湿疹で全身にかゆみが広がる原因は?新生児の対処法は?

湿疹で全身にかゆみが広がる原因は?新生児の対処法は?

全身にかゆみが広がる湿疹の原因について

かゆみを伴った湿疹全身広がると非常にしんどいですよね。

そのため原因を早めに特定して、一秒でも早く治したいと願われている方も多いです。

また、新生児において全身湿疹が起きてしまうと親の方々は非常に焦ってしまうでしょう。

そこで、今回は湿疹全身かゆみ広がる原因は何か、新生児対処法はどうしたらいいのかをお伝えします。


Sponsored Link


全身に出る湿疹の症状は?赤い?

sissin-syoujyou
湿疹は頭から足まで全身のあらゆる場所にできるものなのですが、全身に湿疹が出る場合は重症化する前に専門医に診てもらうことが先決となります。

全身に出る湿疹は蕁麻疹・疥癬・体部白癬・薬物性肝障害・扁平苔癬・水疱性類天疱瘡・皮脂減少性皮膚炎・接触皮膚炎・貨幣状皮膚炎・成人のアトピー性皮膚炎などです。

これらの病気は全身性の発疹があるので、全身症状となることがあります。

こういった症状は全て全身に湿疹ができる可能性のあるものとなっていますが、蕁麻疹の場合は症状が出たとしても他の湿疹とは違い半日以内に症状は治るでしょう。

また、発疹の症状の他に水ぶくれが生じたり、痛みやかゆみが生じることもあり、場合によっては発熱を伴うこともあります。

湿疹で全身にかゆみが広がる原因は?

fuusin-nani
湿疹は軽い症状なら数か所ですみ、少し重くなったとしても腕の一部などの局所的な部位で済みます。

それが全身に広がってしまった場合は、症状がかなり深刻なものになっていると言えるでしょう。

まず考えられるのは、はしかや風疹といった病気による発疹でしょう。

それか重いアレルギー反応が該当します。

また、寒冷蕁麻疹や温熱蕁麻疹のような冷たさや温かさに触れることで生じる蕁麻疹は全身性のものもあるので、この湿疹の可能性もあります。

他にはダニが原因となることもあります。

これ以外にも原因は多数あります。

まず考え方として化学物質・ハウスダスト・ダニ・花粉・紫外線・細菌・化粧品といった外的因子からの刺激によって起こる場合と、乾燥肌・アレルギー体質・皮脂分泌異常・発汗異常などの体内側の内的要因のどちらによって引き起こされているのかを判別しましょう。

新生児の赤ちゃんの全身に出る湿疹の原因と対処法は?

fusin-syoujyou-akacyan
赤ちゃんが全身に湿疹が出た場合は、乾燥による湿疹・あせも・アトピー性皮膚炎のどれかが該当するでしょう。

乾燥による湿疹は赤ちゃんにはよく起こる症状で、赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすいものとなっているのです。

対処法はとにかく乾燥させないこと。

保湿剤を使ってきちんとケアしてあげましょう。

あせもも赤ちゃんの肌トラブルとしてよくあるものです。

赤ちゃんは汗をかきやすく夏場は放置してしまうと全身びしょびしょになっていることもあります。あせも対策は小まめに汗を拭いてあげることです。

そして一番対処に困るのがアトピー性皮膚炎です。

これはハウスダストや食べ物などその赤ちゃんのアレルギーの元が原因で、まずは原因となるものからは距離をとるようにして、肌を綺麗な状態に保つようにしてください。

アトピー性皮膚炎は原因特定が困難なので病院で診てもらうようにしましょう。

全身にかゆくない湿疹が出る原因は?

ikaiyou-syujyutugo
全身にかゆくない湿疹が広がることで考えられるのはジベルバラ色粃糠疹やはしかや風疹といった病気でしょう。

はしかと風疹は聞いたことがあると思いますが、ジベルバラ色粃糠疹は知らない人のほうが多いと思います。

これは数ミリほどの赤い斑点が腹部や背部を中心に出てくることが多いですが、その後全身に広がることもあるもので、個々の斑点は楕円状になっております。

痒みは軽いことが多いようで、人によっては全く痒みが出ないこともあるようです。

湿疹が全身に出て熱を伴うこともある?

