頭皮湿疹のストレスなど原因は?かさぶたなど治療法や市販薬は?

頭皮湿疹のストレスなど原因は?かさぶたなど治療法や市販薬は?

頭皮湿疹の原因や市販薬など治療法について

頭皮湿疹はかなり厄介なもので、なかなか治療できなくて困っている人も多いのではないでしょうか。

原因ストレスもあると言われていますが、市販薬で対処できるなら対処したいところですよね。

そこで今回は頭皮湿疹原因ストレスなのか?他にもあるのか?そしてかさぶたも含めた治療法市販薬はあるのかを紹介します。


Sponsored Link


頭皮湿疹の種類と原因

touhi-sissin-syurui
頭皮は髪の毛で隠れている部分なので細かく観察するのは難しい部分になっています。

しかし髪を洗っている時にたまたまブツブツを発見するということがしばしばあるのです。

これがいわゆる、頭皮湿疹というものになります。

この頭皮湿疹は「アトピー性皮膚炎」「脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)」「接触性皮膚炎」の3種類に分かれていて、それぞれ原因が異なっているのです。

まずアトピー性皮膚炎の場合は頭皮が乾燥していることとアレルギーが影響しています。

乾燥している状態というのは皮脂や水分が無いためバリア機能がなくアレルギー物質によるアレルゲンが頭皮に入りやすくなってしまいます。

次に脂漏性皮膚炎は頭皮の皮脂が分泌されすぎることで細菌が大量発生してしまうのが原因です。

接触性皮膚炎は頭皮に刺激の強いシャンプーや整髪料を使った時に、発生するものとなっています。

これは物質に触れてしまった場合に起こるものなので誰でもが起こる可能性があります。

頭皮湿疹とストレスの関係

touhi-sissin-stress
主な種類を3つほど、そしてそれぞれの原因も説明しましたが、ストレスも原因になっているという説もあります。

これはストレスによってホルモンバランスが乱れることにより女性ホルモンが減少して髪の毛が抜ける前に頭皮湿疹が発生するというものです。

実際に女性ホルモンが減少すると薄毛になる前に頭皮湿疹が症状として出始めるという報告もあるようなので、信憑性はかなり高いと思われます。

また、ホルモンバランスが崩れると皮脂の分泌量が増減するので頭皮湿疹が出やすくなるという説もあります。

乳児の頭皮湿疹の原因や注意点

sissin-nikkou-akacyan
赤ちゃんを育てたことがある人なら一度は経験したことがある、頭皮湿疹ですが一番多いのは脂漏性湿疹になります。

これは赤ちゃんの肌の強さによって時期や程度の差が生じますが、だいたい生後数週間から4カ月くらいの乳児で多く見られ、1歳になるとバリア機能が備わるため症状が出なくなります。

この脂漏性湿疹の原因は皮脂の分泌過多です。

生まれたばかりの赤ちゃんは女性ホルモンが大量に残っているのと新陳代謝が盛んなのが原因でどうしても皮脂が多くなりがちで、防ぐことはできません。

これは生後3カ月くらいまでこの状態が続くことが多いので、当たり前の現象と捉えてください。

ただし、皮脂を溜めないようにしっかりとケアをして毎日入浴する際にしっかりとかさぶたと皮脂を落とすようにしましょう。

頭皮湿疹のかさぶたの対処法

touhi-sissin-kasabuta
頭皮湿疹ができると必ずできてしまうのがかさぶたで、このかさぶたは見えない位置にあることが多く、髪を洗っていると無意識にはがしてしまうこともしばしばあります。

これの対処法はとにかくかさぶたを作らないようにするしかありません

そこで簡単な方法は、刺激の少ない成分を使っているシャンプーに切り替えることでしょう。

育毛剤を使っている人は育毛剤も変更したほうがいいでしょう。

まずは頭皮の刺激に関係しているシャンプーや育毛剤を変更してください。

また、ドライヤーのかけ方やブラシの選び方などのヘアケアの方法を見直して頭皮に優しいことができているかを見つめなおしましょう。

また、生活習慣や食生活の影響も頭皮に出てきます。

そのためジャンクフードやあぶらっこい食べ物の食べ過ぎは自重して暴飲暴食はしないようにし、必要な栄養を摂るようにしてください。

睡眠不足やストレス過多も避けねばなりません。

頭皮湿疹の治療法

touhi-sissin-tiryou
アレルゲンにも気を付けて、刺激の強いシャンプーも使わないようにすればアトピー性皮膚炎と接触性皮膚炎を防ぐことはできるのですが、脂漏性皮膚炎はなかなか防げないことがあります。

