心筋梗塞の予防法は?食べ物・運動・薬・サプリメントなど

心筋梗塞の予防法は?食べ物・運動・薬・サプリメントなど

食べ物・運動など心筋梗塞の予防法について

心筋梗塞になる原因は複数あり、それに合わせて予防方法も複数あります。食べ物に気を配り、適度な運動をして、生活習慣病となってしまった場合、医師から処方されたを飲むことが一般的な予防法でしょう。

今回は心筋梗塞の予防法を見つめなおして、食べ物・運動・薬・サプリメントではどのような予防法があるのかをお伝えします。


Sponsored Link


 

1.心筋梗塞を予防する食べ物は?

sinkinsoukoku-yobou-tabemono

心筋梗塞とは心臓病の一種であり、心臓を動かす筋肉に栄養や酸素を運ぶ冠動脈がつまることで発生する病気です。この原因には高血圧や肥満、糖尿病などの生活習慣病が含まれておりそれらを改善する食べ物が有効となってきます。

 

それでは具体的な食べ物を紹介していきます。まずはゴマ、ゴマは心臓病に対して効果的な栄養が多く含まれており良質なたんぱく質やオレイン酸を摂取することができます。これらは酸化を防いで血行を良くしてくれるため高血圧に効果があるのです。

 

次に紹介するのは豆腐です。大豆はレシチンやリノール酸が豊富に含まれているので、こちらも酸化を防いで血行を良くしてくれます。こちらも高血圧に効果があります。

 

また、貝類も良いでしょう、特に優秀なのは牡蠣です。貝類には亜鉛・鉄分・タウリンが豊富に含まれており造血や悪玉コレステロール低下、善玉コレステロール上昇作用があります。そのため動脈硬化に対して非常に効果があるのです。

 

2.心筋梗塞を予防する飲み物は?

sinkinsoukoku-yobou-nomimono

 

まず、心筋梗塞予防につながる飲み物を紹介する前に、こまめな水分補給が効果的であることをお伝えします。それを踏まえた上でさらに効果的な飲み物が何かをお伝えしましょう。

 

まずは豆乳です、食べ物の項目でもご紹介したように大豆はレシチンやリノール酸が豊富に含まれており血行を良くしてくれるので高血圧に効果があります

 

次はコーヒーをご紹介します。コーヒーには心筋梗塞になる原因の一つである血栓を溶かす力を活性化させる効果があります。ただし飲みすぎはよくないので多くても一日5杯以内にしてください。

 

また、天然水や海洋深層水のなかでカルシウムとマグネシウムが多く含まれているものもいいでしょう。カルシウムとマグネシウムは不足することで細胞が動かなくなってしまい心筋梗塞になる危険性が高まるため摂取することで予防に繋がります。

 

3.運動は心筋梗塞の予防になる?

osgood-tiryou

 

生活習慣病から心筋梗塞に繋がることは多々あるため、生活習慣病の改善を行うことが最大の予防となります。そのためにも適度な運動は不可欠になるでしょう。

 

効果的な運動はウォーキングなどの有酸素運動です。毎日適当な距離を歩くか軽く走る習慣をつけることは非常に効果があります。運動によってホルモンや酵素が活発になり、そのホルモンや酵素には生活習慣病を抑えるものがたくさんあるのです。

 

ただし、心臓に負担がかかる激しい運動や負荷の大きな筋トレは逆効果となることがあるため注意が必要です。

 

また、生活習慣病を悪化させる原因となっているストレスの発散にもつながるため積極的に有酸素運動は取り入れるようにしましょう。

 

4.心筋梗塞は薬で予防できる?

taijinkyoufusyou-kanti

 

生活習慣病は心筋梗塞に繋がる可能性の高い病気ではありますが、もし発症してしまった場合、病院にて薬を処方されることになるでしょう。

 

まず、高血圧を治す薬には降圧薬というものがあります。これは合併症の進行度合いなどを医師が判断して個別に処方される薬であるため使い方を正しく守る必要性の高い薬です。

 

基本的に長期間継続して薬を服用することになるため、必ず決められた量を決められたとおりに飲みましょう。また、生活習慣の改善によって飲まなくなることもあります。

 

次にコレステロールを低下させる薬を紹介します。これには陰イオン交換樹脂やプロブコールなどがあります。その他にも血糖値を下げる経口血糖降下薬や血液の中の尿酸値を下げる尿酸降下薬などがあります。

 

5.心筋梗塞を予防するサプリメント

sinkinsoukoku-yobou-supplement

 

食べ物で栄養を摂取しきれないときに、それを補助するのがこのサプリメントでしょう。ですがあくまで補助するためのものであるため、食事を主として考えてもらいたいです。

 

