逆流性食道炎で咳が止まらない!治療法は?咳の特徴は?

逆流性食道炎で咳が止まらない!治療法は?咳の特徴は?

逆流性食道炎の咳の特徴や治療法について

逆流性食道炎と聞くと胸やけや胃酸といったものを思い浮かべるでしょう。しかしこの逆流性食道炎はという症状に繋がることもあるのです。この咳は慢性的で止まらない治療を間違いやすいといった特徴を持った咳です。

今回は逆流性食道炎によって出る咳に悩まされている人たちに治療法を詳しくお伝えし、咳の特徴がどのようなものであるのかをお伝え致します。


Sponsored Link


1.逆流性食道炎で咳が止まらない時の対処法は?

gyakuryuseisyokudouen-seki-taisyo

 

逆流性食道炎の特徴は胸やけやすっぱいものがこみ上げてくることですが、慢性的な咳がでることもあります。

 

咳がひどいときの応急的な対応は市販薬に頼ることですが、注意点はこの咳の原因は風邪ではないため風邪薬用の咳止めは効かないという点です。

 

もともとの原因が逆流性食道炎にあるため薬を処方するときは風邪薬ではなく胃酸の分泌を抑制する薬を飲むようにしてください。代表的な市販薬は「ガスター10」「キャベジンコーワα」になるでしょう。どちらも咳の薬ではなくて胃腸の薬となっております。

 

市販薬による応急的な対処方法で症状がよくなったら病院に行って本格的な薬物療法を行ってください。もし症状が重い場合は手術となりますが、基本的には薬物療法となります。

 

2.逆流性食道炎の咳の特徴

gyakuryuseisyokudouen-seki-tokucyo

 

逆流性食道炎が原因の咳にはいくつかの特徴があります。それは慢性的な咳が出ることと、睡眠時に食道内に胃から胃酸が逆流して咳が出るため夜にひどい咳が出やすいことです。

 

まず慢性的な咳ですが、これにはたいてい背中の痛みや止まらない胸焼けといった症状がセットとなることが多いです。咳以外にもそういった症状があるならば逆流性食道炎を疑ってください。

 

次に夜にひどくなるということですが、これは睡眠時に食道内に胃酸が逆流する影響で咳が出ているため体を起こしたり枕を少し高くして寝るようにすると症状が良くなることがあります。

 

 

3.逆流性食道炎と咳喘息の違いは?

gyakuryuseisyokudouen-seki-zensoku

 

逆流性食道炎と喘息は似た症状があるため医師でも誤認することがあります。例えば喘息と診断されて治療を続けていたのになかなか症状が改善されなかったが、逆流性食道炎の治療をするとすぐに良くなったというケースもあるのです。

 

この呼吸器疾患である喘息との関係性については、はっきりとしたことはいまだわかっていないようで、胃酸が逆流するときに気管支内に胃酸が吸収されて気管支を刺激してしまい喘息が悪化するという説もあります。

 

別の説は逆流した胃液が食道内で知覚刺激を刺激することで、気管や気管支の神経に伝達させて気管にけいれん性収縮の症状をおこすというものです。

 

非常に似た症状であり、因果関係もあるという説も多いため喘息の症状が中々収まらない方は逆流性食道炎を疑って内視鏡検査をするのもいいかもしれません。

 

4.逆流性食道炎で咳が出る原因は?

gyakuryuseisyokudouen-seki-genin

 

逆流性食道炎で咳が出る原因は胃液の逆流が食道の上部にある喉頭に触れて炎症を起こしてしまうからです。もともとこの喉頭は正常であれば胃酸に触れる部分ではないため胃酸に対する抵抗力も低いです。そのため胃酸に触れてしまうと喉頭の粘膜は簡単に炎症を引き起こしてしまいます。

 

そのため逆流性食道炎は喉頭の炎症を繰り返すようになるため、慢性的な咳に繋がったり声がかすれたり、場合によっては声帯にポリープができてしまうこともあるのです。

 

この慢性的な咳や声のかすれといった症状は肺や気管支の病気や食道癌や喉頭癌でも見られる症状であるため、まずはこのような重い病気でないことを確認することが先決になります。咳だけでなく胸焼けや呑酸(口の中に広がる酸っぱさが症状)といった症状があるなら逆流性食道炎の可能性が高いですが、それらの症状がなかった場合は他の病気と思ったほうがいいでしょう。


