紫外線で目が痛い時の目薬は?日焼けの影響で充血?

紫外線で目が痛い時の目薬は?日焼けの影響で充血?

紫外線の影響で目が充血し痛みが出た時の目薬など対策

紫外線影響を受けます。長い時間外にいて、目が充血したり、目が痛いと感じたりした時は、目の日焼けによるものかもしれません。このページではそのような時の目薬などの対策や紫外線の影響により起こりうる病気予防方法などについて記載したいと思います。目のUVケアにお役だけいただけますと幸いです。


Sponsored Link


1.紫外線による目の日焼けと充血

sigaisen

 

「日焼け」というと肌を思い浮かべるでしょう。でも目も紫外線が当たると日焼けします。長時間外にいて、目が充血したご経験はないでしょうか?あるいはそういった話を他の人から聞いたことはないでしょうか?

 

外にいて日光を浴びていると、目にも紫外線が入ってきます。長時間紫外線を目に浴び続けていると目の結膜(白目部)や角膜(黒目部)といったところがダメージを受けます

 

すると白目部が赤く充血したり、涙が出てきたり、異物感があったりと、目に異常が現れます。紫外線を浴びすぎると白内障など目の病気になる場合があるので、しっかり対策を取る必要があります。

 

目が日焼けしているかどうかの確認方法ですが、充血している範囲が日差しのあたる部分のみの場合は日焼けしていると考えられます。もしまぶたの下など日が当たらない部分も充血しているようでしたら、日焼けではなく寝不足や目の酷使などからかもしれません。

 

その他の紫外線に関することにつきましては次のページをご参照ください。

紫外線アレルギーの治療薬など対策は?グッズや食べ物は?
紫外線吸収剤のメカニズムは?カプセルやフリー製品は安全?
紫外線量の多い時間帯【各都道府県の月別データ】 グラフ
赤ちゃんへの紫外線の影響は?湿疹アレルギー対策グッズは?

 

2.紫外線の影響による目の病気

 

紫外線を浴びすぎることによってひき起こされる可能性のある病気には次のようなものがあります。

①白内障

hakunaisyou

 

目の中にある水晶体が白く濁り、視界が全体的に白っぽくかすんで見えたり、視力が低下したり、光がまぶしく感じたり、視界が暗く感じたり、暗い時と明るい時で見え方が違ったり、物が二重、三重に見えたりといった症状が現れたりします

 

白内障を改善させる方法は基本的に手術になりますが、すぐに手術しなければならないというような緊急性のあるものではありません。ただ進行すると失明の可能性もありますので、定期的に検査を行った方が良いでしょう。

 

②翼状片(よくじょうへん)

yokujyou

画像出典:http://www.hirataganka.com/news/102/

 

白目の表面を覆っている半透明の膜である結膜が、目頭の方から黒目に三角形状に入り込むといった症状が現れます。目の充血や異物感などを伴います。鏡で自分の目をみれば一目瞭然で分かります。

 

③瞼裂斑(けんれつはん)

kenretu

画像出典:http://www.hirataganka.com/news/102/

 

白目部分のタンパク質が変性してしまい、白目に黄色(白っぽい場合もあります)く濁り盛り上ったシミのようなものができます。炎症を伴う瞼裂斑炎の場合は充血して赤っぽくなります。充血を引き起こします。

 

④急性の紫外線角膜炎

shigaisen-kakumakuen

画像出典:http://www.iyakuma.com/

 

結膜(白目部分)の充血や異物感、酷くなると強い痛みを感じます。昼間に紫外線を浴びた場合、夜から翌朝にかけて発症しますが、多くは24~48時間で自然に治ります。

 

目から頭痛や肩こりを起こす場合もあります。次のページをご参考にしてください。

ガッテンの目のメークで頭痛・肩こり・腰痛が改善?

 

3.紫外線による目の日焼け予防法

sunglass

 

紫外線によって目の病気になる可能性もあることから、しっかり対策を講じたいものです。

 

目の紫外線の影響を防ぐのに最も効果的なのはサングラスです。UVカット機能を持ったサングラスならば、目に入ってくる紫外線の約90%を防ぐことができると言われています。

 

ただ、色の濃いレンズの場合、目の瞳孔が開いてしまうことから逆効果になる場合もあるので薄い色の方が効果的です。また、目に照射される光は正面方向だけでなく、上下左右のあらゆる方向から入ってくるので顔にフィットしたある程度の大きさのサングラスがおすすめです。

 

それから普通のメガネやコンタクトレンズでもUV対策されているものがあり、中には99.9%紫外線をカットするようなものもあるようです。

 

その他の予防法としては日傘を使ったり、ツバのついた帽子をかぶったりというものがあります。帽子の場合はツバの長いものや麦わら帽子のように360度ツバのついているものがより効果的かと思います。

 

暑い日は熱中症にも気をつけなければなりません。熱中症につきましては次のページをご参照ください。

熱中症の頭痛の治し方は?吐き気や寒気を伴う場合は?
赤ちゃんの熱中症のサインは?対策グッズなど予防法は?
熱中症の予防法は?食べ物や飲み物など対策について
熱中症の治療のガイドラインや病院にかかる期間及び後遺症
熱中症の症状【寒気・発熱・頭痛・下痢・吐き気など】と処置
犬の熱中症の症状や後遺症・死亡の危険は?処置や予防法は?

