イボは液体窒素療法で治らないのか!治療経過【期間・回数】は?

イボは液体窒素療法で治らないのか!治療経過【期間・回数】は?

イボの液体窒素治療の費用!痛いのかと水ぶくれや血豆ができる?

イボだとはっきり認識できる大きさになってしまうとすっごく気になるのですが、なかなか治らない傾向があるので治療しないで放置してしまう人もいます。

液体窒素を使えば治るといわれていますが、治療経過やその期間および回数など分からないことが多いかと思います。

そこで、今回はイボ液体窒素治療について調べていきたいと思います。


Sponsored Link


イボの液体窒素療法とは?スプレーを使う?


顔や体にできてしまったイボというのはおそらく多くの方が体験したものだと思います。

しかし、人目につかない場所だった場合は放置しているという人も多いでしょう。

逆に、人目につく場所にできてしまったらどうにかして除去したいと行動を開始すると思います。

しかし、イボにもいろいろと種類があるのでその種類によって治療方法も分けられているのです。

一般的には液体窒素が基本なのですが、液体窒素が有効になるのはウイルスが原因のイボだけで、老化や肌への刺激が原因となってできたイボには効果がありません。

このウイルス性のイボというのはヒトパーマウイルス(HPV)が皮膚や粘膜に感染することで発症するものであり、傷口から侵入して作り出されることが多いのです。

免疫力や肌のバリア機能が低下している大人や子供に頻繁にできます。

液体窒素を使う理由がイボができた部分を急激に冷やすことで皮ふ表面の異常組織を壊死させて、下から新しい皮膚を再生させることで皮膚の奥にいるウイルスを表面に押し上げることにありますので、治療は繰り返し何度か行うことになるのです。

なので、イボを医師に見せて液体窒素で治るのかどうかを判断して使うことになるのが基本となるでしょう。

やり方は病院によって異なり、マイナス196℃の超低温度の綿棒を患部に当てるとか、スプレー式で拭きかけるとかいろいろとあるようです。

イボの液体窒素治療は痛い?そのレベルは?


この治療の最大の問題は、痛みが激しいということです。

もちろん、この痛みのレベルも人によって異なるようですが、皮膚を低温やけど状態に無理やりさせて治療を行う療法なので、痛みが出るのはしょうがないものになっているようです。

その感じ方もかなり差があって、綿棒で当てられた瞬間に熱さや痛みを感じる人もいれば、徐々に痛みを感じてきて治療後が痛いという人もいます。

この痛みは非常に強く出る人もいるので、耐え切れずに止めてしまう人もいるようです。

何回か行う必要があるり、慣れていく人もいます。

痛みの強さについてよく聞かれるようですが、上記のように我慢できないほどの痛みを感じる人もいれば、そこまで感じない人もいるのでやってみないとわからないという感じかと思います。

イボは液体窒素療法では治らない場合もある?


痛い思いをしていながら全く効果がないとなってしまったら間違いなく皆さん怒るでしょうが、ウイルス性のイボではなかった場合はほとんど治らない状況になります。

例えば脂漏性角化症のような老人性イボと呼ばれるものではウイルスが原因ではないので効果は薄いでしょうし、古い角質などが皮膚表面にたまってできたスキンタッグもウイルス性のイボではないので効果は期待できません。

また、ウイルス性のイボだった場合でも、治療段階で水膨れやカサブタができるのでそれをいじり続けてしまうとむしろ悪化することもあるので、治らなくなってしまうケースもあります

ムズムズとした感覚があるのでいらいらするのはわかりますが、状況が悪化して治りにくくなるので治療中は触らないようにしましょう。

また、イボが取れてすぐの皮膚は確実に弱くなっているので紫外線による色素沈着が発生する可能性もあります。

イボとは違いますが別の肌トラブルにつながる危険性もあるので直射日光には気を付ける必要があるのです。

イボの液体窒素治療で水ぶくれや血豆ができることもある?


イボの治療では液体窒素を当てることで除去するという方法なので、水膨れやカサブタや血豆ができる可能性は高いです。


Sponsored Link


しかし、それは治療段階でできてしまうものなので、無理にいじるのはやめましょう。

治療を続けることでイボとともにカサブタなども剥がれ落ちていくようです。

イボの液体窒素治療の間隔や回数・期間は?


これはイボの大きさや状態にもよります。

最初のうちは液体窒素を含ませた綿棒を患部に当てるのですが、この回数がイボの状態によってかなり変わってきます。

小さなものや皮膚の薄い部分ならだいたい2~3回で終わるので2週間程度で治療が終わるでしょう。

これが手のひらや足の裏のような皮膚が厚い場所になると15回程度必要になってしまうことがあるので半年程度かかってしまうこともあります。

治療間隔については1週間に1回が目安なので、回数が増えれば増えるほど治療期間も延びると考えてください。

イボの液体窒素治療で治る経過は?


イボの治療経過は液体窒素をイボに当てる⇒水膨れがかさぶたになる⇒角質が少し黒くなり場合によっては血豆や水膨れが再度できる⇒水膨れや血豆がなくなってかさぶたはイボとともにはがれるといった形です。

基本的に最初の段階かかさぶたができるまでは5日程度で、血豆や水膨れが再度できるのはそこから2日程度経過したとき、そこから3日程度経過すれば治療はほぼ終了という形になるのです。

イボの液体窒素治療の費用は?


イボの液体窒素治療は健康保険が適用されるので、1回1回はそこまで高くありません。

1回の診察で1000円程度になるといわれているので、仮に5回ほど通った場合は5000円程度になると考えてください。

ただし、イボのできた場所や状態次第では10回以上通う必要が出てしまうので、その場合は1回1000円でも1万円以上かかってしまう計算になってしまいます。

子供にイボ!液体窒素治療中にプールに入っても良い?


そして、気になるのが治療中の行動制限です。

例えば骨折などの怪我を負っている場合は体育は参加できなくなってしまいますが、イボの治療中という微妙なものだとどうなのでしょうか。

これはいろいろと調べてみましたがウイルス性のイボであったとしても、このウイルス自体の感染力はそこまで高くないので入っても問題ないという意見のほうが多かったです。

それでも、感染力が全くないというわけではありませんので、プールやお風呂に入る場合は絆創膏やテープを貼りながら入ったほうがいいという意見もありました。

気にするなという言葉もあったのですが、文部科学省ではプール禁止という規制を設けてはいないので、入ってはいけないものではないようです。

このように非常に扱いが微妙なので、学校ごとに確認したほうがいいかもしれません。

 

イボに関しましては次のページも参考にしてください。

顔のイボの治し方【レーザー・液体窒素・イボ取りクリーム】

足裏のいぼの治療法や症状と原因!放置して自然治癒する?

ウイルス性イボは自然治癒するのか!液体窒素や木酢液で治療?

いぼ痔の治し方【放置して自然治癒か病院で薬?】や症状と原因

首のイボの皮膚科での取り方や市販薬やクリームで自分で取る方法

 

イボは液体窒素療法で治らないのか!治療経過【期間・回数】は?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はイボ治療について調べてまいりました。

基本的にウイルス性のイボでは液体窒素による治療で治るようですが、この治療はなかなかに痛みが伴うものとなるので、我慢するのがつらいという人も多いでしょう。

それ以外の治療法ももちろん存在しますので、どうしても痛みがつらいという方は医師と相談したほうがいいでしょう。

液体窒素治療は一回で治るものではないので、何回か続ける必要があり、耐えられなくなる可能性があります。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)