そばかすを消す方法【小・中学生・クリーム・化粧品・食べ物】

そばかすを消す方法【小・中学生・クリーム・化粧品・食べ物】

病院の皮膚科の薬・レーザー治療などそばかすを消す方法は?

そばかす小学生中学生のころから多く発生することが多く、どうにかして消す方法はないのかと模索している人も非常にたくさんいます。

クリーム使ったり化粧品食べ物を厳選することで防ぐことは果たしてできるのでしょうか。

そこで、今回はみんなが大っ嫌いなそばかす消す方法について記載していきます。


Sponsored Link


そばかすの原因


そばかすができるかどうかを大きく分ける原因は遺伝のようです。

親類縁者でそばかすができる体質の人がいるのなら、あることをきっかけに増えてしまう可能性があります。

しかし、このそばかすにも思春期特有のそばかすと思春期とは関係なくできるそばかすがあるので、時間が経過して消えるものと消えないものがあるといえるでしょう。

その時間経過で消えないそばかすは日焼けや紫外線が関係しており、メラニン色素が蓄積されて肌にとどまり続けることでそばかすになってしまうといわれております。

それ以外には肌に合わない化粧品などを使うとか、洗顔方法やスキンケアを間違っている、異常なまでのストレスがかかっているといったことが予想されますし、栄養不足や睡眠不足が重なることで肌の再生効率が低下して肌トラブルが増えるということも予想されております。

小・中学生や高校生がそばかすを消すための方法は?


思春期にできるそばかすというのは一過性のものなので、放置していても治るのですが、だからと言って放置し続けてもいいと思う人は少ないでしょう。

今すぐにでもどうにかしたいと考える人が多いかと思います。

子供のそばかすは化粧水などで対策をしてもほとんど消えるということがないようです。

そのため、消すのではなくできるだけ目立たなくさせるようにしましょう。

例えば、紫外線対策を行ったりビタミンCなどの再生効果が高いものを食べるようにしたり、スキンケアをしっかりするといった対処法です。

完全に消すことが困難でもしっかりと薄める努力はしてください。

そばかすを消すためのクリームとは?


そばかすは遺伝的な要因や皮膚のもともとの色が関係しており、色白の人ほど出る可能性が高くなっております。

遺伝的に出やすいという体質を受け継いでしまった方が栄養不足や睡眠不足、過度なスキンケアや紫外線などで酸化して黒ずんだ肌になってしまうとそばかすが誕生します。

つまり、そばかす対策にはメラニン抑制作用や酸化させないように排出するような作用が求められるということです。

実際にそれらの作用が高いといわれているのがハイドロキノン配合のクリームや成長ホルモンに作用して細胞の修復に合わせてメラニン色素に対処できるクリームとなります。

これらの成分入りの商品を売りにしているものは多数ありますが、相性がありますので自分にあったものを探す必要があるようです。

そばかすを消すための化粧水など化粧品は?


そばかすやシミは多くの方々を苦しめているので「シミやそばかすに効果があります!」とか「そばかすに悩まされている人の味方になる!」といった広告を引っさげて売られている化粧品は非常にたくさんあり、どれが効果的なのか何とも言えない状況です。


Sponsored Link


また、効果がなかった場合でも「相性が悪かった」と言われてしまう可能性が高いので、初回が安いものを色々試して、自分に合ったか商品を見つけられるのかどうかが重要になります。

例えば、敏感肌用のホワイトニングケアシリーズのサエル(dicencia)やビーグレンの化粧品といったものは非常に有名でしょうし、アンプルールの化粧品にはお世話になっている人も多いでしょう。

KOSEの米肌澄肌美白やフジフィルムのアスタリフトホワイトローション知名度は高めです。

このように知名度が高いものは非常にたくさんありますので、自分に合うものをひたすら探す必要があります。

そばかすを消すには病院の皮膚科に行くのがおすすめ?


先ほどいろいろと紹介した化粧品ですが、どれを使っても効果がないという人やあまりにも状況がひどいという方は病院に行くのがベストとなります。

その病院は皮膚科になるのですが、皮膚科に行って処方された薬が効果がなかったという声も実際にはよく聞きます。

それでも、皮膚科ならではの治療方法が色々ありますので、何をやっても効果が薄いという方は皮膚科に行って診てもらうことをお勧めします。

塗り薬や飲み薬などいろいろと渡されることになるでしょうが、市販されている薬よりも濃度が濃いものが多く差は大きいので、できる限り早く治したいという方は自分の状態を確認するためにも診てもらってみましょう。

そばかすを消す治療法は薬?レーザー?


処方される薬はビタミンC・E・トラネキサム酸といった飲み薬やトレチノイン・ビタミンA・ハイドロキノンといった塗り薬となります。

塗り薬の中でも頻繁に話題になる成分はハイドロキノンでこれを塗ったことでそばかすやシミが減ったという記載がブログなどにも多くなされており、効果的であったという意見が多数あるのです。

それ以外がレーザーを使った治療になりますが、この治療法も非常に多く、ロングパレスアレキサンドライトレ-ザ-といったものやCO2レ-ザ-、Erヤグレ-ザ-、Qスイッチルビ-レ-ザ-などがありますが、これでもまだ一部なのです。

ちなみに、これ以外の照射方法の光照射にはフォトフェイシャル・アイコン・ライムライトなどまだまだ種類がありますので、病院によってやり方が違う可能性が高いといえるでしょう。

そばかすを消すために有効な食べ物は?


シミやそばかすが増えてしまう大きな原因は活性酸素の大量発生なので、これらの活性酸素を抑えるような働きがある成分を摂取することができれば対策になるといえるでしょう。

具体的に補給してほしい栄養成分はメラニン色素の沈着を防ぐ効果があるビタミンCや、強い抗酸化作用があるビタミンEとなります。

ビタミンCとなるとキュウイ・みかん・ブロッコリー・ゴーヤ・イチゴなどの野菜や果物となっており、ビタミンEとなるとうなぎやサーモンやツナなどのといった魚介類やカボチャやモロヘイヤやピーマンなどの野菜や一部の果物によく含まれております。

要するに、シミやそばかすが気になる人は野菜や果物や魚介類がお勧めということになるのです。

そばかすを消す方法【小・中学生・クリーム・化粧品・食べ物】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はそばかすを消す方法について記載してまいりました。

そばかすやシミを消す化粧品は非常に多く売られておりますが、肌の相性によって効果があるかないかが変わるという記載も必ず付いて回るので、100%の改善効果をもたらしてくれるものは存在しないと考えたほうがいいでしょう。

そのため、自分に合う化粧品など方法を見つけ出して入手することが、そばかすを消すためには必要になります。

ただし、食生活が乱れている人や睡眠不足気味の人は肌の再生能力が不足してそばかすが多くなる可能性もありますので、化粧品のみに頼らず、自分の行動を顧みることも重要です。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)