蕁麻疹が子供に出た時の対処法は?病院は小児科か皮膚科か?

蕁麻疹が子供に出た時の対処法は?病院は小児科か皮膚科か?

子供の蕁麻疹の原因や対処法について

蕁麻疹は大人だけではなく子供も発症する可能性がある症状です。

症状が重く対処するのが困難な場合は病院に行くことが大切なのですが、小児科に行くのか皮膚科に行くのか悩んでしまう人もいるでしょう。

そこで今回は蕁麻疹が子供に出た時の対処法について、また病院は小児科か皮膚科かどちらがいいのかもお伝えします。


Sponsored Link


子供の蕁麻疹の種類と症状

jyunisicyoukaiyou-genin-kodomo
子供が蕁麻疹になった場合、考えられるのは大人のケースとほぼ同じになりますがほとんどが特発性蕁麻疹が原因となるでしょう。

これはいわゆる原因が特定できない蕁麻疹のことで、特定不能となっているため原因の排除によって防ぐことができません。

「特発性蕁麻疹」は大人でもそうですが子供でも圧倒的に多くみられており、人によっては数分で治る人もいれば1か月以上続くこともあります

蕁麻疹には原因によってアレルギー性蕁麻疹・機械的蕁麻疹・温熱蕁麻疹・寒冷蕁麻疹・日光蕁麻疹・コリン性蕁麻疹・心因性蕁麻疹・病巣感染による蕁麻疹などに分類されますが、特定できないことが多く、いくつかの要因が重なって起きていると考えられているようです。

具体的には敏感肌・乾燥肌・ストレス過多・慢性疲労・風邪・虫刺され・プール・暖房器具などが絡み合っていると考えられています。

子供がプールに入ると蕁麻疹が出ることもある?

jinmasin-pool
人によってはプールに入ることで蕁麻疹が出る人もいます

これは水温が低いことによって発生する寒冷蕁麻疹と言われていて、体を温めることができれば治まるようになります。

この寒冷蕁麻疹は体温より低い温度(だいたい36度以下)に接触することで発生するものなので、プールでは必ず発生してしまうでしょう。

どうしても克服したいという方は寒い場所に少しずつ慣れさせるトレーニングを行って治ったケースもありますが、まずは医師に相談して寒冷蕁麻疹を克服する方法を教えてもらうようにしてください。

どんなに外が暑かったとしてもプールの温度が体温以上になることはないため、寒冷蕁麻疹による蕁麻疹は避けられません。これは克服するしかないと言えるでしょう。

子供の蕁麻疹の原因

jinmasin-genin
子供の蕁麻疹の原因は先に記載したとおり、敏感肌・乾燥肌・ストレス過多・慢性疲労・風邪・虫刺され・プール・暖房器具などが絡み合っています。

特に子供の場合は大人と違い半袖半ズボンで様々な場所に突入するので草や虫に触れてかぶれてしまい蕁麻疹になってしまうことも多いでしょう。

それ以外にも子供のほうが、免疫力が大人よりも低く風邪をひきやすいため、蕁麻疹を誘発するケースも多くなります。

また、合成着色料や保存料が含まれているお菓子や果物を食べることで蕁麻疹が出る子供もいるので、親は蕁麻疹が発生したらどのような行動をとった時だったかをきちんと確認するようにしてください。

蕁麻疹が出た時の対処法は?

gan-yobou-supplement
逆にもう蕁麻疹が発生してしまったという時の対処法ですが、まず蕁麻疹が出たとしてもすぐに症状が治まるなら心配する必要はありません。

注意すべきなのはそれが毎日続いたり、広範囲に出てしまった場合です。その時は迷わず病院に行くようにしてください

特に急を要するのが全身にまで蕁麻疹が広がったり、呼吸困難や腹痛といった症状が出ている時で、この時は夜間であっても救急を受診してください

ある程度症状が軽かったとしても皮膚科にて症状を説明すれば蕁麻疹かどうかを判断してくれるので、蕁麻疹の症状が出る前にどのような行動をとったのか、またどのような物を食べたのかをきちんとメモして答えるようにしてください。

蕁麻疹と判断されれば抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、抗ヒスタミン軟膏を処方されるようになるので指定された期間飲むようにしましょう。

また、必ずやってほしいことは蕁麻疹が出ると子供の場合は掻き毟ってしまうことがよくあるので、爪を切るようにして患部を冷やすようにしてください。

子供の蕁麻疹でかかる病院は小児科か皮膚科か?

