骨折を早く治す食べ物!サプリメントの摂取も効果的な方法?

骨折を早く治す食べ物!サプリメントの摂取も効果的な方法?

骨折時の食事や超音波治療など早く治す方法と運動やお酒について

骨折早く治す方法というのはいろいろと提示されておりますが、より効果的な方法とは食べ物を厳選するとか、サプリメントを使うとか、超音波などの最新技術を使うなどいろいろと出てくるものなのです。

そこで、今回は骨折を早く治すについていろいろと調べていきたいと思います。


Sponsored Link


骨折の基本的な治療方法


骨折の基本的な治療方法は骨を正しい位置に戻す整復と、これ以上の悪化を防ぎ治療効果を高める固定、その後はリハビリテーションを行うという流れになるでしょう。

これが一連の流れになりますので、骨折の治療方法として覚えておかれるといいでしょう。

まず、骨折した骨をもとに位置に戻す整復とは時には手で正しい位置に戻す徒手整復を行うときもありますし、包帯を使って皮膚の上から牽引するような整復方法もあります。

また、状態があまりにも重く、通常の方法では整復が困難だと判断されれば手術が必要な場合もあるでしょう。

固定するときはギプスやギプスシーネなどを使って外部から固定するか、手術などでキルシュナー鋼線やスクリューやプレートなどを体内に固定材として入れ込むことで固定する方法があります。

開放骨折や、高度粉砕骨折などの重症患者の場合は通常の固定法では治せないことが多いため、骨折部から少し離れた位置にキルシュナー鋼線などを使って体外で固定する創外固定という方法をとることもあるようです。

骨折の基本的な治療期間


(参考URL:http://www.yurinokishinkyu.com/asset/gurlt.jpg)

骨折は骨が折れた部位や、折れ方次第で治療までにかかる時間がかなり異なるので一様に説明することは出来ません。

骨の部位や種類による癒合期間の目安として使いやすいのは、Gurlt(グルト)とColdwell(コールドウェル)の表となります。

こちらを見ていただくとだいたいの治療期間が見えてくるでしょう。

ただし、状態次第で前後するので目安程度に捉えてください

目安としてこのような期間が出ておりますが、しっかりとした治療に励んで最新医療技術を導入することで、治療期間を大幅に短縮したというケースもあります。

某サッカー選手も特殊な治療方法で足の骨折の治療期間を3分の2まで縮めたことがありました。

骨折を早く治す方法として超音波治療が効果的?


患部に超音波を当てて行う治療法というのがあるのですが、これは効果があるとして多くの病院が取り入れており、2012年4月から「四肢(手足を含む)の観血的手術を行った場合」や「四肢(手足を含む)の難治性骨折」などの限定的ではありますが、医療保険対象となりました。

毎日決まった時間に治療する部位に超音波を当てるというやり方なのですが、これは低出力超音波パルス(LIPUS)という弱い超音波を与える方法で、細胞が刺激されるようになり骨の癒合が促進されるというやり方です。

運動選手などがよくつかわれているようです。

1万分の2秒あてて1万分の8秒休止するというサイクルがあるようですが、すでに多くの病院が取り入れており、大手の病院検索サイト「病院なび」などで見てみると400件以上ヒットします。

地方だから受けられないというわけではないようです。

骨折を早く治す食べ物は?タンパク質やカルシウムを含むものが有効?


超音波などの最新技術を使うことで治療期間を短くすることができるようになりましたが、それ以上に回復を促進させたいのなら、患者側の努力も必須となります。

その努力の中でも大きなウェイトを占めるのが栄養補給でしょう。

特に、必要になる栄養素は骨タンパク質であるⅠ型コラーゲンの合成成分とカルシウム吸収成分です。

具体的にはコラーゲン合成成分としてコラーゲンとビタミンCが必要となり、カルシウム吸収成分としてカルシウムのほかにビタミンDとビタミンKとマグネシウムが必要になるでしょう。


Sponsored Link


食べ物になると、コラーゲンは牛スジ・皮付きの魚・もつなどが該当し、ビタミンCはキウイやイチゴなどの柑橘類やパプリカやパセリなどの野菜類が該当します。

カルシウムは言わずと知れた乳製品や小松菜やししゃもなどが該当し、ビタミンDはキノコ類や魚類、ビタミンKはパセリや納豆などが該当します。

マグネシウムはヒジキやわかめなどの海藻類やナッツ類などです。

骨折を早く治すにはサプリメントも有効?


