動脈硬化は改善するか?食事・運動・サプリ・アーモンド?

動脈硬化は改善するか?食事・運動・サプリ・アーモンド?



食事・運動など動脈硬化の改善について

動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす非常に危険な状態です。

そのため改善するものなのかどうかを多くの人が気にしています。

本記事では動脈硬化の改善方法をより具体的に、食事をどうしたらいいのか、どのような運動がいいのかを記載していきたいと思います。


Sponsored Link


動脈硬化とは

doumyakukouka-towa

動脈硬化という言葉はよく耳にされているかと思います。

動脈硬化について深く掘り下げていきたいと思っておりますが、最初に動脈硬化とは何であるかを説明させていただきます。

まず動脈とは血液を心臓から体の各部位に送るための血管のことです。

基本的に勢いよく流れていく血液に耐えるため血管壁が厚く弾力性のあるものとなっております。

血液以外にも酸素や栄養を送る非常に重要な血管となっております。

動脈硬化とはこの動脈が硬くなったり、動脈内にコレステロール等が付着することで血管が狭くなった状態です。

動脈が硬く、狭くなることによって弾力性やしなやかさがなくなってしまい、血液を送る機能が低下します。

栄養や酸素を十分に体の各部位に送れなくなるため臓器などが機能低下や機能不全に陥ったりしてしまいます

動脈硬化は改善するか?

doumyakukouka-kaizensuruka

動脈硬化と診断された方や、もしかして動脈硬化があるかもと心配されている方にとって一番気になるのは改善するかどうかですよね?

これは結果から記載しますと、改善が可能であることが解っております

現代医療の研究結果でコレステロールを低下させることによって頚動脈の状態が改善したというものがあり、善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らすことが大切であると言われております。

具体的にその方法は、適切な運動・バランスの良い食事になります。

有酸素運動を習慣づけることによって善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らすことができます。

そして食事内容と食事の方法を改善することも非常に重要です。

具体的な食事内容と方法は後述いたしますが血液中の脂質を減らすことが第一になります。

動脈硬化を改善するための食事

doumyakukouka-kaizen-syokuji

では動脈硬化を改善、または予防するための食事方法と食事内容を考察していきます。

具体的な食事方法は下記のとおりです。

①必ずよく噛んでゆっくり食事する

②食べ過ぎは厳禁、腹8分目を意識して食事する

③必ず3食をきちんととる

食事の内容としては下記となります。

①アルコールはとらない、やめるのが難しいのなら自制して1日ビール1本や日本酒1合に抑える

②コレステロールや動物性脂肪の多いものは避ける。肉・バター・卵黄等は可能な限り控える

③タンパク質は大豆製品で適量を摂取するようにし、植物性からの摂取を心がける

④血中コレステロールを低下させるために海藻・きのこ・野菜類を多めに摂る

⑤嗜好飲料や白砂糖は摂らない、または摂る量を可能な限り減らすこと。コーヒー・紅茶・ジュース・お菓子等が注意対象

⑥食物繊維をたくさん摂る。こんにゃくや柑橘類等

⑦脱水状態になると血液が固まりやすくなるため水分は必ず摂る

制約が多く感じられますが、上記のことを守ることで生活習慣病の方は必ず体調に良い変化があらわれると思います

食事が楽しみな人にはつらいことかもしれませんが、やはり健康が第一です。

すべての実践が難しい方は緊急性の低い方であればいくつか抜粋して実行してみるのもいいと思います。

運動について

doumyakukouka-kaizen-undou

動脈硬化の予防と改善に食事と運動と紹介してきました。

ここではどのような運動がいいかを紹介します。

一番おすすめなのが手軽にできて太ももを使うジョギング・ウォーキングになります。

距離はだいたい2~3kmが目標で可能なら毎日、難しいなら1日おきに行いましょう。

その他にも水泳や水中歩行、サイクリング、ベンチステップなどが上げられます。

基本的に最初は体への負担が楽な強さから初めて、少しきつい程度の運動まで強さを上げることが目標となります。

血圧が上がりすぎないレベルの運動をすることが大切です。

サプリメントについて

doumyakukouka-kaizen-supple

動脈硬化への対策としてサプリメントによる必要成分の摂取があります。

実際に動脈硬化に効くサプリで調べていただけるとすぐに様々なサプリが出てきます。

それほどまでに動脈硬化は日本の大衆的な病気となっており、改善したいと思われる人の多い病気でもあるのです。

実際に薬の紹介としてよく上がっているのがドロドロ血を改善してサラサラ血にするという言葉です。


Sponsored Link


ですが、動脈硬化を気にしている人にとって大切なことはコレステロールを抑制してくれるかどうかになります。

そこでサプリによって動脈硬化をどうにかしたいと思っている方は善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす効果があるのかを事前に調べてから購入するようにしましょう。