gyakuryuseisyokudouen-byouin
子供の場合は選択肢に皮膚科以外で小児科がでてくることになります。


Sponsored Link


まず、初めて蕁麻疹が出た場合は皮膚科でも構いませんが小児科にしたほうがいいでしょう。

蕁麻疹のみが原因なら皮膚科でも問題ないのですが、蕁麻疹の原因が他の病気にあったり実は蕁麻疹ではなく血管性浮腫や多型紅斑などの症状の可能性もあるので最初は小児科に行って病名を特定してもらいましょう

仮にそこの先生が皮膚症状に詳しくない人であったとしても、病名を特定しないと無駄足になる可能性があるので最初は小児科がおすすめです。

また、蕁麻疹であるかどうかの特定のために具体的に症状が出た時間や、何を食べさせたのか、どのような行動をとっていたのかを必ず報告する必要があるため、症状が出たら忘れないでメモをとるようにしてください。

子供の蕁麻疹の治療法は?

ikaiyou-kusuri-syurui
治療法は大人と一緒で、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、抗ヒスタミン軟膏などの服用及び塗ることが主体となります。

これらは必ず指示された期間は行い続けて、自己判断で止めてしまわないようにしてください。

また、子供の場合かゆみをがまんできないことが多々あるので、爪は切るようにして患部はかけないように冷えピタシートなどを貼って冷やしながら隠してしまうのも手です。

また、血行が良くなると蕁麻疹が広がったりかゆみがひどくなってしまうので、お風呂は入らないでシャワーのみでとどめるようにしてください。

蕁麻疹の出やすい食べ物は?

ikaiyou-syokuji-seigen
蕁麻疹の原因にはアレルギーがつきものですが、アレルギーは非常に多岐にわたり、どのアレルギーなのかを特定するのは中々に困難です。

具体的に食物性アレルギーに該当するものは牛乳・卵・チーズなどの乳製品やサバやサンマなどの魚類、エビやカニなどの甲殻類と貝類、小麦やそばなどの穀物になります。

これらは特に蕁麻疹を誘発しやすいと言われていて、気を付けるべき食材ともいえます。

その他にも牛肉・鶏肉・豚肉などの肉類、りんご・メロンなどの果物、トマト・キャベツなどの野菜類もアレルギーによって蕁麻疹が出ることがあります。

蕁麻疹の予防法は?

taijyouhousin-saihatu蕁麻疹を予防する方法は蕁麻疹の原因となるものを遠ざけることです。

アレルギー反応による蕁麻疹ならその対象となる薬物や食べ物を避けるようにして、圧迫によって蕁麻疹が起きる場合は衣服に気を付けたり所作に気を配るようにしましょう。

問題なのが原因が不明なタイプで、なぜ発症したのか分からず、なぜ治ったのかも分からないものです。

根本的な解決にはなりませんが、蕁麻疹は疲れやストレス、また食生活や生活環境の乱れによって誘発されたり悪化してしまうことがあるので、疲れやストレスがたまらないような生活をするように心がけることで発症しないようにするしかありません。

これは大人だけではなく子供も当てはまるので、子供にストレスが溜まっていないかを親はちゃんと理解してあげる必要があります。

 

蕁麻疹に関しましては次のページも参考にしてください。

蕁麻疹が顔に出る原因について 危険?対処法は?

減汗性コリン性蕁麻疹の治療はお風呂がいい?

コリン性蕁麻疹とは?温熱蕁麻疹とは?その違い

蕁麻疹が治らない!子供や赤ちゃんの原因や薬など対策は?

蕁麻疹でかゆい!みみずばれなど症状や原因・対処法は?

蕁麻疹は肝臓がんが原因?腎臓など内臓や酒のせい?

蕁麻疹の症状や原因や対処法は?病院での治療法や予防法は?

 

蕁麻疹が子供に出た時の対処法は?病院は小児科か皮膚科か?まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

今回は蕁麻疹が子供に出た時の対処法について、また病院は小児科か皮膚科かどちらがいいのかもお伝えしました。

子供は大人と違って活動範囲が違うため、発症する原因が異なることがありますが、症状は大人であっても子供であっても大きく変わりません。

しかし、子供の場合はかゆみに対して我慢することがなかなかできないことが多いので爪を短くすることを忘れないでくださいね。

今回のこの記事が蕁麻疹における参考の一つとして皆様のお役に立てるものになれば幸いです。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)