 

4.紫外線により目が痛い場合の対策

menoitami

 

目に紫外線を浴びすぎると、目が痛くなることもあります。その場合対策としては次のようなものがあります。


Sponsored Link


①目を休める

meyasumu

 

基本的なことかもしれませんが、やはり目がダメージを受けているので、回復させてあげなければなりません。より早く回復させてあげるには目を休めることが大切ですね。

 

②目を冷やす

hanaatatameru

 

紫外線で目が炎症を起こしているので、冷してあげましょう。タオルに水を含ませ適度に絞り目に当てればOKです。ただしあまり長時間冷し続けないようにしましょう。

 

③目薬をさす

megusuri

 

紫外線によって引き起こされた炎症に特化した目薬をさしてしばらく様子を見ます。普通であれば3日以内で回復します。なかなか痛みが解消されないようでしたら、眼科を受診することをおすすめします。

 

紫外線を浴びすぎるとで皮膚がんになる可能性を高めてしまいます。癌に関することにつきましては次のページを参考にしてください。

主治医が見つかる診療所 がんの早期発見&完全予防

 

5.紫外線による目の痛み・炎症・充血におすすめの目薬

megusurisasu

 

紫外線による目の炎症や充血におすすめの目薬としては次のようなものがあります。ただし目薬の常用はあまりおすすめできません。どうしても紫外線を浴びて辛い時のみの使用とし、基本的には紫外線対策をしっかり行なって、目に負担をかけないようにしましょう。

 

①ロートUVキュア【ロート製薬】

rotouvkyua

 

【主な効果と成分】

 

●紫外線による炎症に鋭く効き目を発揮します【硫酸亜鉛水和物】

●「目やけ」による目の充血を取り除きます【ナファゾリン塩酸塩】

●新陳代謝を促進し、疲れ目を改善します【L-アスパラギン酸カリウム、アミノエチルスルホン酸、ビタミンB6】

●ピント調節機能を改善して、疲れ目を改善します【ネオスチグミンメチル硫酸塩】

 

楽天さんで購入できます。

★ 楽天 ロートUVキュア目薬 一覧 ★

 

②バイシンUV【武田薬品】

visine

 

【主な効果と成分】

 

●紫外線(UV)などによるダメージ(炎症など)を効果的に改善【硫酸亜鉛】

●傷ついた目の組織を回復し角膜を保護【コンドロイチン硫酸ナトリウム】

●目の充血にも高い効果を発揮します【塩酸テトラヒドロゾリン】

 

楽天さんで購入できます。

★ 楽天 バイシンUV 目薬 一覧 ★

 

③ノアールUV【佐藤製薬】

noaru

 

【主な効果と成分】

●紫外線による眼の不快な症状を緩和します【活性型ビタミンB2(FAD)、天然型ビタミンE】

●目の炎症を抑える【イプシロン-アミノカプロン酸】

●眼精疲労に効果をあらわす【メチル硫酸ネオスチグミン】

 

楽天さんで購入できます。

★ 楽天 ノアールUV目薬 一覧 ★

 

④サンテ ボーティエ【参天製薬】

santebothie

 

【主な効果と成分】

 

●瞳の細胞組織のターンオーバーを促進【タウリン】

●目の炎症・かゆみの原因、ヒスタミンの働きを抑制【クロルフェニラミンマレイン塩酸】

●ピント調節機能の働きを活発にし、目の疲れを癒す【ビタミンB12】

●角膜を保護・保湿するトリートメント成分【コンドロイチン硫酸エステルナトリウム】

●結膜(白目部)の充血をケア【塩酸テトラヒドロゾリン】

 

楽天さんで購入できます。

★ 楽天 サンテ ボーティエ目薬 一覧 ★

 

日焼けはシミの原因にもあります。シミに関する内容につきましては次のページを参考にしてください。

ためしてガッテンNHK 肌のシミ対策 がんのタネ?薬は?

 

6.紫外線が目から入ってメラニンが作られる?

me

 

メラニンは肌を紫外線から守ってくれる有り難い色素なのですが、日に当たってメラニンが過剰に生成されると日焼けしてシミの原因になります

 

それで日焼けしないように外出する際には肌に日焼け止めを塗ったりすると思うのですが、実は目に紫外線を浴びることで、脳が反応して「メラニンを作れ」と指令を出すそうです。

 

その指令を受けた肌は、メラニンを作り出すので、肌に直接紫外線があたらなくても、黒くなるそうです。やはり日焼け対策は目もしっかり行なっておきたいものですね。

 

頭痛に関することにつきましては次のページをご参照ください。

頭痛をこめかみ付近のツボで即効で治す方法
頭痛における右後頭部の鈍痛は大丈夫?
ガッテンの目のメークで頭痛・肩こり・腰痛が改善?

 

紫外線の影響で目が充血し痛みが出た時の目薬など対策まとめ

目も紫外線を浴びると日焼けしますが、その時、目が充血したり、痛みを伴ったりします。目に紫外線を浴びすぎると白内障や翼状片、瞼裂斑、紫外線角膜炎といった病気をひき起こす可能性もあるので予防することが大切です。予防法として最も有効なのはサングラスで、その他日傘や帽子の活用も挙げられます。紫外線により、目にダメージを受けた場合の対策としては目を休める、目を冷やす、目薬をさすといったものがあります。目に紫外線を浴びるとメラニンが作られ、肌の色が黒くなることも有り得るので、日焼け予防に目の対策は欠かせません。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)