網膜剥離の手術は痛みを伴う怖いもの?手術時間やリスクは?

網膜剥離の手術は痛みを伴う怖いもの?手術時間やリスクは?

網膜剥離の手術の方法や痛み・成功率などについて

網膜剥離は失明の危険性があるので例えリスクがあったとしても手術を受けることが大切となってきます。

しかし手術怖いと思う人も多く、どれくらい手術時間がかかるのかや、痛みはあるのかなど気になりますよね?

そこで今回は網膜剥離手術痛みを伴う怖いものなのか、手術時間リスクはどうなっているのかをお伝えします。


Sponsored Link


網膜剥離の手術方法は?レーザー?

moumakuhakuri-syujyutu
網膜剥離になる前段階として網膜に裂孔や裂け目が発生していることがあります。

この状態が悪化すると網膜剥離になってしまうのですが、この段階の手術なら現代医療ではレーザー治療が適切と言われています。

これは手術というよりも治療と言えるもので、1時間以内に終わることが多い方法です。

そして痛みもほとんどなく日帰りが可能となっているため、最も好まれている方法となっています。

しかし完全に網膜剥離にまで進んでしまった場合はこの方法は使えないケースが多いです。

その場合は目の硝子体という部分の中に器具を挿入する硝子体手術、あるいは眼内に手術器具を入れないで眼球の外だけで治療するバックリング手術のどちらかを患者の状態に合わせて医師が選択することになるでしょう。

理想なのがこの手術で回復できるレベルの状態であることだと言えるでしょう。

網膜剥離の手術では全身麻酔する?

moumakuhakuri-masui
手術において必須ともいえるのが麻酔の使用になりますが、全身麻酔は体に大きな負担をかけるので基本は局所麻酔となっているケースが多いです。

この部分は手術を担当する医師や病院によって考え方が変わってくる部分なので、場合によっては全身麻酔を推奨されることもそれなりにあるでしょう。

他にも全身麻酔か局所麻酔かを選択できるケースもあるようです。

しかし医学的な問題で全身麻酔をするのが危険であると判断された場合は局所麻酔において対応することになります。

局所麻酔は眼球の後ろへ向かって麻酔薬を注入することになりますが、あくまで局所麻酔なので意識ははっきりした状態で行うことになるでしょう。

その時は絶対に顔を動かしてはいけません。

網膜剥離の手術は痛みを伴う?

moumakuhakuri-itami
網膜剥離による手術は局所麻酔か全身麻酔のどちらかを使うのが基本となっているので、痛みを伴うことはほとんどありません

逆に一番最初に行うことになる麻酔が一番痛いとすら言われています。手術を経験した人の体験談だと手術中は大したことはないと公言していました。

そのため、手術が怖いとか痛いのは嫌だという人たちでも受けることができる手術と言えるでしょう。

怖がりの人たちでも耐えることができたという声もありますので、痛みを伴うことはほとんどないと考えたほうがいいでしょう。

ただし手術自体が怖いというなら話は別になってくるので、不安をぬぐいきれない場合はとにかくリラックスして、手術しないほうが大変であると考え勇気を出すようにしましょう。

網膜剥離の手術時間や入院日数は?

moumakuhakuri-jikan
網膜剥離の主な手術方法は強膜バックリングと硝子体手術になるのですが、強膜バックリング手術は1時間前後で硝子体手術は2時間から3時間前後と言われています。

多少手術にかかる時間は変わってきますが、入院期間はほとんど同じと言われていますが強膜バックリングは1~2週間で硝子体手術は1~3週間ぐらいかかるようです。

網膜剥離の手術の費用は?

moumakuhakuri-hiyou
網膜剥離を治療するための手術費用がどうなっているのかを検証していきます。

まずかかる自己費用は3割負担となっています。そしてレーザー治療のみの場合は5~6万円ぐらいといわれていますが、レーザー治療では済まない場合はもっと費用が掛かるようです。


Sponsored Link


実際にかかる手術費用は手術単体なら3割負担で6万円ぐらいで済むようですが、手術の場合はたくさんの薬剤を利用してさらには一定の入院期間が発生するので、その代金だけでは済みません