Sponsored Link


 

5.逆流性食道炎の咳で人にうつる?

gyakuryuseisyokudouen-seki-uturu

 

咳が出るとどうしても気になるのが他の人にうつるかどうかでありますが、この逆流性食道炎による咳はウイルスや細菌による風邪からくるものではないためうつりません。この逆流性食道炎の原因はあくまで胃酸が逆流することで気管に影響するというものであるため、うつるものではないのです。

 

ですが、本人はいくら他の人にうつさないものとわかっていたとしてもそれが他の人から見た場合、説明されないかぎりうつらないものとはわからないため、ずっと咳が出ている人の印象は正直いいものではないでしょう。

 

そのため、いち早く治療を行って咳がでなくすることが大切ではないでしょうか。

 

6.逆流性食道炎の咳の治療法

gan-yobou-aspirin

 

逆流性食道炎の治療は基本的に薬物療法で、症状がひどい場合には手術になります。

 

前述したとおり、この時必要な薬は咳止めの薬ではなく胃酸の分泌を抑制する薬となるため咳止めの薬はほとんど効果が期待できないでしょう。症状が軽い場合にはとにかく胃酸を抑える薬を処方してもらうようにしてください。

 

また、基本的に軽度の逆流性食道炎は薬物療法で改善するため手術にまで至ることは多くありませんが、逆流性食道炎が悪化してしまうとバレット食道という食道がんの原因になる可能性があるため症状が重たい場合は手術が必要となります。

 

ちなみにこの逆流性食道炎で病院に行く場合には基本的には内科でそれ以外には胃腸科や呼吸器科がいいでしょう。

 

たしかに逆流性食道炎と呼吸器科は関係ないように思えるでしょうが、逆流性食道炎の場合、気管支の治療が必要となるケースがあるため咳がひどい人は呼吸器科も受けることが大切になるのです。

 

7.逆流性食道炎の咳には漢方薬が効果的?

gyakuryuseisyokudouen-seki-kanpouyaku

 

逆流性食道炎の咳には漢方が効果的となることがあります。

 

例えば半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、これは咳や吐き気を抑えて気分をリラックスさせる働きがあります。具体的にはイライラ・うつ・不眠・不安感・神経性の胃炎・動悸・咳・めまいといった症状に効果ありというものとなっているのです。

 

もともと半夏と厚朴にはノドのつかえ感や吐き気をおさえる効果のほかに咳を抑える効果もあるため逆流性食道炎で咳が出る人にはぴったりのものと言えるでしょう。

 

また、漢方を処方してもらう時の注意点ですが薬局で買うことはおすすめしません必ず漢方を処方してくれる内科医で診断を受けてから漢方をもらうようにしてください。なぜなら漢方は東洋医学となるため患者の体質に合わせた漢方を処方することが基本となるからです。

 

漢方に頼る場合には、薬局にあるものではなく漢方の専門医の診断のもとに自分に合った漢方を処方してもらうことが一番であることを覚えておいてくださいね。

 

その他、逆流性食道炎に関しましては次のページも参考にしてください。

逆流性食道炎の原因はストレス?食べ過ぎ・ピロリ菌・便秘?
逆流性食道炎の症状【喉・咳・痰・背中の痛み・吐き気など】と治療法
逆流性食道炎の食事でおすすめは?トマト・ヨーグルト・酢?
逆流性食道炎の妊婦の対策【食べ物・牛乳・寝方・薬など】
逆流性食道炎症の口臭など症状の原因や治療・食事・寝方など
逆流性食道炎の原因はストレス?良い食べ物はヨーグルト?

 

逆流性食道炎で咳が止まらない!治療法は?咳の特徴は?まとめ

以上、いかがでしたか?

今回は逆流性食道炎からくる咳について詳しくお伝えしてまいりました。

逆流性食道炎からくる咳は慢性的なものとなり、喘息と見分けがつかないこともあるやっかいな咳であることがよくわかりましたね。

注意点は、風邪による咳を抑制するタイプの薬は効かないという点で効くのは胃酸の逆流を抑える薬ということでした。

今回のこの記事が逆流性食道炎からくる咳に悩まされている人にとっての悩みを解決する参考になれば幸いに思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)