皮膚病の乾癬の原因は?市販・漢方薬など治療法は?うつる?

皮膚病の乾癬の原因は?市販・漢方薬など治療法は?うつる?

漢方薬など皮膚病の乾癬の治療法について

皮膚病の一種である乾癬はいろいろと謎に包まれた病で、原因はいったい何なのか、治療方法市販薬漢方薬でよいのかといった疑問を持っている方がたくさんいます。

そこで、今回は皮膚病乾癬原因は何なのか、市販漢方薬など治療法はあるのか、うつるものなのかどうかをお伝えします。


Sponsored Link


皮膚病である乾癬の症状は?

kansen-syoujyou
乾癬(かんせん)はアトピー性皮膚炎といった皮膚病と比べて知名度が低いものとなっています。

その理由は発症する人がアトピー性皮膚炎などに比べると少ないことが原因でしょう。

この乾癬とは別名炎症性角化症と呼ばれています。

そしてこの乾癬は頭皮・耳・顔・爪・首・背中・腕・足といった部分や全身に発疹が出るようになり、発症した部位で皮膚が赤く盛り上がって行くようになり、そこから時間経過とともに拡大していきます。

その後は白銀色の角質化が発生して剥がれ落ちていくでしょう。

その後、この状態を繰り返すようになります。

この症状は一度きりではなく、これを何度も繰り返すようになり慢性化していくことになるでしょう。

発症した場所によってはかゆみ・熱っぽさ・腫れぼったさを感じるようになる人もいるようです。

また頭皮にできた場合は髪が伸びるといった現象も痒みに繋がってしまうこともあり、人によっては脱毛に繋がってしまい、局所的にハゲが発生してしまうようになります。

また、発症した人によっては関節炎を併発して手足の指・脊椎・仙腸関節など様々な部位の関節に痛みが生じるようになってしまうでしょう。

 

蕁麻疹につきましては次のページを参考にしてください。

蕁麻疹が顔に出る原因について 危険?対処法は?

減汗性コリン性蕁麻疹の治療はお風呂がいい?

コリン性蕁麻疹とは?温熱蕁麻疹とは?その違い

蕁麻疹が子供に出た時の対処法は?病院は小児科か皮膚科か?

蕁麻疹が治らない!子供や赤ちゃんの原因や薬など対策は?

蕁麻疹でかゆい!みみずばれなど症状や原因・対処法は?

蕁麻疹は肝臓がんが原因?腎臓など内臓や酒のせい?

蕁麻疹の症状や原因や対処法は?病院での治療法や予防法は?

 

皮膚病である乾癬はうつる?

kiritusei-teiketuatu-tiryou
この乾癬は異常なまでの速度で角質化が発生するのが原因であるため、ウイルスや細菌が原因ではありません。

そのため、他の方々にうつすことはないのです。

特に注意が必要なのが、爪にできる爪乾癬で、これは爪水虫に症状が非常に似ているため爪乾癬と気が付かないうちは人にうつしてしまうかもしれないと思ってしまって活動範囲が狭まってしまうでしょう。

しかし、見た目からは水虫に見えてしまうのでプールや温泉といった公共の場では非難を浴びてしまうことも考えられます。

その点には注意してください。

皮膚病である乾癬の原因は?

fusin-syoujyou-taisyo
皮膚病である乾癬の原因ははっきりとした医学的根拠に基づいたものが立証されておらず、いまだに原因不明となっています。

データ的には日本人より欧米人のほうが発症確率が高いこと、そして戦前より戦後の日本のほうが発症確率が高いことから、食生活や私生活が何らかの原因となっていると言われていますが、どれも医学的に立証されているものではありません。

今のところ、有力となっている説が肥満・高血圧・高脂血症になるような食生活をしている方は一般の方と比べて発症確率が高くなっているので肉類や高脂肪などカロリーの高い欧米系の食生活は発症原因となっているというものです。

他にも冬に悪化する傾向があること、そしてストレスが過多だと悪化すると言われていること、睡眠時間が不規則であったり寝不足が続いていると発症しやすくなるとも言われています。

乾癬を治すには薬が効果的?

kansen-syoujyou-kusuri
尋常性乾癬の治療法は外用療法や内服療法、光線療法などがあります。

この外用療法や内服療法において薬を用いることになるので、薬は効果的と言えるでしょう。


Sponsored Link


外用療法で使う薬は要するに塗り薬が該当するのでステロイド外用薬を用いて炎症を抑えて、ビタミンD3外用薬を用いて表皮細胞の増殖を抑えるのが目的となります。

飲み薬の場合は皮膚細胞の異常増殖を抑えるレチノイドや、免疫反応を抑える免疫抑制薬を用いることになりますが、他の外用療法や光線療法の効果を上げるための薬を処方してもらうこともあるでしょう。

