睡眠障害の治療方法や期間・費用【病院に入院も?】

睡眠障害の治療方法や期間・費用【病院に入院も?】

睡眠障害の治療薬など治療法と完治や再発について

睡眠障害は多くの方々が悩まされているものであり、治療方法も独自で編み出している人もいるでしょう。

しかし、重症化した場合に症状が続く期間病院に行った場合の費用も気になりますし、入院するのかどうかも知っておきたいところかと思います。

そこで、今回は睡眠障害治療方法及び費用などの情報をまとめます。


Sponsored Link


睡眠障害の考えられる原因は?


睡眠障害の原因は人によって様々ではありますが、その中でも最も対処が難しく悩まされることになるのが心理的要因でしょう。

何らかのストレスが発生していることから眠れなくなってしまい、うつ病になってしまう人も非常に多くいます。

それ以外には、花粉症リウマチなどの症状によるものもありますが、こちらは原因がはっきりしておりますので取り除くことさえできればぐっすりと眠ることができるようになります。

場合によっては、アルコールやカフェインの摂取、何らかの薬による不眠も考えられるでしょうし、夜勤と日勤を交互に繰り返すような生活をすることで体がついてこなくなって眠れなくなってしまうこともあるでしょう。

精神的な部分で眠れない人はなかなか解決することができず、次第に追い詰められていってしまうので、最もやっかいな部類と考えられます。

睡眠障害では病院の何科を受診?


睡眠障害になった場合、何科にいったらいいのか悩むこともあるでしょう。

それは睡眠障害になってしまう原因が非常に多岐にわたっていることから発生する悩みです。

まず、強すぎるストレスやアルコール依存などの症状がある場合は心療内科や精神科に行くのが良いでしょうし、リウマチや腰痛などの痛みで眠れないという場合は痛む部位にあわせた外科に行くのが良いでしょう。

ナルコレプシーのような睡眠にまつわる病気の場合は睡眠専門外来を受診する必要がありますが、これは多くないのが実状なのでかかりつけの医師に相談した方がいいでしょう。

日本は睡眠医学の分野がかなり進んでいるといわれておりますが、睡眠医療認定医は都市部に非常に集中しており、地域によってはほとんどいないので、まずは認定医がどこにいるのかを調べるといいでしょう。

この日本睡眠学会(http://jssr.jp/data/list.html)にどの場所に住んでいるのかがわかる資料がありますので、そちらから確認して訪れるのも良いかと思います。

睡眠障害の治療方法は?


睡眠障害の治療を行うにはどのような原因があるのかをまずは調べます

そこからどのようなアプローチを挑むのかを考えていくのです。

睡眠障害の場合の治療方法は薬物を使うのか、使わないのかで大きく分けられますが、その人の状態次第で治療の仕方も変わってきますので、なんとも言えない部分でもあります。

薬を使わない場合は、生活習慣をできる限り改善して治療をしていくことになるでしょう。

アルコールやニコチンの摂取は控えるように言われ、パソコンやスマートフォンによるブルーライトの影響を減らすために寝る前の使用にも制限がかけられます。

眠る前の行動以外にも、寝るときの部屋の明るさや体内時計のリセット方法についても指導が入るかと思います。

薬物を使う場合は睡眠薬などを処方するのが一般的ではありますが、精神的な影響が圧倒的に強い場合は抗うつ薬を処方することもあるでしょう。

睡眠障害の治療薬は?


睡眠障害における治療で用いられる薬は非常に多く存在するのですべてを紹介することはできません。

依存症がある危険な薬だというイメージがありますが、現代医療における睡眠薬は副作用や依存性も抑えられるものが増えたので、安全性が高まっているようです。

具体的にはメラトニン受容体に作用して反応するメラトニン受容体作動薬、GABAを促進することで脳の興奮を抑えて催眠効果を得ることができるベンゾジアゼピン受容体作動薬、そして副作用が少なく様々な組み合わせができる漢方薬が考えられます。


Sponsored Link


これらの薬は副作用が少ないといわれていますが、0ゼロになったわけではありませんので、副作用が怖いという方は日常生活の改善を積極的に行って、睡眠環境を整えるようにしましょう。

睡眠障害の治療で入院する場合もある?


