳管という管があります。

この管は喉に繋がっています。

この耳管は耳の外と中の圧力を一定に保つ働きをしています

例えば昇りのエレベータに乗った時に耳が詰まって聞こえにくくなったりしますが、あれは外の気圧が下がるので鼓膜が外に押されることによって起こります。

唾を飲みこんだり、あくびをしたりするとまた元に戻るのは、その時に耳管が開いて、耳の中に空気が入り、耳の外と中の圧力が一定になるからです。

エレベータの場合は急な気圧の変化なので、耳管がついていけず、耳が詰まった感じになったりしますが、普段の地上にいる時の気圧の変化に対しては耳管が開閉されることで、圧力が一定に保たれています。

ところが、この耳管狭窄症になると普段でも開閉がうまくいかなくなり、鼓膜が押され、音を正しく捉えることができなくなります

この時に低音で響く耳鳴りが起こったりします。

メニエール病

menieru

画像出典:http://kousin242.sakura.ne.jp/arakawaoki/ccc/先進医療/メニエール病/

メニエール病の症状としてはめまいや吐き気、難聴、閉塞感、耳鳴りなどがあります。

メニエール病は内耳の内リンパのリンパ液が滞り、リンパ管が膨らむことで蝸牛と前庭が影響を受け起こるとされています。

そのうち、耳鳴りが低音で響く耳鳴りが起きるのは蝸牛によるものです。

蝸牛が膨張してしまい蝸牛内の有毛細胞の振動が少なくなり、低音が捉えにくくなってしまいます

耳鳴りは聞こえない音域で起こると言われており、それで低音で響く耳鳴りが聞こえてくるというように言われています。

 

吐き気につきましては次のページをご参考にして下さい。

自律神経失調症とは?症状は?痛みや吐き気・ほてりなど

 

低音障害型感音難聴

teionsyougainaicyou

急におこる感音難聴で、低音だけに障害がおこる難聴です。

低音障害型感音難聴は、蝸牛に内リンパ液が増えすぎて起こると考えられています。

メニエール病の場合は平衡感覚と関係する前庭でもリンパ液が増え、めまいも起こしたりしますが、低音障害型感音難聴は蝸牛だけでリンパ液が増え、基本的にめまい症状はありません

突発性難聴

toppatsuseinaicyou

毎日何の問題もなく過ごしていたのに、ある日突然、朝起きると片側の耳が聞こえなくなっていたり、詰まった感じがしたり、耳鳴りがあったりする病気です。

夕方に急めまいと一緒に難聴を感じたりすることで始まる場合もあります。

このような突発性難聴により、低音で響く耳鳴りが起こったりします

突発性難聴は有毛細胞の働きが妨げられることでおこります。

なぜか?という明確な原因は分かっていませんが、何らかのウイルスあるいは血行不良が原因と考えられています。

その他

noushinkei


Sponsored Link


その他に聴神経や脳の障害、糖尿病・高血圧症・動脈硬化症などの全身疾患、薬の副作用などによって起こる場合があるとされています。

 

糖尿病につきましては次のページをご参照下さい。

糖尿病の症状や原因は?合併症の危険性や治療法は?

糖尿病の症状や予防法は?足でチェックする方法は?

妊娠糖尿病の症状とは?小児【子供】糖尿病とは?

糖尿病の検査方法や検査機器・キットは?その費用は?

糖尿病での合併症 発症時期と発症率は?予防方法は?

 

低音で響く耳鳴りの治療や治し方

病院での治療

byouin

耳鳴りに悩まされた場合は、割合は低いですが脳の障害の可能性があることと、突発性難聴によって起こっている場合は早期治療が望ましいので、早めに病院で診察した方が良いでしょう。

