網膜剥離の失明の危険性は?前兆や検査・治療・再発について

網膜剥離の失明の危険性は?前兆や検査・治療・再発について

失明の危険のある網膜剥離の症状や治療など

網膜剥離は視力に多大な影響を与え、場合によっては失明する可能性がある危険な症状です。

そのためにも前兆を正しく理解して、検査を受けてなっていた場合には治療を行い、治ったら再発に気を付ける必要がります。

そこで今回は網膜剥離失明の危険性はどの程度なのか、また前兆検査治療再発についてお伝えします。


Sponsored Link


網膜剥離の前兆や症状

adenovirus-ketumakuen-syoujyou
網膜剥離は失明する恐れもある危険な症状です。

網膜は眼球の内側にある膜でフィルムの役割をはたしてくれているのですが、そこが剥がれてしまうことによって視野や視力に影響がでるようになります。

また失明まで至らなかったとしても、視力が低下してしまい、治療しても治らない後遺症として残ってしまうこともあります。

基本的に網膜は剥離してしまうと光を感知する機能を失っていき、さらには再生することも無いので後遺症が残ってしまうのです。

この網膜剥離の前兆や初期症状は、蚊が飛んで見えるようになる飛蚊症や目の前に閃光が走る光視症がでてくるようになるので、これらの症状が出たのなら後遺症が残るレベルまで悪化する前に眼科を受診するようにしてください。

網膜剥離の原因

moumakuhakuri-genin
画像を見てもらうと網膜がどこにあるかわかっていただけると思いますが、硝子体を覆っている膜となっているのです。

そのため、眼に強い衝撃をうけてしまうことで生じるダメージは網膜にも受けるようになっているので亀裂が入ってしまうことがあります。

それ以外にも年をとってしまうと硝子体が委縮してしまうので、自然と網膜の変形が発生してしまい、場合によっては収縮する硝子体に引っ張られて網膜が破れてしまうこともあるようです。

それ以外には強い近視の人は眼球の奥行きが他の人よりも長い傾向にあるため、加齢と同じく網膜が変形してしまいその反動で穴が空いたり破れてしまうこともあります。

つまり、原因となるのは大きく分けて外傷・加齢・近視になるということです。

網膜剥離の失明の危険性

moumakuhakuri-syoujyou
網膜剥離の最悪な状態は視力低下ではなく失明です。

一度記載しましたが、網膜には再生能力が無いため修復することができません。

そのため傷ついた状態で放置されてしまうと栄養素が行かなくなってしまうので細胞が死亡してしまいフィルムの機能がなくなってしまいます

カメラもそうですがフィルムそのものが無ければカメラとしての機能をはたすことができなくなるので、眼もその機能をはたすことができなくなってしまい見えなくなってしまうでしょう。

そうならないようにするためにも、早期発見による治療が大切になるので飛蚊症や光視症といった症状が出てきたら眼に異常があると考えてすぐにでも眼科に行くようにしましょう。

網膜剥離の検査

moumakuhakuri-tiryou
網膜剥離の検査は外見上ははっきり言ってわからないものなので、特別な検査方法が必要となります。

それは眼底検査という眼底鏡を使っての検査で、光を瞳孔からに入れて観察する方法です。

稀に硝子体出血があってわからないといった事態もあるので、その時は超音波検査など他の検査を行うことになります。

人間ドックでも眼底検査が行われることはありますが、基本は眼底カメラを使っての検査になるので、網膜剥離は見逃されることが多くなっています。

そのため、人間ドックで異常なしとでたとしても、前兆症状が出ているのなら眼科医を訪ねるようにしましょう

網膜剥離の手術など治療

moumakuhakuri-megusuri
網膜剥離の症状がまだ初期段階であったり、軽症の範囲にとどまっているのであれば、レーザー治療のみで済むことがあります。

これは主に網膜剥離の前段階である網膜裂孔の治療に使われるものなのですが、穴が空いている部分の周りにレーザーを当てて瘢痕を作り網膜剥離にならないようにすることができます。

