足裏のいぼの治療法や症状と原因!放置して自然治癒する?

足裏のいぼの治療法や症状と原因!放置して自然治癒する?

痛い・かゆいなど足裏のいぼの症状!液体窒素では治らない?

足裏いぼができてしまうと、どうしても摩擦等による刺激が発生するので、症状が重くなる前に早めの治療を行いたいと考えるものです。

この足裏のいぼは何が原因なのか、放置しても自然治癒は可能なのかも気になるでしょう。

そこで、今回は足裏にできたいぼについて色々と調べていきたいと思います。


Sponsored Link


足裏のイボの症状は痛い?かゆい?


足の裏にイボができてしまうと、歩きにくくなるので生活に大きな支障が出ます。

このイボにも種類があるので、種類によって症状も異なりますが、ウイルスが原因の尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)の一つである足底疣贅(そくていゆうぜい)になってしまった方はイボが皮膚にめり込んでいくので痛みが発生しやすくなります

もともと、魚の目やタコ等の似たような症状もあるので足の裏のイボはなかなかに見分けがつかずわかりにくいのですが、後で説明する原因が他のものと、この足底疣贅は異なるので、対処法が違うのです。

足裏のイボの原因


そもそも、なぜ足の裏にイボができるのでしょうか。

その最大の理由は先ほど記載したようにウイルスにあります。

このウイルスは「ヒトパピローマウイルス」と呼ばれるもので顔や首そして体中のあちこちでイボができてしまう原因となるのです。

しかし、このウイルスは体の表面にくっついたところで効力は発揮されません。

イボとなるのは体に傷がついてその傷の中にこのウイルスが入り込んだ時です。

そのため、多いのがアスリートで足に負担がかかるようなスポーツを行っている人たちでしょう。

走るというのはあらゆる競技で必要になりますが、特に危険なのがサッカーやバスケット選手のように急な方向転換が必要なスポーツか長時間走る必要がある人たちです。

靴を履いていても足の裏がひたすらこすれるので傷がつく可能性が高く、そこからウイルスが入り込んでしまう可能性は十分にあります。

足裏のイボは放置して自然治癒する?


足の裏のイボは歩く距離が長い方やアスリートの中には頻繁にできたりする方もいます。

もちろんそれは、魚の目やタコの可能性も高いですが、そのような硬い物質や固まりが高確率でできるのは事実だと思って受け止めてください。

基本的にウイルスが原因となっているこのイボは治療しなくても免疫力がきちんと働いている方ならば2年以内に6割の方が治ると言われているのです。

しかし、治らない人もいるのが事実なので、全く改善されそうに無いと感じたらすぐに病院に行って正しい処方をしてもらった方がいいでしょう。

結論として、治る確率はそこそこ高いが治らないこともあるので、自分なりの治療をして全く改善の余地が見られないのならすぐに病院に行った方がいいと思われると良いでしょう。

足裏のイボの治療法は?


足の裏のイボがウイルス性のイボだった場合は、液体窒素療法や薬を使うのが一般的です。

液体窒素療法は-196℃で液化した窒素を綿棒にしみこませて患部を何度も焼くというやり方です。

綿棒では細かい部分ができないと言うこともあるのでスプレー式の治療法も併用している病院が増えているようです。

ただし、何度か通う必要がありますし、痛みも相当なものなのである程度の覚悟が必要になります。

この治療法がいやで時間がかかってもいいから痛みが少ないものがいいという方は、薬を使った方法になるでしょう。

また、民間療法に聞こえるかもしれませんがダクトテープを使ったやり方もちょっと話題になっているようです。

これはアメリカのワシントン州マディガン陸軍医療センターで研究結果として「ダクトテープ閉塞治療が液体窒素による従来の治療よりも効果的」というものを提出しているのです。