この脂漏性皮膚炎はなかなか頑固者で、他の2つと違いなかなか止めることができません。

そのためまずは炎症を抑えることから始めてください。


Sponsored Link


炎症を抑えるのに有効なのがステロイドでこれを用いれば炎症はなくなるでしょう。

ただし、これは炎症を抑えているだけなので湿疹防止にはなりません。

次に重要なのが皮脂を餌に増殖するカビの一種であるマラセチア菌を撃退することです。

これは抗真菌薬を用いて対処するのが一般的で、増殖を抑え込むことができるようになります。

治療の際は、信頼できる医師の指示に従って対処していくのがおすすめです。

頭皮湿疹の市販薬など薬について

touhi-sissin-sihanyaku
しかしあまり病院に行くのは好きではない、という方におすすめなのが市販薬による対応です。

実際に頭皮湿疹用の薬は大量に用意されているので選びたい放題となっています。

代表的なものは「メディクイック」「メンソレータム」「ムヒ」「リンデロン」といったところでしょう。

それぞれ患部に塗布するものやスプレータイプのものもありますので、使い勝手が自分にとっていいものかどうかをまず判断してください。

そして薬は人によって効果が出やすい人と出にくい人に分かれるので、効果が無いと判断したらすぐに別のものを使うようにしましょう。

頭皮湿疹がある時のおすすめのシャンプーと洗い方

touhi-sissin-shampoo
頭皮湿疹に非常に関係しているのがシャンプーの選び方で、この部分を間違えてしまうとアトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎を引き起こしてしまう可能性があります。

そのため頭皮湿疹がある人は一度シャンプーを低刺激のものに変更しましょう。

具体的には皮膚科医もおすすめしているコラージュフルフル製品です。

これは低刺激・無香料のシャンプーでありながらカビを抑える成分も含まれているのですべての頭皮湿疹の原因を抑える働きがあります。

他にも「ミノン薬用ヘアシャンプー」や「h&sのシャンプー」がいいでしょう。

また、髪の洗い方にも注意が必要で、特にすすぎは十分すぎるほど行って髪にぬるぬるとした感触を残さないようにしましょう。

シャンプーよりもすすぎに時間をかけたほうがいいとも言われています。

それ以外にも洗いすぎると頭皮が乾燥して湿疹がでやすくなるので、1日1回洗う程度にしてください。

頭皮湿疹は夏に悪化しやすい?対策は?

sissin-nikkou-syoujyou
夏の暑い日差しは頭皮にも汗が出やすくなり、生え際や頭皮にかゆみが生じやすくなります

そのため無意識で頭を掻く回数が夏は増えてしまいがちで、頭皮湿疹を誘因し悪化させることが多くなっています

頭皮湿疹は爪で傷つけたことによって細菌が入り込んで繁殖してしまうことで発生することもあるので、地肌を爪で掻いてしまうのは危険なのです。

そのため夏場は食生活や日常生活に気を付けるのは当然ですが、紫外線にも気を配るようにして皮膚のダメージを溜め込まないようにしてください。

 

湿疹に関しましては次のページも参考にしてください。

手の湿疹の症状【痛い・かゆいなど】と原因や治し方

日光での湿疹の症状は?原因や治療・予防法は?赤ちゃんは?

乳児の湿疹のケアは?馬油・ワセリン・ステロイドが有効?

乳児の湿疹はいつからいつまで続く?原因はママの食事で母乳?

湿疹で全身にかゆみが広がる原因は?新生児の対処法は?

顔・手・腕・足・お腹・背中などのかゆくない湿疹の原因は?

湿疹の種類と症状は?治らない原因や治療・予防法は?

腕の湿疹はかゆくない?原因【ストレス・ダニなど】対策は?

乳児脂漏性湿疹の症状【頭皮・顔】と原因!薬や保湿で改善?

 

頭皮湿疹のストレスなど原因は?かさぶたなど治療法や市販薬は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は頭皮湿疹のストレスなど原因はどうなっているのか、かさぶたも含めた治療法や市販薬はあるのかを紹介しました。

頭皮湿疹は原因が3つあり、刺激によるものやアレルギーによるものはシャンプーや整髪料に気を付ければ回避することはできますが、皮脂によるものはなかなか改善しないことがあります。

そのため、治したいなら食生活や生活習慣を見直して出にくい体を作るしかありません。

しかし、現代社会でその体を入手するのはなかなか大変なので、市販の薬にも頼るのも1つの方法でしょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)