乾癬を治すには漢方薬が効果的?

gyakuryuseisyokudouen-seki-kanpouyaku
原因不明で現代治療においても完治することが少ない尋常性乾癬は漢方治療が効果的と説明している方々もいます。

実際に漢方を用いる医師はステロイドを長い期間使っても全く治らなかったのに、煎じ薬を毎日飲み続けて日常生活の見直しを行い食生活も欧米式のものから純日本風のものに変更することで完治したと説明されている方もいます。

他にも漢方を推奨している方はいましたが、その方々は必ず食生活や睡眠などのライフスタイルを見直しも必要だと口々に述べているので、乾癬にはライフスタイルの見直しは必須なのでしょう。

今現在乾癬に悩まされている方は、一度漢方を取り扱う専門医に相談してみるといいかもしれません。

乾癬に効果的な市販薬は?

tahatusei-enkeidatumousyou-saihatu
市販薬で進められている多くの商品がステロイド薬となっていました。

これは乾癬によるかゆみや熱っぽさを抑えて皮膚表面を整えるために使えると多くの方が説明されております。

それ以外には乾燥しがちな肌をしっとりと保つことができる低刺激な入浴剤をおすすめしているところもありました。

また、頭皮に乾癬ができた場合はアトピー・乾癬用シャンプーを使うといいでしょう。

頭皮に乾癬ができてしまうとフケがひどいことになってしまい、人によっては脱毛が発生してその部分だけ毛が抜け落ちてしまうようになるので、円形脱毛のようになってしまいます。

そうならないようにするためにも、頭皮にできてしまった場合はアトピー・乾癬用シャンプーを使いましょう。

他にも乾癬の症状としては毛細血管への過剰な血流が発生するようになるので、それを整えるために血行を整える作用がある石鹸を使うことが推奨されていました。

皮膚病である乾癬の治療法は?

kansen-syoujyou-tiryouhou
尋常性乾癬の治療法は外用療法や内服療法、光線療法などがあります。

そしてそれらの治療法と並行して生活習慣改善や食生活改善が行われることになるでしょう。

また、先に上げた治療法を全部試してみても治療が進まない、または症状の悪化が止まらないといった状態になった方は生物学的製剤を用いての治療を行うようになります。

まず、外用療法とは先にも触れていますが、何らかの塗り薬を使う治療の事で活性型ビタミンD3外用薬やステロイド外用薬を使った治療を行います。

次に薬物療法では免疫作用の過剰な働きを抑える薬や外用療法で使う薬の効果を上げるものが処方されるようになるでしょう。

また、光線療法では紫外線の中でも効果があると言われている中波長紫外線(UVB)を行うことになります。

これは全身に広がっていた場合は行うことができませんが、局所的だった場合は有効的な方法となるでしょう。

乾癬には温泉が効果的?

kansen-syoujyou-onsen
温泉にはよく肌に良いとかアトピー性皮膚炎に良いというものを見たことがあると思いますが、乾癬にも効果があるとうたっている温泉が結構あります

例えば、この温泉では美肌効果・消毒効果・炎症鎮静効果があるので、皮膚トラブルに悩まされている方々にもってこいの温泉であるといったものです。

確かに、温泉は皮膚トラブル改善には良いというお話は大量にあるので、乾癬にも効果があると言えるのではないでしょうか。

特に、乾癬はストレスによって悪化しやすいとも言われているので、ストレス解消にもつながる温泉は多かれ少なかれ効果があると考えられます。

 

乾癬に関しましては次のページも参考にしてください。

爪乾癬の症状や原因・薬など治療法は?うつる?ネイルは?

乾癬性関節炎の症状や薬など治療法は?完治する?

尋常性乾癬は完治する?原因と食事・漢方など治療法は?

 

皮膚病の乾癬の原因は?市販・漢方薬など治療法は?うつる?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は皮膚病の乾癬の原因は何なのか、市販・漢方薬など治療法はあるのか、うつるものなのかどうかをお伝えしました。

原因がいまだ不明ではあるものの、日常生活の過ごし方によってなるかならないかがおそらく変わってくる病気に該当するので、予防を意識している方はまず私生活を見直すことから始めましょう。

発症してしまってからは完治させるのが困難なので、できる限り発症させないことを第一にしてください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)