それでは最初に紹介するのはナットウキナーゼが含まれているサプリメントでしょう。ナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果があり、冠状動脈を防ぐこととなる血栓予防にもなります。そのため納豆がどうしても食べられないという方にはおすすめと言えるのではないでしょうか。


Sponsored Link


 

次になかなか魚を食べられない人には青魚のDHA・EPAの成分をサプリメントから摂取しましょう。DHAやEPAも動脈硬化を防ぐ作用があり血栓予防になります。またこの両者は人間の体では作られない必須脂肪酸であるため体外からの摂取が必要不可欠なのです。魚が苦手な人は検討する価値はあると思います。

 

6.水分補給と心筋梗塞予防の関係性

sinkinsoukoku-yobou-suibunhokyu

 

心筋梗塞対策には水分補給が不可欠です、なぜなら体内の水分不足は血流の悪化や血液の塊である血栓ができる確率を上げてしまいます。そのために水分不足となりやすい夏場は脳梗塞や心筋梗塞が発生しやすくなるのです。

 

人間の水分はたとえ汗をかいていなくても気が付かないうちに皮膚などからも蒸発していきます。そのため汗をかかない気温であったとしても一定量の水分補給は必要となるのです。

 

特に注意が必要なのは夏場の就寝中、寝ている時でも脱水状態は発生します。基本的に就寝中は血圧が低下しており血栓ができやすい状態となっているため就寝中の脱水状態は危険です。

 

ただし、アルコールの場合は利尿作用があり飲んだ以上に尿となって外に出てしまうことが多いので、酒を飲んでいるから水分不足にはならないと考えてはいけません。

 

7.検査で心筋梗塞の予防ができる?

sinkinsoukoku-yobou-kensa

 

心臓の疾患は日本人における死因でも、がんに次いで2位に位置づけられる非常に危険な病気です、そのためにも検査は相当多く用意されており、心臓の欠陥を見つける方法は多岐にわたります。

 

まず代表的なものは心電図をとることでしょう。急性心筋梗塞の場合は心電図に特徴的な変化を出すことがあるため、典型的な心筋梗塞発作はこの検査で容易に発見できると言われております。ただし、発症初期では心電図の変化となって表れないことが多いので注意が必要です。

 

次に血液検査でも心筋細胞が壊死したものがあるのかを調べることができます。この検査では障害の程度がどのレベルかがわかります。

 

また、心臓超音波検査というものもあり、これは心電図ではわからなかった変化を見ることができます。この検査は心機能の評価や心筋梗塞の広がり具合の確認、また合併症の確認にも用いられます。

 

心臓に関連するものに【うっ血性心不全】があります。

うっ血性心不全につきましては次のページを参考にして下さい。

うっ血性心不全の症状は?原因や診断・治療・予後・余命は?

 

8.その他の心筋梗塞を予防するポイント

sinkinsoukoku-yobou-point

 

いままで何度もお伝えしたとおり、生活習慣病の予防がなによりも心筋梗塞に対する予防に繋がります。そのため食事・運動・薬・サプリといったものを紹介しましたがそれ以外にも予防方法はあります。

 

例えば禁煙、タバコを吸う人は心筋梗塞になる確率が高くなるため少しずつ量を減らして禁煙しましょう。

 

次はダイエットです、肥満の人は心筋梗塞以外の病気を引き起こす可能性が高いためダイエットは予防に繋がるといっていいのではないでしょうか。

 

それ以外では急激な体温変化が心筋梗塞に引き金となることがあるため、お風呂は要注意です。脱衣所が冷たいのにお風呂が熱いという状況になると急激な温度変化となってしまうので脱衣所もある程度暖めておきましょう

 

心筋梗塞につきまして、次のページも参考にしてください。

ガッテンの脳梗塞や心筋梗塞対策!血液中の血栓の予防法は?

心筋梗塞の前兆をチェック!背中・左肩・歯の痛み・血圧など

心筋梗塞の原因はストレス?タバコやピル・スポーツが原因?

心筋梗塞の後遺症は不整脈の他に脳にも起こる?リハビリは?

心筋梗塞の治療法や期間・費用は?治療薬と副作用は?

心筋梗塞の原因は?若い人も危険!前兆や予防法は?

 

心筋梗塞の予防法は?食べ物・運動・薬・サプリメントなどまとめ

以上、いかがでしたか?

今回は心筋梗塞の予防方法について様々な方法から検討してお伝えしてきました。

このように記載してみると予防方法は多岐にわたると感じるでしょう。しかし感じたところで実践することができなければ意味はありません。こんなに方法がたくさんあるのなら、どれか一つでもいいので実行してみましょう。

健康はすぐに身につくものではありませんが、病気にならないからだになることが大きな財産と考えれば決して無駄なこととは感じないのではないでしょうか。

今回のこの記事が心筋梗塞の予防を考える材料となっていただければ幸いに思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)