アーモンドは動脈硬化を改善する?

doumyakukouka-kaizen-almond

動脈硬化の予防や改善において大切なことは生活習慣の改善と記載しましたが、その理由は善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすことに帰結します。

この目的に効果が高いと言われているのは、昨今健康食品として何かと引っ張りだこのアーモンドなのです。

このアーモンドは人体のコレステロール事情を好転させてくれるものとなっております。

実際のとある研究グループの実験において朝食前に一日10gのアーモンドを食べるグループと食べないグループに分けてコレステロール値がどうなるかを調べました。

実験の結果6週間後に善玉コレステロールがアーモンドを食べているグループのほうが12%〜16%ほど高いという数値が出ました

その他にも悪玉コレステロール削減の効果も見られたとのことです。

飲み物について

動脈硬化に効果的な飲み物とは血液をサラサラにしてくれる作用がある飲み物ということになります。

具体的にはリコピンが多く含まれているトマトジュースや野菜ジュースが該当するでしょう。

それ以外にも血液をサラサラにしてくれる作用がある成分が含まれている飲み物は青汁・豆乳・烏龍茶・オニオンスープ・緑茶・ゴーヤ茶などです。

コレステロールを除外する作用や塩分を除去する作用がある飲み物が多く推奨されているようです。

健康や入手しやすさを考えた場合、トマトジュース・野菜ジュース・青汁・豆乳あたりを毎日飲むようにすれば安心でしょう。

どれも簡単に入手できる飲み物ですので、飲みやすいものをこの中から探して毎日飲むようにしましょう。

その他、生活習慣など気をつける点

doumyakukouka-kaizen-sonota

生活習慣病から動脈硬化を引き起こすことが非常に多いです。

そのために大切なのは生活習慣の改善になるのは言うまでもありません。

前述している通りの食生活改善や運動を行うことがそのために最も効果的ではありますが、他にも気を付ける点はございます。

それはストレスをできる限りためないようにすること、充分な睡眠をとること、煙草は吸わないこと、便秘にならないようにすること等があげられます。

それでも「そう簡単に生活を変えるのは難しい」「ストレスはためるなといわれても無理」「忙しくて睡眠をとる時間がもったいない」という方もいるでしょう。

そのような人でも通常の生活において少しでも意識づけて行動することで予防に繋がる動きをすることは可能なはずです。

それは通勤・通学で前の駅で降りて歩くことや買い物に向かう時、休日ならそこまで歩いていくなどの簡単なことからで構いません。

少しでも意識づけて行動することが大切なのです。

動脈硬化の指数および基準値

doumyakukouka-kijyunti

 

生活習慣病と非常に関係の深い動脈硬化は脳や心臓に疾患をもたらす危険性のあるものです。

実際に現代日本の死因に心臓病と脳卒中が非常に多くこの2つの原因は動脈硬化によるものとなっております。

そのような症状であるため、国でも指針として動脈硬化指数というものを用意しており、正常であるかどうかを数値化し、簡単にわかるようになっております。

その数式も簡単なもので、総コレステロールから善玉コレステロールを引いたものに悪玉コレステロールを割った数値となります。つまり下記の式です。

動脈硬化指数=(総コレステロール-善玉コレステロール)÷悪玉コレステロール

この値が3.0未満なら良好、3.0以上5.0未満は要注意、5.0以上は危険という扱いになります。

 

動脈硬化の改善につきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。

健康腸寿ナビ 動脈硬化の改善・予防 3つのキホン「食事」「運動」「ストレス対策」のキーポイントを血管の名医が解説

 

最後に

以上、いかがだったでしょうか?

「動脈硬化は改善するか?食事・運動・サプリ・アーモンド?」と題して動脈硬化の原因や改善方法を紹介してまいりました。

動脈硬化は怖いものであるということは皆さん存じていることだと思います。

そしてそれに対する予防は生活習慣を改善することであると知っている人も多いと思います。

それでも「自分はならないだろう」「なってから改善すればよい」と心のどこかで思っており、実行に移せる人はそう多くないと感じております。

今回の記事でそのように思っている方々や動脈硬化で苦しんでいる方々の生活習慣の改善のきっかけになりましたら幸いに思っております。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)