もちろんレーザーによる治療なので痛みはほとんどなく30分くらいで終わらせることができ、通院しながらの治療が可能となるでしょう。


Sponsored Link


ある程度症状が進行していた場合は眼内に手術器具を入れないバックリング手術か眼球内に手術器具を入れる硝子体手術の2択になります。

どちらも一長一短なものがあるので、患者の状態次第によってどちらになるかは変わってくるでしょう。

網膜剥離の予防

moumakuhakuri-syokuji
網膜剥離を予防する方法はかなり限定されています。

具体的には目への衝撃を可能な限り減らすこと、そして近視にならないように目の健康に良いものを摂取するようにしたり、眼精疲労を残さないようにすること。

または、網膜剥離を予防するために定期的に目の検診を受けて異常が無いかを一定周期ごとにチェックしてもらうことです。

網膜剥離を完全に予防する方法はないので、できる限り眼の負担になることは避けるしかありません。

またファッションでコンタクトレンズを使っている方は眼の負担となっていることも多いので、眼を強くこすったりしていないか確認するのも大切になってくるでしょう。

網膜剥離の再発

moumakuhakuri
網膜剥離は手術を行うことで90%以上の予後は良いと言われていますが、他に目の病気を抱えていたり、眼球の状態が他の人よりも悪い場合は再発する可能性が上がります。

糖尿病などになっている人は要注意で再発リスクが高まっていると言えるでしょう。

それでも実際に再度網膜剥離が起きる確率は10%くらいになりますが、0ではないため起こる確率はあります。

実際に再発する場合は術後2~3か月になっているので、再発を気にしている人は半年ほど経過していればほぼ安心と考えていいでしょう。

手術してから2~3か月は剥離した網膜が安定していないため、この時期が最も再発する可能性が高くなっています。

それ以外にもこの期間の眼の酷使も再発するリスクをあげる要因となるので、3か月間はパソコンやスマホから距離を置いて目に優しい生活を心がけましょう。

レーシック手術を受けると網膜剥離に?

moumakuhakuri-laser
今では定番になりつつある視力を改善させるレーシック手術ですが、網膜剥離になりやすくなるという噂が流れた時期があります。

この噂は今でも結構根強く残っていて、レーシック手術を受け持っているところのQ&Aとかにはたいてい「レーシック手術をすると網膜剥離になりやすくなるのは本当ですか?」のような記載があるでしょう。

確かに、レーシック手術によって網膜剥離にある可能性は0ではありませんが、実際には非常に稀なので過度な不安は不要だと思われます。

実際にレーシック手術を行っている側の見解としては、角膜に「フラップ」というフタ状のものを形成する過程において目にストレスがかかるのでこのストレスで発生する可能性は非常に少ないけれども存在するとしています。

つまり、レーシック手術を受けることで起きる網膜剥離は頻繁に発生するものではなく、確率は相当低いものなのでそこまで過敏に反応する必要はないと言えるでしょう。

 

網膜剥離につきましては次のページも参考にしてください。

網膜剥離裂孔とは?症状や原因・レーザー手術など治療法は?

網膜剥離の予防方法【食事・目薬・サプリメント・レーザー】

網膜剥離の原因は?ストレスやコンタクト・白内障・アトピー?

網膜剥離で失明する確率は?移植で回復?糖尿病から起こる?

網膜剥離の手術は痛みを伴う怖いもの?手術時間やリスクは?

 

網膜剥離の失明の危険性は?前兆や検査・治療・再発についてまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は網膜剥離の失明の危険性はどの程度なのか、また前兆や検査・治療・再発についてお伝えしました。

網膜剥離は放置していたら失明する危険性のあるものですが、前兆症状や症状が軽い時に起きる症状があるのでそれを正しく理解して発生したらすぐにでも眼科で検査を受けることが大切であるということでした。

また、初期段階であればレーザー手術のみで終わることもあるので通院で治せる可能性もあるということでしたね。

そして再発する危険性が術後2~3カ月の間は高くなっているので、この期間は特に気を付けるようにすることが大切であるということでした。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)