十二指腸潰瘍の症状【背中の痛み・吐き気・下痢】死因にも?

十二指腸潰瘍の症状【背中の痛み・吐き気・下痢】死因にも?

背中の痛みや吐き気など十二指腸潰瘍の症状

十二指腸潰瘍下痢背中の痛み、吐き気といった症状が出る病気です。そして症状が悪化した場合は命に関わることもあると言われています。

今回は十二指腸潰瘍の症状について詳しく説明し、実際に命に関わる可能性があるのかもお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


1.十二指腸潰瘍の初期症状をチェック

jyunisicyoukaiyou-syoujyou-check

 

十二指腸潰瘍の初期症状には食欲不振・胸やけ・上腹部の痛み・腹部の不快感・空腹時に痛みというものがあります。そしてある程度症状が進むと体重減少・吐き気・嘔吐・酸っぱいゲップ・背中の痛みなどが出てきて、さらに悪化すると吐血や下血という出血がでてきます。

 

この吐血はコーヒーみたいな黒っぽいものを吐き出して、下血は黒っぽい便をするようになります。吐血といった症状が出ていれば自分が何らかの病になっていると気にかけるのですが、下血の場合、自覚症状が無いケースもあるようなので気を付けたほうがいいでしょう。

 

さらに症状が悪化すると十二指腸に穴が開いてしまう穿孔が発生し、動くこともままならない激痛が襲いかかってきて緊急手術を行うことになります。

 

基本的に初期症状は日常生活において十二指腸潰瘍以外の要因でもしばしば起こる現象となっているので、その段階で気が付くのは困難でしょう。

 

2.十二指腸潰瘍の症状で背中の痛みが出る?

jyunisicyoukaiyou-syoujyou-senakaitami

 

十二指腸潰瘍の症状の一つに背中の痛みがあります。何故背中が痛くなるかというと、十二指腸は胃よりも背中側にあるため、背中に痛みが発生することもあるようです。

 

場所は主に背骨よりも左側にでることが多いようですが、十二指腸は胃から細長い管となって伸びていて潰瘍ができる場所もバラバラなので、痛む場所も異なります。

 

そのため人によって痛みが出る場所も異なることが多いようです。このことからも分かる通り、背中の左側以外にも右側や腰の方にかけて痛むこともあるので背中の痛みだけでは病名の特定は難しいでしょう。

 

しかし、背中に痛みが出る状態とは潰瘍が重症化している証でもあるので、不自然に感じたらすぐに病院にて検査を行ってもらいましょう。

 

3.十二指腸潰瘍の症状で吐き気が起こる?

jyunisicyoukaiyou-syoujyou-hakike

 

十二指腸潰瘍の症状の一つに吐き気があります。この吐き気は胃酸の過剰分泌によって引き起こされ、胃液と一緒に食べた物を吐き出す原因にもなります。

 

また十二指腸潰瘍の患者は大きなストレスを抱えているケースもあります。ストレスが溜まりすぎると自律神経が乱れがちになり吐き気と言った症状が出る人もいるのです。それ以外にもストレスのせいで胃酸の分泌が増えるので吐き気が出やすくなってしまうこともあります。

 

4.十二指腸潰瘍の症状で下痢が起こる?

jyunisicyoukaiyou-syoujyou-geri

 

十二指腸潰瘍の症状の一つに下痢があります。十二指腸潰瘍での下痢は胃酸過多症によって起こる下痢がほとんどです。

 

どういうことかというと胃酸過多症は胃酸の分泌が過剰になり胃の内部が荒れて炎症が発生するので消化能力が低下します。そうなると食べ物を食べても消化不良が発生しやすくなり下痢になってしまうのです。

 

この胃酸過多症が何で起きるかというとピロリ菌が原因となっていて、このピロリ菌は胃の粘膜を傷つけて刺激する作用があり胃酸の分泌過多を引き起こしてしまうので、胃酸過多症になってしまうのです。

 

5.十二指腸潰瘍の症状で身体がだるくなる?

tougousiccyousyou-genin-iden

 

十二指腸潰瘍の症状にだるいといった倦怠感があります。この原因として考えられるのが症状が進行してしまって下血が出始めたのに、それに全く気が付かないで放置していた結果、貧血の症状を引き起こして息切れや倦怠感が生じることがあるでしょう。


