水疱瘡の症状・感染期間・治療法は?跡はいつ消える?

水疱瘡の症状・感染期間・治療法は?跡はいつ消える?

水疱瘡の症状や感染期間・治療法について

水疱瘡治療における対応を間違えてしまうとが残りやすくなってしまい、跡が残ってしまった場合はいつ消えるのか気になってしょうがないでしょう。

そのためにも感染期間を把握して感染しないようにすることが大切です。

そこで今回は、水疱瘡症状感染期間治療法について、また跡はいつ消えるのかをお教えします。


Sponsored Link


水疱瘡の症状

fuusin-nani
水疱瘡の症状は、まず初めに発疹が出始めます

この発疹が最初に出る箇所は頭皮になることが多く、そのあとに体に出始めて手足に出てくるパターンが多いです。

そして全身に発疹が出てしまいかゆみが生じて、赤い発疹が水ぶくれへと変化していきます。

この水ぶくれの時期がウイルスが一番活発な時期となっていますが、ある程度経過するとかさぶたになっていきます。

だいたい発疹からかさぶたまで5~7日程度かかるでしょう。

また、発疹が発生してから1~2日前に発熱やだるさといった症状が出ることもあります。

注意点は水疱瘡による発熱は市販薬で解熱するとライ症候群などの合併症を引き起こす可能性があるので、市販の解熱薬は使わないでください。

水疱瘡の感染期間や経路は?

mizubousou-kansen
水疱瘡の感染力が強い期間はだいたい7~10日なのですが、それは発疹がでる前日から水疱がかさぶたになるまでの期間なので、知らない間に感染が拡大している危険性があります。

また、感染経路は「接触感染」「飛沫感染」「空気感染」とすべての感染経路が該当するので、集団生活をしている中でたった一人でも感染している人がいるならそこから一気に感染拡大してしまう危険性があります。

空気感染してしまう病気は総じて感染を防ぐのが困難なので、予防接種によるワクチン接種が大切になります。

水疱瘡の治療法は?何科を受診?

gyakuryuseisyokudouen-byouin
水疱瘡になってしまった場合は、大人なら皮膚科に行くことが正解なのですが、子供の場合は小児科でも問題ありません

子供の場合どちらがおすすめかというと、最初にかかるなら小児科がいいでしょう。

基本的に小児科は生まれたての新生児から子供に対してすべての病気を把握している医師なので、小児科の先生は赤ちゃんの湿疹治療の知識を非常に豊富に持っています

そして湿疹と発疹の違いにも気が付く可能性が高いので、水疱瘡と見抜いて対応してくれる可能性が高いのです。

また、親の方々は信頼できて通うことができる小児科を必ず見つけておき、何かあったらそこに行ける状態にしておくのがいいでしょう。

水疱瘡でお風呂に入っても良い?

mizubousou-taisaku
水疱瘡になってしまった場合、お風呂に入るのは基本的に禁止となります。

なぜかというとお風呂に入ってしまうと水ぶくれや発疹が刺激されてしまい、かゆみが悪化してしまう危険性があるのです。

どうしても入りたい場合は、お風呂に入るのではなくぬるいシャワー程度にとどめておいてください。

しかし、発熱も伴う場合はシャワーすら避けた方がいいでしょう。

この場合は蒸しタオル等で水ぶくれを刺激しないように汗を拭くようにしてください。

こすると水疱が悪化してしまうので気を付けて拭いてあげましょう。

また、通院している場合は医師からもお風呂に関してストップが出ていることもあるので、その指示をちゃんと聞いて実行するようにしてください。

水疱瘡での保育園の出席停止期間は?