kyusei-jinfuzen-mansei
全身に湿疹が出て熱を伴う場合は、はしかと風疹が代表的なものとなっています。


Sponsored Link


その他にも突発性発疹や川崎病などが該当します。

まず、はしかは麻疹ウイルスが原因で非常に感染力が高いものとなっています。

症状は37~38度の発熱・咳・くしゃみ・鼻水などが最初の2~3日にでてきて、3~4日目に口の中に白い斑点がでてきます。

これが出てくるとはしかと診断されるようです。

そしてこの時期から体全体に発疹が広がることになります。

発疹が出てから4~5日経過すると解熱されるようになります。

風疹は軽い風邪の症状から始まって発熱が発生し、その翌日ぐらいに顔に発疹が出て全身に一気に広がります。

これは大人のほうが症状がひどくなることが多く、熱が39度以上になることもあるようです。

突発性発疹は急に38~39度、ときには40度近い高熱を出し、3~4日ほどその高熱が続いて37度くらいまで熱が下がります。

その日か翌日に発疹が背中やお尻に出始めて全身に広がる病気です。

発疹は2~3日は目立つものとなりますが次第に薄れていきます。

90%は1才未満がかかる病気ですがかっていない点も多い病気となっています。

川崎病はいまだ原因が不明の研究段階の病気ですが、4歳未満の乳幼児の罹患率が高いので子供は注意する必要がある病気となっています。

症状は39度~40度の高熱が5日以上続き、首のリンパ節が腫れ、発熱の数日後に全身に広がる発疹が出てくるようにな
り、両目が充血して手足が赤くなってむくんできます。さらに唇が腫れてイチゴ舌になってしまうようです。

湿疹と蕁麻疹の違いは?

manseisinfuzen-teigi
蕁麻疹と湿疹の簡単な見分け方は症状が出ている時間です。

蕁麻疹は大抵の場合、何時間か経過すると治まりますが、湿疹は発症してから数日から1週間は続きます

そして、蕁麻疹は夕方から夜に症状が出て朝から夕方までは症状が消えるといった出没を繰り返すことがありますが、湿疹は症状が持続して悪化していくものとなっています。

症状も異なることが多く、湿疹の場合は赤いぶつぶつの症状が進行すると水泡になって破れて表面がジュクジュクしたものになることがあります。

しかし蕁麻疹では水ぶくれになることはありません

治療方法も多少異なり、湿疹の場合はステロイド外用剤のような塗り薬が中心となり痒みが強い場合は抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤内服を用います。

そして蕁麻疹の場合はヒスタミンの働きを防ぐために抗ヒスタミン剤の内服か注射が行われます。

または抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬を使うこともあるでしょう。

 

湿疹に関しましては次のページも参考にしてください。

手の湿疹の症状【痛い・かゆいなど】と原因や治し方

日光での湿疹の症状は?原因や治療・予防法は?赤ちゃんは?

乳児の湿疹のケアは?馬油・ワセリン・ステロイドが有効?

乳児の湿疹はいつからいつまで続く?原因はママの食事で母乳?

頭皮湿疹のストレスなど原因は?かさぶたなど治療法や市販薬は?

顔・手・腕・足・お腹・背中などのかゆくない湿疹の原因は?

湿疹の種類と症状は?治らない原因や治療・予防法は?

腕の湿疹はかゆくない?原因【ストレス・ダニなど】対策は?

 

湿疹で全身にかゆみが広がる原因は?新生児の対処法は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は湿疹で全身にかゆみが広がる原因は何か、新生児の対処法はどうしたらいいのかをお伝えしました。

全身に湿疹が出る症状はそこまで豊富ではありませんが、症状が重くなる傾向にあるのでもし発症した場合には早めに病院に行って原因を特定し病名をはっきりさせましょう。

特に熱を伴った病気であるなら、はしかや風疹といった重い症状が出る病気の可能性があるので早めに対処するのが有効と言えます。

また、赤ちゃんの場合あせもや乾燥による湿疹はよくでてくるので、そうならないためにもしっかりと肌のケアを行ってあせもができないように拭いてあげるようにしてください。

赤ちゃんは様態をうまく伝えることができないので、保護者の方が様子に気が付いて対処することが本当に大切になります。

できる限り、放置はしないで何かあったらすぐ対応できるようにしましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)