まずは耳鼻咽喉科を受診すれば良いですが、脳神経外科などのある総合病院がお勧めです。

ストレスの解消

utusyoujyou2

病院を受診して、重大な原因がなく、また病院の治療を受けてもなかなか改善が見られない場合はストレスが原因になっている可能性が大きいです。

耳管狭窄性やメニエール病、低音障害型感音難聴、突発性難聴にしても、その根本にはストレスが関わっている可能性が大きいと言われています。

ですので、ストレス解消に努めましょう。

ストレスのある状態とはイライラや怒り、不安・恐怖、緊張、焦り、妬み、悲しみなど精神面においてマイナスの感情が頻繁に出てくるような状態を言います

一度、日常での心の状態を見つめ整理してみるといいでしょう。

どのようなマイナスの感情が頻繁に出てくるのか?を洗い出し、何故その感情が出てくるのか?どうすればマイナスの感情をより和らげることができるか?などについて整理してみるという感じです。

マイナスの感情を和らげる方法としては、物事を楽観的に考える、人の目を気にし過ぎない、自分や人に厳しくし過ぎない、できる限り自分に起こっている出来事を良い面から考える(その出来事が起こったことで自分にどのようなプラスに繋がるかなど)という考え方をするというものがあります

また頑張り過ぎて疲れを感じた時は休息を取りましょう。

生活習慣を整える

undou

体に不調がある場合、概ね生活習慣のどこかに問題があるものです。

ここで言う生活習慣とは食事、睡眠、運動と先に挙げたストレスです。

ある意味耳鳴りは「どこか問題を改善したらもっと良い生活を送れますよ!」というメッセージとも言えるのかもしれません。

自律神経の働きを整える

jiritushinkei

自律神経は私たちの体の様々な部分をコントロールしています。

従いまして、自律神経の働きが乱れると、様々な部分をコントロールすることが出来なくなり、色々な症状が表れたりします

先にストレスが耳鳴りの大きな原因とお伝えしましたが、流れとしてはストレスがかかると自律神経の働きが乱れ、内耳周辺の働きを上手くコントロールできなくなるという感じです。

従いまして、自律神経を整えることも低音の耳鳴りを改善させるための大きな要素の1つです。

 

自律神経を整える方法など自律神経に関する内容につきましては次のページをご参照下さい。

自律神経失調症の症状とその原因と改善方法【治し方】

自律神経を整える方法 ツボ・アロマ・運動・食事・呼吸法

 

耳鳴りの予防

boukouenyobou

耳鳴りの予防法は上記【低音で響く耳鳴りの治療や治し方】で挙げたストレスの解消と生活習慣を整えると自律神経の働きを整える、の3つが主なものです。

日々の生活では仕事や人間関係など様々な要素があり、なかなか自分の思い通りにはいかないものですが、やはり体の不調を改善するには、体にとって良い生活習慣にすることが本質的なものだと思います。

100%完璧ではないにしても少しでも近づけようとすることは出来るのかと思います。

もしかしたら、「生活習慣を変えることなどできない」と思っていることを変えることが体調の改善だけではなく、自分自身の成長に繋がるのかもしれません。

 

耳鳴りからやる気が起きず「うつ」傾向になっている方は次のページもご参考にしてみて下さい。

うつ症状の状態と治療法【改善法】

主治医が見つかる診療所 うつ病のチェック項目と克服と期間

 

鼻づまり、せき、頭痛などに関する内容は次のページを参考にして下さい。

ためしてガッテン鼻づまりをペットボトルで?点鼻薬で悪化?

ためしてガッテン せきの止め方は?ハチミツ?

花粉症で咳が止まらない 夜眠れない対策

頭痛をこめかみ付近のツボで即効で治す方法

頭痛における右後頭部の鈍痛は大丈夫?

 

耳鳴りが低音で響く原因は?治療法は?まとめ

低音で響く耳鳴りの症状は【ブーン】や【ボー】【ゴー】といったようなものです。

原因としてはストレスの他、耳管狭窄症、メニエール病、低音障害型感音難聴、突発性難聴などがありますが、こういった耳管狭窄症などの症状が出る根本的な要因として、ストレスがあることが考えられます。

その他の原因として脳の障害などの可能性もありますので、まずは異常な耳鳴りがあると感じたら、病院で受診するのがお勧めです。

病院で治らない場合は、ストレスがないか整理し、ストレスがある場合は解消に努めましょう。

そして生活習慣や自律神経が整うよう意識しましょう。

予防方法は

①ストレス解消

②生活習慣を整える

③自律神経の働きを整える

という3つが主なものです。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)