骨折の治療方法や期間【薬・超音波・リハビリ・食事について】

骨折の治療方法や期間【薬・超音波・リハビリ・食事について】

骨折の治療過程や費用と手術や入院を含めた治療方法について

医療が進化しているといわれている現代でも、スポーツなどの怪我による骨折はなくなるわけではありません。

現代での治療方法期間、およびの使い方やリハビリのやり方、食事のメニューなどの方針はどのようになっているのでしょうか。

そこで、今回は現代医療における骨折への対応について触れてみたいと思います。


Sponsored Link


骨折の治療方法は?固定が基本?


骨折治療の考え方の基本は折れた骨をもとの位置に戻す、すなわち整復することにあります。

この整復には固定することが大切になっており、固定を妨げるよう外力が極力加わらないようにします

治療方法は皮膚の上から医師の手を用いて整復する徒手整復というやり方もありますし、骨のずれが大きい時は麻酔をして移動させることになるでしょう。

骨折の度合いがひどい場合か、手術のほうが治りが早いと医師が判断したときは麻酔をしたうえで皮膚を切開する手術を行って骨を金属のピンやワイヤーを使って固定することもあります。

折れた骨をつなぐ手術を骨折合術というようです。

入院期間は容体次第ですが、骨折で手術が必要ならば前日は入院することになります。

徹底した安静が必要な場合も入院が勧められるでしょう。

超音波を使った骨折の治療法とは?


これは最新の治療法の一種なのですが、超音波を使うことで骨折した患部の治りが早くなるという情報があります。

超音波骨折治療法は低出力の超音波パルス(非常に微弱な超音波)を使って断続的に細胞を刺激し、骨の癒合を促進させるという方法です。

2012年4月から「四肢(手足を含む)の難治性骨折」や「四肢(手足を含む)の観血的手術を行った場合」に医療保険が適用できるようになったので、導入している病院も多く、早い段階から超音波治療を行うことで通常の治療よりも圧倒的に早く終わることもあるようです。

骨折の痛みはどのくらい続く?


骨折は生活がしにくくなるのも難点ですが、重い骨折の場合は骨の周りを覆っている骨膜が傷つくようになるので、炎症してしまうようになり痛みが長い期間続くことがあります。

この期間はどの程度の骨折だったのか、どこを骨折したのかで大きく変わってくるので具体的な指定はできません。

大雑把になってしまいますが早い場合でもだいたい1週間はかかると思われた方がいいでしょう。

腫れが引くまでは1週間程度あれば十分ですので、この数字が出てきましたが、患部の骨が元の状態に戻るまで痛みが続くケースもありますので、3ヶ月程度かかってしまうこともあるようです

骨折の治療で薬が使われる?


薬を用いるかどうかは状況によって大きく変わるでしょう。

例えば、痛みがあまりにもひどいのならば局所麻酔薬を使うこともありますし、内服薬で痛みをコントロールすることもあります。

鎮痛薬として用いられる薬はロキソニンやボルタレンとなるでしょう。

ただし、骨粗鬆症などが疑われるなら骨の量を増やすなどの治療も必要になるので骨を壊す働きを弱める薬や骨の形成を促進する薬なども処方されることがあります。

薬を使うかどうかは医師次第のところありますが、痛みが重いのなら医師に相談して鎮痛薬をもらうことになるかと思います。

骨折の治療におけるリハビリについて


骨折における治療は整復および固定となりますが、リハビリも重要になります。


Sponsored Link


骨折部位を長期間動かさないことが治療するための早道であるため、しょうがない部分ではありますが動かさない状態が長ければ長いほど筋肉が萎縮してしまうので、筋肉量が減ってしまったり動きが悪くなってしまうのです。

現代医療では骨折部の安静を保ち固定しながらでもそれ以外の部位は動かしてリハビリを楽にしようという考え方があるようで、周辺部位が効率よく動かせれば血行が良くなって骨の癒合が促進されると考えられています。

具体的には手指のグーパー運動や足首の曲げ伸ばしなどが固定しながらの運動となるでしょう。

ギプス固定が終わったら、医師の指示に従って理学療法士が直接指導するリハビリを行うようになります。

骨折の治療過程や期間は?


骨折した場合の治療方法は固定して骨をくっつけて必要なら手術を行い、その後は回復状況を判断してリハビリをこなしていくというものです。

しかし、骨折した部位によって治療期間なども大きく異なるので、一様に語ることは出来ません

例えば、足の指が骨折した場合はだいたい1ヶ月程度で完治するといわれておりますし、足の骨が完全骨折した場合は6週間、足首の踵骨となると同じ足でも大人の場合は16週間ぐらいかかるようになってしまいます。

手の指が骨折した場合もだいたい1ヶ月はかかると思ってください。

しかし、これらの期間は個人差がかなり大きくなっていますので、目安程度に捉えましょう。

骨折の治療費用の目安


骨折のレベル次第で治療期間が大きく変わるでしょうし、どこの部位が骨折したのかでも変わってきますので、治療費もかなりの差額が出ます。

ただし、入院の有無による差が大きいので少しでも治療費を削りたいのなら入院をしない状況になるよう期待するしかないでしょう。

どうしても、手術が必要になると前日は最低でも入院する必要があるのでちょっと治療費が上がります。

日帰りだったとしても骨折部分をギプスで固定する処置は手術扱いになってしまうので、2万円程度かかってしまいますし、痛み止めなどの薬が必要になる場合を考えるとひと月で3万円程度はかかると思ったほうがいいでしょう。

もし、複雑骨折などの大きなけがだった場合は手術が1回で終わらないので、最終的には合計で20万円程度かかってしまうこともあるようです。

骨折の治療中の食事について


骨折の治療中には食事も気を付けたほうがいいでしょう。

栄養補給において食生活というのは本当に大切なのですが、何らかのダメージを体に追ってしまっているときこそ、そのダメージから回復すべく栄養補給が重要になるのです。

ちょっと専門的な用語を使うと、骨は古い細胞が分解され、新しい細胞を作る骨新生が大人になっても行われており、骨芽細胞がコラーゲンを合成して破骨細胞が骨を分解するのです。

この段階でカルシウムが付着することで骨が効率よく形成されるのですが、骨折されているときはこのサイクルが早まっているので、栄養補給の効果もよく出るようになるのです。

具体的に摂取してほしい栄養素はカルシウム・コラーゲン・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンK・マグネシウム・タンパク質あたりでしょうか。

コラーゲンが骨に必要ということをご存じない人が多いので、コラーゲンが骨の柱を築くという重要な要素があるということをここで覚えておきましょう。

骨折の治療方法や期間【薬・超音波・リハビリ・食事について】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は骨折の治療方法や期間について紹介してまいりました。

破骨細胞が出すコラゲナーゼという酵素はコラーゲン繊維を溶かしてカルシウムなどを骨から排出するようになり、そこに空いた穴を骨芽細胞がコラーゲンを作りカルシウムを使うことで埋めるような作用があります。

この作用を知っている人は少なく、カルシウムが骨にとって最強の栄養素だからカルシウムがあれば大丈夫と思っている人もいるでしょう。

実はそれ以外にも重要な栄養素があるということを覚えておかれるといいでしょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)