実際に日本の一部の病院でも実行しているようです。

これはダクトテープをちょうどいいサイズに切った後にメッシュテープなどで固定するというシンプルなものです。


Sponsored Link


イボと魚の目の違い


先ほど記載したようにイボは元々の原因がウイルスにあります。

しかし、魚の目は靴擦れなどの刺激を頻繁に受けることで発生する角質層の問題です。

魚の目もひどくなると白い芯が魚の目のようにはっきりと見えるようになり角質層から表皮にめり込み、さらには奥の真皮へ到達することで神経を圧迫するようになるので痛みが出るのです。

しかし、ウイルス性のイボの場合は表面が粒上にボコボコしており、灰色や茶色に変色することも多いので、魚の目とは見た目も異なるのです。

血管の断端がよく見ると見えてくるとも言われております。

つまり、魚の目とイボはこのように原因が異なるので、魚の目の対処法をイボに行ったとしても効果が出ないと言うことです。

ウイルス性のイボなのでウイルスをどうにかしないと治りませんし、魚の目の場合は角質層の変化なのでウイルスに効果があるものを使っても効果がありません。

イボの予防法は?


このイボを予防する方法はいくつかあります。

たとえば、靴を履く前に足を洗って消毒するようにするとか、足を酷使した後はウイルスを除去するために洗面器などにお湯を入れてお酢を30ml程度入れてしばらくつけることで殺菌するとか、お風呂で角質を落とすようにするとか、念入りに洗うようにするとか、免疫力を減らさないようにするために規則正しい生活をするといったものでしょうか。

基本的にこのウイルス性のイボは傷ができなければ発生することはありませんし、仮にこのウイルスが侵入したとしても、ある程度の免疫力があれば発症させること無く封じ込めることも可能なので、侵入率から考えると発症することのほうが少ないとすら言われているのです。

イボは病院で診てもらうべき?


個人的にはそこまで病院で診てもらう必要は無いと思っております。

なぜなら、足の裏のイボや魚の目といったトラブルに対しての対処法というのは色々と民間療法がたくさん存在しているので、それらをすべて試してからでも問題ないだろうと考えているからです。

もちろん、歩くのが不自由になるレベルの障害が出ているのなら即刻皮膚科に診てもらうのが正解と思いますが、ちょっと気になる程度で支障が無い程度なら、民間療法などを一通り試して規則正しい生活をして免疫力を上げる方に舵を切ってもいいでしょう。

勿論、最初から病院に行くものOKです。

イボはうつる?


これがなかなかにやっかいな問題で、うつる可能性も一応はあると言えるでしょう。

何故このようにあやふやなのかというと、インフルエンザウイルスのように強力なウイルスというわけでは無いので、うつったら発症確定というものではないからです。

つまり、ウイルスが他の人にうつったとしてもその人が健康な方ならば発症すること無く終わってしまう可能性の方が高いということになります。

しかし、子供のように免疫力が低い場合は、一気に感染が広がることもあると言われているので、免疫力が弱めの方は注意した方がいいでしょう。

 

イボに関しましては次のページも参考にしてください。

顔のイボの治し方【レーザー・液体窒素・イボ取りクリーム】

イボは液体窒素療法で治らないのか!治療経過【期間・回数】は?

ウイルス性イボは自然治癒するのか!液体窒素や木酢液で治療?

いぼ痔の治し方【放置して自然治癒か病院で薬?】や症状と原因

首のイボの皮膚科での取り方や市販薬やクリームで自分で取る方法

 

足裏のいぼの治療法や症状と原因!放置して自然治癒する?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は足の裏のイボについて記載して参りました。

足裏のトラブルというのは頻度が高い上に、けっこう治らなかったりするので多くの方々がやっかいだと感じているものとなっております。

水虫・イボ・魚の目などは、よくなる症状ではありますが、ひどくなればなるほど治るまで時間がかかってしまうものばかりなので、症状を見て「これは家の中の治療では無理」と判断したのなら、早急に病院で診てもらうようにしてください。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)