それらを加味したうえで手術を行って退院するまでの費用をすべてひっくるめると、だいたい20~30万円かかると考えたほうがいいでしょう。

また、加入している生命保険次第で手術給付金が出るケースもあるので、手術や治療が必要な場合は保険会社に問い合わせをすることを強くおすすめします。

網膜剥離の手術のリスクは?成功率は?

moumakuhakuri-seikouritu
網膜剥離は完全に失明してしまってから手術をしたとしても、失明からの回復はほとんど期待できません

そうなる前に早く手術を行うことが大切になります。

網膜剥離の手術における成功率は昔と比べてかなり上昇していて90~95%は手術で網膜をもとの状態に戻せると言われているようです。

しかし症状があまりにも進行していると一回の手術では終わらないことが多いので2・3回眼の手術を行うこともあるようです。

ただし、患者が糖尿病などの網膜剥離になる因子をもっている場合は再発するリスクが高くなるため先ほどの成功率が多少下がってしまうでしょう。

そのため糖尿病などのリスクがある場合は、まずはそちらの改善に努めることも大切になります。

網膜剥離の手術後は何故うつ伏せ寝?

moumakuhakuri-utubusene
網膜剥離は手術を行った後に合併症を引き起こす危険性があるので、安静にすることが大切になります。

この時行われた手術が硝子体手術の場合はうつ伏せの姿勢を推奨されるようになるでしょう。

なぜならこの手術は網膜を内から押さえる為に眼の中に空気と無害なガスを入れているのでうつ伏せにしないと網膜を抑えることができません。

このうつ伏せの期間は使ったガスの種類や眼の状態によって変わってきますが、だいたい3~5日はうつぶせの状態になるようです。

これは「食事のときどうするの!?」と思ってしまうかもしれませんが、起きている時も基本下を向いている必要があるので、食事の時も歯を磨くときも下を向くことになるでしょう。

しかし、この下向きの生活は思ったよりも苦しものではなく、むしろうつ伏せでひたすら寝ている体制でいるほうがつらくなるようです。

網膜剥離の手術後の経過と生活の注意点は?

moumakuhakuri-keika
網膜剥離の手術によってはうつ伏せ生活も余儀なくされますが、それは網膜剥離を治すために必須な行動なので必ず守る必要があります。

それ以外にも術後2~3か月は最も再発する危険性がある期間と言われているので、たとえ退院したとしても3カ月以内は無理な運動や眼の酷使は自重するようになるかと思います

おそらく退院する時に医師からその旨を説明されることになるはずです。

スマホやパソコンが大幅に普及したために目は酷使されやすい環境にありますが、しばらくは距離を置くことを心がけてください。

また、先にもお伝えしたとおり糖尿病などの網膜剥離になる可能性のある病気を患っている人はそちらの治療も確実に行うようにしましょう。

治療後半年~1年が経過して、再発していなければ安心であると考えられているので、再発を気にしている人は半年を目途とするようにしてみてはいかがでしょうか。

 

網膜剥離につきましては次のページも参考にしてください。

網膜剥離裂孔とは?症状や原因・レーザー手術など治療法は?

網膜剥離の予防方法【食事・目薬・サプリメント・レーザー】

網膜剥離の原因は?ストレスやコンタクト・白内障・アトピー?

網膜剥離で失明する確率は?移植で回復?糖尿病から起こる?

網膜剥離の失明の危険性は?前兆や検査・治療・再発について

 

網膜剥離の手術は痛みを伴う怖いもの?手術時間やリスクは?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は網膜剥離の手術は痛みを伴う怖いものなのか、手術時間やリスクはどうなっているのかをお伝えしました。

手術は痛みを伴うものではなくむしろ麻酔のほうが痛いと言われているようなので、手術による痛みにおびえる必要はないと言えるでしょう。

しかし手術後のうつ伏せで過ごす期間がつらいという声が予想以上に多かったので、その部分について手術前に医師にどのように過ごせば楽になるのか確認するようにしたほうがいいでしょう。

また手術が遅れてしまうと失明の危険性があるのが網膜剥離なので、早めの手術を心がけることが体的にも金銭的にも大切なこととなってくるかと思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)