いぼ痔の治療法【薬・注射など】と期間や費用!保険適用は?

いぼ痔の治療法【薬・注射など】と期間や費用!保険適用は?

いぼ痔は自宅で放置して自然治癒するのかと病院での治療法

いぼ痔になるとトイレに行くのもなかなか億劫になり、できる限り早く治したいと思い治療を検討するかと。

その治療法注射と言われておりますが、その期間費用はどうなるのか、保険は適用されるのか気になるところは多いでしょう。

そこで、今回はいぼ痔治療に関する情報をまとめて記載したいと思います。


Sponsored Link


いぼ痔とは?


おしりにできることで痛みが発生しトイレに行くのもしんどいものとなる痔ですが、これは3種類あります。

一つは肛門の皮膚が切れてしまって出血する「切れ痔」、肛門の部分に膿みのトンネルができてしまう「痔ろう」、そして肛門にいぼ状の腫れができてしまう「いぼ痔」です。

このいぼ痔には大きく分けて2種類あります。

それは肛門の内側、つまり見えない部分にできる「内痔核(ないじかく)」タイプのいぼ痔と、外側にできる「外痔核(がいじかく)」タイプのいぼ痔です。

主にトイレに行ったときに力みすぎることや、負荷がかかりすぎることが原因で血液循環が悪くなってしまうと発生します。

というのも、このいぼ痔は毛細血管の集まっている静脈叢が鬱血することで腫れてしまうのが原因なのです。

いぼ痔は押し込むことで治る?


このいぼ痔が「内痔核(ないじかく)」タイプのものだと、症状が悪化すると外に飛び出るようになります。

最初のうちは痛みも何も無いので発生したことにすら気がつかないのですが、ある程度大きくなることで痛みがひどくなり、出血も増えていくのでおかしいと気がつくでしょう。

この段階になっても放置することでいぼが大きくなって肛門の外に飛び出してしまうのです。

この現象を「脱肛」と呼ぶのですが、排便をするたびに発生するようになるので、体への負荷も増えます。

しかし、この飛び出したいぼも実は押し込むことで元に戻るのですが、これはそのときの症状を無理矢理ごまかしているだけなので治療にはなっていません

最終的には脱肛しても元に戻らなくなってしまうか、ちょっとした動作でも簡単に飛び出すようになってしまうでしょう。

いぼ痔は自宅で放置して自然治癒する?


これはかなり微妙です。

ネット上でも治ったという人もいれば、治らなかったという人もいるので、自然治癒する可能性はあると思ってもいいでしょう。

いろんな意見を集めてみるとある程度悪化したレベルのいぼ痔は自然治癒をしたという記載が一気に減ります

外痔核となっているいぼ痔の初期段階なら市販されている薬を使うことで治ったとか、放置していたら治ったという意見があるのですが、内痔核となってしまっているいぼ痔で脱肛するほどまでに悪化しているものでは、ほとんど治らないようです。

すべてのいぼ痔経験者に聞いた訳では無いので確かな情報ではありませんが、内痔核で出血がひどいレベルのいぼ痔になっていたのなら自然治癒はしないと思った方がいいと思います。

いぼ痔の病院での治療法は薬?


いぼ痔の治し方は内痔核の場合は一般的に薬や軟膏を使っての保存療法や生活習慣改善などの治療になるようです。

すでに脱肛が発生して日常生活に明らかに影響を与えるレベルの内痔核だった場合は手術になるようですが、それは最終段階だと思ってください。

外痔核の場合は初期症状や中期程度の症状だったのなら座薬や軟膏を使えばほぼ改善に向かうようです。

ただし、こちらも症状が進行して座ることも困難なほどの痛みがあるのなら、手術を実行することになるでしょう。


Sponsored Link


いぼ痔の病院での治療法は手術?


先ほど記載したように、病院に行っての手術はいぼ痔における最終段階の治療法と思ってください。

実際に手術となると、レーザーを使っていぼを除去するという方法結さつ切除術のような肛門のふちの皮膚から内痔核や外痔核を切除して奥から縫ってくる方法を実行することもあるでしょう。

この方法はかなり確立されている方法で根治性が高いので、いぼ痔の手術の基本となっているようです。

しかし、あくまでいぼ痔における手術は最終手段なので、そこまで悪化していないのなら別の方法をとります。

いぼ痔の治療期間は?


これもどの程度まで悪化しているのかによって治療期間は変わってくるでしょう。

通常であれば3~4日程度である程度の効果が出て1週間もあれば痛みなどは無くなって通常の生活をおくれるようになるようです。

ただし、薬を処方されるのは3週間程度になっておりますので、その期間は痛みが無くなっていたとしても使い続けるようにしてください。

手術をするケースでも、初期段階なら手術時間は30分程度で入院も1週間ぐらいですみますので、かなり順調に進むようです。

ただし、脱肛するレベルにまで悪化している場合で、手術をしないのなら1ヶ月程度の時間を見た方がいいでしょう。

いぼ痔の治療費は?保険は適用される?


いぼ痔の手術は基本的にすべてが健康保険適応範囲内なので、手術も心置きなく受けることができます。

実際にある手術は3割負担にして掲載すると肛門形成術で約2~3万円結紮切除術で約2~3.5万円程度になるようです。

ただし、痔の治療次第では保険適応外になってしまうこともあるようです。

手術に関してはokだったのですが、使う軟膏では対象外になります。

それはニトログリセリン軟膏になります。

本来は狭心症の塗布軟膏であるこの薬はどうやら痔にも効果があるようです。

ただし、例外的な使われ方のようでこのようなケースになると保険が利かなくなると言われております。

最も高額になりがちな手術費用が保険適用されるというのは安心できるのではないでしょうか。

その他のいぼ痔の治療法は?


いぼ痔の治療法はほかにもあります。

たとえば、ジオン注射療法が代表例でしょう。

これは内痔核の数カ所にお薬を注射するという方法で、手術後の痛みはほとんどないという大きな利点があります。

注射の効果が出るまではある程度時間がかかると言われておりますが、次の日には脱肛が無くなるといわれているので、基本は日帰りか1泊2日というスケジュールの短期手術となるようです。

また、このいぼ痔の原因は排便時の力み以外に、座っている姿勢が異常に長いことや、便秘になりやすい食生活をし続けていること、またストレスが溜まりすぎていることや酒やたばこが原因となっているので、いぼ痔に苦しめられている方々はこれらの原因から遠ざかる生活をする必要が出てきます。

手術の方法も簡単にはなっておりますが、本人の努力次第で回復量も大きく異なりますので、生活習慣の改善は確実に言い渡されるところでしょう。

いぼ痔の治療法【薬・注射など】と期間や費用!保険適用は?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はいぼ痔の治療法についてのまとめを行ってきました。

いぼ痔はかなり身近にある症状ですが、内痔核の場合は発見が遅れることが多く、気がついたら出血が増えて脱肛しているという恐れすらあります。

しかし、こんないぼ痔でも食生活を改善して便秘にならないように意識するとか、血行不良にならないように運動をすることで発生確率が大幅に減少しますので、意識して健康的な生活をすればいぼ痔になる確率も減ります。

発症してからでは何かとやっかいないぼ痔ですので、発症しないように気をつけてくださいね。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)