Sponsored Link


 

この症状が出ている時は出血が発生しているということなので、かなり症状が進行しています。一刻も早く病院にいき検査を行う必要があるでしょう。ここからさらに悪化すると穴(穿孔)ができてしまい最悪腹膜炎になってしまい死に至ってしまう可能性もあるでしょう。

 

6.十二指腸潰瘍の症状で血便が出る?

jyunisicyoukaiyou-syoujyou-ketuben

 

十二指腸潰瘍の症状の一つに血便があります。これは潰瘍によって粘膜が剥がれるようになり粘膜の奥の血管が露出し始めて傷つきやすくなり、その露出した部分が傷ついて出血していることを表しているのです。また十二指腸と小腸の境目より上側で出血した場合は下血ではなく吐血の症状が出てきます

 

この下血ですが、少量の出血だと見ただけでは全くわかりません。しかし症状が進行して出血の量が増えてくると海苔状のタール便が出るようになります。また、肛門に近い直腸やS状結腸からの出血の場合は鮮血便と呼ばれる赤い便になります。

 

基本的にいつもと違う便の色をしていたら、何らかの病気をまず疑いましょう。そこで便の色を記憶してその色が何を示しているのかを把握してください。

 

下血の原因となる疾患は胃潰瘍・炎症性疾患・大腸がん・大腸ポリープ・痔核などがあります。

 

7.十二指腸潰瘍は死因にもなる?

jyunisicyoukaiyou-siin

 

十二指腸潰瘍の症状が最悪まで悪化した場合は死に至ることもあります。

 

先に記述していますが症状が進行して十二指腸潰瘍に穴が開いて穿孔になった場合はショック死か、腹膜炎による死に至ることがあります

 

穴が開く前に対処しておけば手術すらいらない簡単な方法で治すことができる病気であるため、吐血や下血といった症状が出る前にかならず病院で診てもらいましょう

 

仮に胃や腸の穿孔が発生するとすさまじい激痛が発生して自分で歩くこともできない状態になるでしょう。

 

実際に穴が開いた人の意見として「突然、腹に強い痛みが発生し、痛みはすぐに肩にまで広がって吐き気を催してすぐ吐いてしまった」というものや「痛みがひどすぎて歩けなかった」といったものが多く、歩くことすらままならないと多くの人が証言しています。

 

8.十二指腸潰瘍の治療は?

taijinkyoufusyou-tiryoukikan

 

他の病気と一緒で症状の進行度合いで対応が変わりますが、十二指腸潰瘍に穴が開いて動けないとか出血がひどいといった症状まで悪化しないと基本的に手術にはならないようです。

 

考え方としてはそれほど状態が悪化していないならピロリ菌の除菌と薬物療法及び生活習慣改善と食生活改善が主体となります。ピロリ菌に感染していないならこの除去は不要となりますが、十二指腸潰瘍の患者はたいていの人が感染しているので、この治療も行うことになるでしょう。

 

また、生活習慣改善と食生活改善も再発防止のために治療が済んだ後も継続して行うように促されることもあるので常日頃から禁酒・禁煙を心がけるようにしてください。

十二指腸潰瘍に関しましては次のページも参考にしてください。

十二指腸潰瘍の原因は?ピロリ菌・お酒・ストレス?子供も危険?
十二指腸潰瘍穿孔は緊急手術が必要?腹膜炎の危険がある?
十二指腸潰瘍の手術方法は内視鏡?時間や入院期間・費用は?
十二指腸潰瘍の治療【薬・食事・入院】と期間や費用
十二指腸潰瘍は死因に?症状や原因・治療・食事法について

 

十二指腸潰瘍の症状【背中の痛み・吐き気・下痢】死因にも?まとめ

いかがでしたか?

今回は十二指腸潰瘍の様々な症状についてお伝えしてまいりました。

十二指腸潰瘍は薬を用いて食生活改善や生活習慣改善を行えば簡単に治る病気であるため、穴が開くといった症状が出る前に必ず病院に行って診てもらいましょう。

もし穴があくまで放置していたら最悪死に至ることもあるので、薬で簡単に治る病気とは思わずに逆に最悪死に至る病気と考えて行動するようにしてください。

今回のこの記事が十二指腸潰瘍における参考として皆様のお役に立てるものになれば幸いに思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)