mizubousou-hoikuen
水疱瘡は強い感染症であるため、保育園や学校は出席停止となります。


Sponsored Link


この期間は明確には決まっていないので、医師に相談して問題なしと診断してもらってから出席するようにしましょう。

勝手に治ったと判断して出席させるのは良くありませんので、必ず医師の診断をしてもらって出席許可をとってください。

基本的に発熱や発疹から1週間程度でかさぶたまで進行する病気なので、目安は1週間とするのがいいでしょう。

かさぶたに軽く触るとぽろぽろと落ちてくるところまで進行すれば、ほぼ治りかけの状態になっているので医師から出席の許可をもらいに行ってください。

水疱瘡の跡はいつ消える?消す方法は?

fusin-syoujyou-taisyo
水疱瘡の跡は基本的に残りません

もし残ってしまうとすれば、かゆみに負けてかきむしってしまった場合でしょう。

病院では痒み防止のための塗り薬も処方してもらえるので、それを有効に使ってかゆみを抑えるようにしてください。

しかし、水疱瘡の水疱があまりにも大きい場合は、大きくて陥没が発生して跡が残ってしまう可能性があります。

この跡を残さないようにするにはやはり治療を早いうちから行って、かゆくてもかきむしらないことになります。

そして跡が残ってしまった場合は、形成外科や美容皮膚科の切除縫縮手術やケミカルピーリングを受けて人工的に跡を目立たなくさせる方法になるかと思います。

妊娠中の水疱瘡は危険?

kasyokuouto-ninsin
妊娠中に水疱瘡にかかる危険は2種類考えられます。

一つは大人になってから感染するため症状が重くなりやすいこと、そしてもう一つは産まれてくる子供に重い障害が発生してしまう危険性があることです。

妊娠初期に水疱瘡になってしまうと、低確率ですが胎児に悪影響を及ぼし後遺症が発生する危険性があります。

逆に出産直前に感染してしまうと、生まれてすぐの赤ちゃんに感染してしまって重症化するケースがあるのでこちらも要注意です。

水疱瘡の予防接種のワクチンの効果は?

mizubousou-vaccine
水疱瘡の予防接種はインフルエンザの予防接種と違い高確率で感染を防げるものではありませんが、間違いなく意味のあるものとなっています。

基本的に予防接種のワクチンの効果は体内に水疱瘡ウイルスに対しての抗体をつくることなので、例え感染してしまったとしても無意味ではなく症状が軽くなりやすいのです。

注意点としては予防接種を受けた状態で感染した場合、症状が非常に軽くなるケースもあるのですが感染している状態には変わらないので学校への出席は禁止となります。

自分の症状が軽かったとしてもしっかりと水疱瘡ウイルスを持っている状態になっているので、他の人にうつったらその人の症状が重くなることがもちろんあるのです。

そのため、ちゃんと病院に通って医師から出席許可をもらえるまでは家で待機するようにしてください。

 

水疱瘡につきましては次のページも参考にしてください。

水疱瘡の感染時期は子供や乳児が多い?大人や妊婦は危険?

水疱瘡で熱が下がらない時は解熱剤?お風呂やシャワーはOK?

水疱瘡は予防接種をしてもかかる?効果や発熱など副作用は?

水疱瘡の症状【赤ちゃん・子供・大人】予防接種済なら軽い?

 

水疱瘡の症状や感染期間・治療法についてまとめ

以上、いかがだったでしょうか?

今回は、水疱瘡の症状・感染期間・治療法について、また跡はいつ消えるのかをお教えしました。

水疱瘡の跡が残ってしまうのは治療が遅れてしまったり、かきむしって水ぶくれを潰してしまった場合なので、早めに抗ウイルス薬やかゆみ止めを処方してもらえば跡が残ることはありません。

また、予防接種を受けたとしても感染する可能性はあるので、感染した場合は医師の許可が出るまでは学校や保育園を休むようにしてください。

予防接種を受けてから感染した場合は抗体がある程度出来上がっているので、走り回れるほど元気な場合もあります。

そのため、たまに親が気が付かないで見逃される危険性もありますが、予防接種をしたとしても感染する可能性があることをしっかりと親は把握して感染が拡大しないようにしてくださいね。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)