骨折を治す速度を上げる方法の一つとして一部の栄養素を補給することにあるのですが、一人暮らしの方などはその栄養補給が食べ物からはなかなかできませんので、サプリメントに頼ることになるでしょう。

必要な栄養素は先ほど説明したように、コラーゲン合成成分としてコラーゲンとビタミンCが、カルシウム吸収成分としてカルシウムのほかにビタミンDとビタミンKとマグネシウムとなります。

そのため、これらの栄養素が入っているサプリを選ぶのが一般的となっています。

他にもコラーゲンの生成によいといわれているコンドロイチンも有効という情報が多くあります。

実際に骨折した場合には医師と相談することになりますので、サプリメントの使い方や選び方も確認してみるといいでしょう。

骨折が治るまでは部位によっては運動は避けた方がいい?


この考え方はちょっと人それぞれの部分が出てきますが、現代医療の考え方として多いのは、ケガしている部位以外を鍛えるのならば問題ないのでどんどんやったほうが良いというものです。

例えば、足を怪我したのなら腕や上半身を鍛えるようにするとか、手や腕が骨折したのなら、エアロバイクなどを使って脚力や持久力をつけるというやり方です。

もちろん、安静にすることが治療方法としてはベストなのですが、医師からOKサインが出たのならその部位を傷つけないようにほかの部位を鍛えるのはOKでしょう。

固定している部位も関節を動かさず力だけ入れる等尺性収縮トレーニングなら許されることもあるようですが、医師に確認してから実行するようにしましょう。

骨折を早く治すにはお酒は飲まない方がいい?


風邪を引いた場合には高確率で禁止となるのがお酒ですが、骨折などの怪我ではどうなるのでしょうか。

結論から言うと禁止となることのほうが多いようです。

その理由は骨折をしている人でも抗生物質や化膿止めの薬を飲むことが多いので、それらの薬の効果を薄めてしまうか反対に強くなりすぎる可能性があり、危険だということです。

これは納得してしまうのではないでしょうか。

また、お酒を大量に飲むと酔いが回るようになるので感覚がマヒしてしまいます。

その状態になると意外と無理と無茶をするようになるので、患部に力を加えすぎて悪化させる可能性も出てくるのではないでしょうか。

それらを考えるとお酒は避けたほうがいいと思います。

カルシウムの吸収効率なども低下することが予想されますので、悪化する危険性と治療期間が延びる危険性があるといえるでしょう。

 

骨折に関しましては次のページも参考にしてください。

骨折の治療方法や期間【薬・超音波・リハビリ・食事について】

骨折の応急処置【手足の指・手首・肘・足首・大腿部】について

骨折を早く治す方法として食事【コラーゲンなどの栄養素】が大切?

骨折の痛みはどのくらいの期間続くか!緩和には痛み止めの薬が有効?

骨折による手術の時間や費用と術後のリハビリや痛みについて

骨折の完治までの期間やより早く治す食べ物やサプリメント

 

従いまして避けたほうがいいです。

骨折を早く治す食べ物!サプリメントの摂取も効果的な方法?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は骨折の治療についていろいろと記載をしてまいりました。

骨折は長い治療期間が必要となるので、体に対しての負担軽減などを長期間考えて生活する必要性が出てきます。

とくにきついのがお酒関係でしょう。

お酒を飲むのが趣味な人にとって半年も禁酒を言い渡された場合は精神的にかなりきつくなると思います。

しかし、理由を調べてみると納得してしまうものなので、禁酒期間を少しでも短くするべく、早期回復のための手段を取り続けるのが正解といえるのではないでしょうか。

 


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)