クラミジア感染時のおりものの色は白いか!においや量は?

クラミジア感染時のおりものの色は白いか!においや量は?

生理痛や生理不順も?クラミジアに感染時のおりものの色や症状

クラミジアに感染してしまった女性はおりものの異常で体に何かが起きているということに気が付きます。

具体的にはどのような異常が見られるのでしょうか?

くなる」「においが変わる」「に変化が出る」といった点なのでしょうか?

そこで、今回は女性がなってしまうクラミジアについてお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


クラミジアによるおりものの色は白い?


女性が感染する性感染症の中でもっとも感染者数が日本で多くなっているのはこのクラミジアです。

性感染症にもいろいろと種類がありますが、このクラミジアは自覚症状がほとんどないという厄介な部分があるので、気が付かないうちにほかの人に移している可能性があるのです。

このクラミジアに感染して子宮頸管粘膜に到達すると、子宮頸管炎が発生するので頸管粘液に変化が出るようになり、おりものにも変化が出るようになります。

具体的には色が白や黄色に近い黄白色になるのです。

おりものの変化においてこの色の違いは最も分かりやすく、性病にかかったサインとなっているので、色がおかしくなったのならすぐに病院に行ったほうがいいでしょう。

おりものの色が茶色や黄緑の場合は?


基本的におりものの色の変化は性病のサインといえますが、様々な病気の症状の一つという捉え方になるので、色だけでは特定できないケースのほうが多いのです。

例えば、先ほど紹介した白や黄色だった場合は淋病・クラミジア・非特異性膣炎。骨盤腹膜炎・膣カンジダ症が考えられます。

これが黄緑だった場合は膣トリコモナス症あたりが疑われるでしょう。

茶色だった場合はまた別で、不正出血・子宮内膜症・子宮筋腫・子宮頸がん・子宮体がん・卵管炎・骨盤腹膜炎といった様々な病気が考えられますし、クラミジアなどの感染症が痛みや出血を引き起こしている可能性すらあるようです。

また、病気ではなく女性の子宮にて受精できて着床が発生すると人によっては少量の出血が発生するので着床出血が出てしまったために茶色になったという人もいます。

クラミジアによるおりものの臭いは?


クラミジアになるとおりものの臭いが通常よりも強くなることが多く、そこで気が付く人もいるようです。

これはクラミジア感染による膣炎が発生したことで、臭いが強くなったと考えられるので気になった方は検査をしてもらったほうがいいでしょう。

もちろん、この臭いの強さには個人差がありますので、臭いがきつくなったと感じるラインについて具体的に記載することは出来ませんが、おりものに何らかの変化を与えるのは事実なので、色や臭いはよく観察するようにしましょう。

クラミジアによるおりものの量は?


クラミジアに感染して膣炎が発生すると水っぽいおりものになり量が増えることがありますので、いつもよりも多いと感じることがあるでしょう。

これも人によっては異なる部分が多いので線引きはできませんが、おりものの異常である量・色・臭いのどれかに変化が出るようになりますので、クラミジア感染を疑えるような何かが発生した場合は特に気を付けてください。

クラミジアに感染すると生理痛が悪化する?


クラミジアになると生理痛のような痛みが下腹部に生じることがあるので、普段よりも生理痛が悪化していると感じる人がいるようです。

クラミジアになると子宮頸管炎や子宮内膜炎になってしまうことが多いので、下腹部に違和感が発生する確率が増えます

その違和感の出かたは人によって異なりますが、もやもやすると感じる人もいれば痛みを感じる人もいるのです。


Sponsored Link


つまり、クラミジアになってしまった場合は下腹部に痛みが発生するケースもあることから、生理痛がきついと感じる人が増えるという意見が多いということになります。

クラミジアに感染すると生理不順を起こすこともある?


性行為によって感染する性病であるクラミジアですが、どうやら生理不順を引き起こす原因にもなるようです。

これは諸説ありますが、クラミジアや淋病などの性病になると子宮の内部や卵管などで炎症が発生するようになり子宮内のバランスが崩れてしまうようになり、子宮内が子供を産むための安全な状態から離れていってしまいます。

もともと生理周期というのは子供を産むための準備が整った場合に発生するものなのですが、性病になると子宮内環境が細菌によって乱されるので生理周期もバラバラになってしまうようです。

また、性病になるとほかの異常症状が出るようになるので、「性病かもしれない…」という精神状態からストレスにつながってそこから生理不順につながるケースも考えられております

生理不順は体の不調以外に心の不調も大きく影響するので、そちらの可能性もあると思ってください。

その他のクラミジアに感染した場合の症状


クラミジアの症状の基本はおりものが多くなる・臭いがきつくなる・色が変わるなどの症状がありますが、それ以外にも下腹部に痛みや違和感が生じることもありますし、不正出血によっておりものの周期ではないのに出血するケースもあります

また、性交時にクラミジアに感染している人たちは痛みや違和感を覚えることがあるので要注意といえるでしょう。

ただし、このクラミジアにおいて最も厄介といわれているのはこれらの症状が出ることではなく、逆にこれらの症状が一切発生しない場合です。

一説には無症状の割合が8割といわれているので、妊娠してから感染していることに気が付いたという人もいるようです。

このクラミジアになるとこれらの症状以外にも不妊・流産・早産の原因となってしまう可能性があるので、感染したまま妊娠するのはかなり危険といえるでしょう。

また、初期症状があったとしてもすぐにおさまってしまうケースも多いので、違和感を覚えた後に放置する人もかなりいるようです。

クラミジアの治療法は?


最初に言えることは、このクラミジアは自然治癒する病気ではないということです。

アメリカのとある報告では自然治癒したというケースもあったといわれておりますが、基本的に放置で治るものではないと考えてください。

実際に治療をする前に、クラミジアかどうかを病院で検査することになります。

一般的なのが膣内をこすっておりものの採取をして検査を行い陽性反応が出るかどうかを見ることでしょう。

そこで陽性反応が出た場合は、抗菌薬を服用してクラミジアを消滅させます。

基本は投薬治療なのです。

抗菌薬となる薬を使えばクラミジアはかなりの速度で治りますので、病院で薬を処方してもらうのが確実な治療方法となっているのです。

妊娠中でも「クラリスロマイシン」「アジスロマイシン」といった治療薬は服用できるので問題はないようです。

服用期間は短く5日前後が一般的で、早い人は1日でOKとなるケースもあります。

 

クラミジアにつきましては次のページも参考にしてください。

咽頭クラミジアの症状と行く病院や検査・治療法【自然治癒も?】

クラミジアの男性の症状や原因!潜伏期間や検査・治療法は?

クラミジアの治療法は薬が有効か!病院での治療期間や費用は?

クラジミアの検査方法【病院や保健所・キット】と期間や費用

クラミジア感染症の症状【男性・女性】や感染経路と潜伏期間

 

クラミジア感染時のおりものの色は白いか!においや量は?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はクラミジア感染をしてしまった女性のお話をしました。

クラミジア感染は非常に厄介です。

無症状だから問題ないと感じる人もいますが、妊娠してしまった場合は胎児に高確率で悪影響を与えますし、早産や流産の可能性を高めてしまうので放置するのは危険しかありません。

無症状で気が付きにくいという厄介な部分はありますが、おりものに異常が出ていないかをチェックしておかしいなと感じたらすぐに病院に行くようにしましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)