睡眠障害は当たり前のものになっている世の中なので、軽く考えている人も多いですが、あまりにも状態がひどい人は日常生活も普通に送れないレベルにまで追い込まれますので、かなり追い込まれている人は入院することもあるでしょう。

ただ、基本は検査入院なので長期間の入院とはならないようです。

睡眠障害はどのような原因かがなかなかわからないので、早期回復が必須であると判断された場合は検査入院を行って原因特定を行うという考え方です。

ただし、不眠症などの睡眠障害についての専門知識を有して入院及び検査を本格的に行ってくれる睡眠専門外来は先述したようにそこまで多くありませんので、入院するケースは少ないと考えた方が良いでしょう。

睡眠障害の治療期間は?


睡眠障害は骨折などの外傷やウイルスや細菌などの病気とは違い、治療期間をはっきりと定めることができません

気の持ちようの部分もありますので、早い人なら1ヶ月で治ることもあれば、うつ病の治療に合わせて年単位で治療を続ける時もあるでしょう。

そのため、明確に「○ヶ月です」と説明することができないのです。

うつ病などのメンタル的な部分が作用する病気はどうしても期間について説明することができませんので、早い人は早い、遅い人は遅いと考えるしかありません。

睡眠障害治療費は?


睡眠障害の治療費は治療期間がわからないので最終的にいくらになるのかも人によって大きく異なります

特に、睡眠障害も煩いつつほかの病気を患って入院生活をおくる必要になった人と、睡眠障害になったが、特に治療薬も使わないで1ヶ月程度で治った人では費用にも天と地ほどの差ができます。

入院がない場合は初診で3000~5000円程度で、再診で3000円程度になりますので、仮に半年ほど病院に通っていたという人の場合、一ヶ月に1回病院に行ったと考えて約2万円ほどかかるといえるでしょう。

ただし、睡眠障害によって仕事の効率が落ちて昇進の機会を逃すとか、体が持たないので残業ができなくなってしまうという状態に追い込まれている人は、費用的損失が別な部分にも出てきますので、単純に治療費のみで考えるのはあまり意味がないかもしれません。

睡眠障害の完治や再発は?


睡眠障害や不眠症は再発する可能性が非常に高いです。

なぜなら不安や心配事などのストレス原因が会社にあった場合、転職でもしない限りそのストレスから解放されることはなく、半永久的に苦しめられてしまうので、再発する危険性は常に存在し続ける状態になってしまうからです。

特に、交替勤務制となっている人は睡眠リズムもバラバラなのでなかなか眠ることができない状態が続いてしまいます。

会社の人間関係・仕事の内容・責任・勤務状態等が原因となっている睡眠障害は会社を辞めるしか解決策がないという状況に追い詰められる人も多く、会社を辞めた場合の未来も心配で仕方がないという「どちらにしても絶望」と考えてしまうことでさらに追い詰められるのです。

これらの原因を完全に取り除くことができないと完治したとは言えないでしょう。

睡眠障害は心が癒やされることで治りやすくなりますので、環境が大きく変わるか信頼できるパートナーができるといった状況の変化をもたらしていくことが大切なように思います。

薬を使いながら会社に行っている状態は治っているとは言い難いかと思います。

睡眠障害の治療方法や期間・費用【病院に入院も?】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は睡眠障害についてお伝えいたしました。

睡眠障害は完治させることが結構難しく、現代の多くの方々が苦しめられている症状の一つです。

うつ病などの精神的な病気と一緒に発生することが多いので、特効薬は存在しないと言えるでしょう。

これは本人がどこまで本気で治そうとしているのか、気の持ちようでも大きく変わってきますので、医師と本気になって取り組むようにしてください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)