クラミジア感染症の症状【男性・女性】や感染経路と潜伏期間

クラミジア感染症の症状【男性・女性】や感染経路と潜伏期間

クラミジアの症状や原因と治療・予防法!不妊との関係は?

クラミジア感染症症状男性女性では異なるところが多く、それぞれどのような症状なのでしょうか?

感染経路潜伏期間といったところも気になる点かと思います。

そこで、今回はクラミジア感染症についてお伝えしていきます。


Sponsored Link


クラミジア感染症の症状【男性・女性】


クラミジア感染症は性病の一種で、男性や女性にかかわらず感染し得ます。

男性の場合は尿道炎が発生することが多く、尿をするときに痛みが発生するようになるようです。

この痛みのレベルも人によってさまざまでしみるといった小さな症状の人もいれば、焼けるような痛みに襲われてかなりしんどい思いをしたという人もいます。

ここからさらに放置すると尿道の奥へ移動するので前立腺炎になってしまったり、副睾丸炎になってしまうでしょう。

女性の場合は無症状がかなり多いのですが、子宮頚管部粘膜に感染することが多いので膣内の抵抗力が低下してほかの細菌感染率が上昇し、膣炎の症状が出始めます。

こうなるとおりもの異常が発生して、色が白や黄色になってしまったり、量が多くなってしまったり、臭いがきつくなってしまうようになったりするのです。

それ以外にも、下腹部に痛みを感じるようになって生理周期に乱れが出るようになったりもするようです。

また、卵管炎になる可能性もあるので不妊症になってしまうこともあります。

クラミジアの原因【感染経路】


性病の一種なので感染経路は単純です。

いわゆる感染者との粘膜接触によって感染します。

またこの粘膜接触は口の中の粘膜でも発症する確率があるので、オーラルセックスなどで咽頭クラミジアになってしまうこともあります

このクラミジアは非常に厄介なことに無症状であることが男性も女性も多いので、気が付かないうちに感染させているケースが多いのです。

気が付いたら発症しており、気が付いたら他の人にうつしていたなんてことにならないように注意してください。

クラミジアの潜伏期間


クラミジアは無症状の場合が多く、さらには潜伏期間があるため、状況次第では無自覚にうつしてしまうようになります。

その潜伏期間も幅広く一般的には1週間~3週間程度といわれております。

しかし、症状が出ない人は気が付かない状態で体の中に菌を保有している状態になってしまうので、何年も潜伏しているケースもあります。

そのため、いつまでも無症状の人からうつされてしまう、そのうつされた側の人が病院で検査をする際にパートナーも一緒に検査をした結果、潜伏していたことが判明したというケースも多々あるようです。

クラミジアの検査方法


クラミジアのような性病の検査の方法は泌尿器科や産婦人科で検査をしてもらうか、性病クリニックで検査をしてもらうか、自宅で検査キットを使って検査をするのかになるでしょう。

病院やクリニックで検査をする場合は、男性ならば尿道にクラミジアが感染するので尿検査をして調べます。

女性の場合は排尿器官ではなく内臓である子宮へとつながる部分に感染するので子宮頸管の分泌物や腟壁の分泌物を検体として採取して調べることになるでしょう。

性病検査キットを使えば病院に行かなくても調べることは出来ます。

とくにクラミジアと淋菌のセット検査は予想以上に需要が多く数社が開発及び発売をしているので、その中から選んで使うことになるでしょう。

クラミジアは自然治癒する?


クラミジアは性病です。

病気にはいろいろとありますが、その中で最も治療に関しておろそかになりそうなのがこの性病となります。

理由はシンプルで恥ずかしいからとか他の人に知られたくないからという部分でしょう。

そのため、何らかの症状があったとしても放置する人が非常に多いのです。

しかし、このクラミジアに感染してしまった場合、自然治癒することはないというのが通説です。


Sponsored Link


アメリカのとある研究機関からの報告では放置していたら4年後には95%が治ったという報告があります。

しかし、病院やクリニックの方々の意見を見ると「放置すると治らない」という意見がほとんどです。

これは病院の経営に直結するという意見もありますが、何とも言えない状況のようです。

若い人の場合は免疫力が強いのでクラミジアに打ち勝てる可能性があるのかもしれませんが、意見がバラバラなので、「自然治癒するという噂もあるけど、基本的には治らない病気」と考えたほうがいいでしょう。

クラミジアの治療法


クラミジアに感染してしまうといろいろと世間の目というのが気になって絶望してしまいますが、治療自体は非常に楽にすみます。

その方法は抗生物質の内服による治療です。

外科的な手術とかはありません。

使われる薬は1度内服すれば効果が1週間持続する「ジスロマックSR」と呼ばれている薬で、これがあれば9割のクラミジア感染者の治療が終わるといわれております。

ほかにも「ビブラマイシン」や「レボフロキサシン」といった薬があるようですが、基本は「ジスロマックSR」の内服と思われると良いでしょう。

クラミジアが治るまでの期間は?


クラミジア感染症になってしまった人でも抗生物質を飲むことで早期治療が可能です。

早い人では1週間以内に治療完了となりますし、遅くても2週間程度で治療が終わるようです。

ただし、お酒を飲むと効果が薄れるといった点などがありますので、治療期間中は医師の指示に従って処方を続けてください。

薬によっては「〇日間飲み続けること」などの指示がありますので、途中でやめることなく続けるようにしましょう。

また、内服終了後に検査をして菌が消滅しているのかどうかを確認することも大切です。

薬を飲んで終わりだとは思わないで、しっかりと治療が終わったのかどうかを調べるようにしましょう。

クラミジアと不妊との関係


クラミジアで放置することが良くないとされる一番の理由が、不妊症となってしまう可能性があるからです。

女性の場合、子宮内膜炎や卵管炎などの症状が出るようになって卵巣炎になってしまい、子宮外妊娠や不妊につながるケースがあります

卵管が炎症すると閉塞につながってしまうので不妊症になってしまう恐れもあるのです。

母子感染による赤ちゃんのリスクもありますので、クラミジア感染をしたまま妊娠することも危険な状態であるといえるでしょう。

クラミジア感染症は無症状である可能性が高く、気が付かないうちに胎児にリスクを背負わせている可能性もあるので、クラミジア感染症は子供のことを考えると非常にリスクが大きい病気なのです。

クラミジアの予防法


クラミジア感染を防ぐには粘膜接触を減らすしかありません

クラミジアに感染している相手の粘膜に触れることで感染するので、そのリスクを減らすことが予防となります。

性行為の際はコンドームなどを利用するのもいいでしょう。

しかし、発症しない可能性も高いので、実はパートナーが感染していたというケースでは回避することは難しいでしょう。

 

クラミジアにつきましては次のページも参考にしてください。

咽頭クラミジアの症状と行く病院や検査・治療法【自然治癒も?】

クラミジアの男性の症状や原因!潜伏期間や検査・治療法は?

クラミジアの治療法は薬が有効か!病院での治療期間や費用は?

クラジミアの検査方法【病院や保健所・キット】と期間や費用

クラミジア感染時のおりものの色は白いか!においや量は?

 

クラミジア感染症の症状【男性・女性】や感染経路と潜伏期間のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はクラミジア感染症についていろいろと記載をしてまいりました。

無症状というのはいいことであると思いますが、気が付かないうちにうつしてしまうというのがなかなかに厄介です。

特に、女性の場合は不妊症のリスクがありますので非常に危険といえるでしょう。

怪しいと思ったら、病院に行くのは恥ずかしいという方でも検査キットを使って調べるようにしてください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)