赤ちゃんの熱中症のサインは?対策グッズなど予防法は?

赤ちゃんの熱中症のサインは?対策グッズなど予防法は?

赤ちゃんの熱中症のサインと予防法などについて

小さな赤ちゃんを持つお母さんは暑い時期がくると熱中症が気になるかと思います。まずはしっかり熱中症になると赤ちゃんがどのようなサインを出すのかを知っておいた上で、赤ちゃんの状態を把握するよう心掛けるといいでしょう。熱中症の対策グッズなどの予防法の他、赤ちゃんが出す熱中症のサインなどについて、このページでは記載したいと思います。


Sponsored Link


 

1.赤ちゃんの熱中症のサインと症状

akacyanneccyusyou

 

真夏日が増える5月から本格化する熱中症。体の小さい赤ちゃんは大人よりも熱中症になりやすいです。

 

それは、まだ体温調節機能が未発達である他、喉が渇いても、それを言葉で訴えられないですし、ベビーカーだと低い位置にいて地面からの放射熱によって、より高い気温下にさらされたりするからです。

 

更に赤ちゃんは大人の3倍と言われるほど汗をかきます。従いまして、赤ちゃんが熱中症にかからないよう親がしっかり状態をチェックしてあげる必要があります。

 

赤ちゃんの出す熱中症のサインには次のようなものがありますので、気温の高い日はしっかりチェックしてあげましょう。

 

①ほっぺたが赤くなっていて、触ってみると熱い

②なんとなく元気がなく、ぐったりしている感じがする

③母乳またはミルクの飲む量がいつもより多い

④おしっこの出る回数がいつもより少ない

⑤おしっこの色が濃い

⑦機嫌が悪い

⑧泣いているのに涙が出ていない

⑨すごくたくさん汗をかいている

次のような場合は危険信号です。

①発熱している

②6時間以上おしっこが出ていない

③呼びかけても反応がない

④嘔吐して水分が摂れない

⑤汗が少ないのに体が熱い

⑥手足がかなり冷たくなっている

 

赤ちゃんの無呼吸症候群や気管支炎につきましては次のページをご参照ください。

赤ちゃん【新生児や乳児】など子供の無呼吸症候群は危険?
気管支炎の症状と治療法は?赤ちゃんや子供の場合は?

 

2.赤ちゃんの熱中症の熱の症状

neccyusyosign

 

赤ちゃんが熱中症になった場合、何度くらいの熱が出るのでしょうか?まず赤ちゃんの平熱ですが、大人よりも体温が高く、37.5度までは平熱と考えて大丈夫です。これを超えた場合発熱と考えていいでしょう。

 

熱中症と考えられる場合に40℃以上の熱が出るようなことがあったら、これは熱中症のなかでも最も重い「熱射病」の可能性があります。このような場合は早急に病院に連れて行きましょう

 

赤ちゃんの「紫外線対策」や「下痢」につきましては次のページを参考にして下さい。

赤ちゃんへの紫外線の影響は?湿疹アレルギー対策グッズは?
乳児の下痢は母乳が原因?緑や黄色・血便の時は?離乳食は?

 

3.赤ちゃんの熱中症の応急処置

kazekodomo

 

赤ちゃんが熱中症にかかっているかもしれないという場合は、次のような応急処置が必要になります。

 

①涼しい場所に移動させる

風通しの良い日陰やエアコンの効いた部屋などに移動させます。

 

②衣服を緩ませ風通しをよくする

衣服内に溜まった熱を放出させてあげます。

 

③体を冷やしてあげる

冷たいタオルや保冷剤、冷えぴたシートなどを首の後ろやおでこ、脇の下、足の付け根などに当てます。

 

④水分と塩分補給を行う

熱中症は暑さによって大量の水分や塩分が体から失われ引き起こります。その失われた水分・塩分をしっかり補給させてあげます。

赤ちゃんの場合は1度にたくさん飲めませんので、スプーンなどで少しずつ、こまめに飲ませてあげましょう。水分を摂りたがらない場合は水分を含むものをあげるといいです。

例えばスイカ、夏みかん、パイナップル、メロン、ももといった果物の他、ゼリーなどがおすすめです。

 

危険信号の症状が出ている場合は早急に病院に電話を入れて、状態を伝え、すぐに診てもらえることを確認して連れて行ってあげましょう

 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎に関する内容につきましては次のページを参考にしてください。

アトピーの症状【赤ちゃん・子供・大人別】と治し方
赤ちゃんのアトピーの原因は母乳?治療など対策で治る?

 

4.赤ちゃんの熱中症の室内での予防対策

suzusiibasyo

 

何と言っても赤ちゃんが熱中症にさせないことが最も重要です。室内における予防対策を挙げると

 

①エアコンで室内を26~28度くらいになるよう調節する

 

②室内の湿度を40~60%に保たせる

湿度が高いと熱中症になりやすいです。エアコンのドライや除湿機を使うのが手っ取り早いですが、その他の方法として、窓を開けたり換気扇をまわしたりして部屋を喚起する、炭を置くといった方法があります。

 

③扇風機を回す

エアコンを使う場合でも、冷気が特定の部分に滞らないように扇風機を回すのは効果的です。まだ赤ちゃんに風を送るのも有効です。但し風に当て続けると体が冷えてしまうので、扇風機の首を振って、常時風があたらないようにしましょう。

 

④直射日光があたらないよう注意する

赤ちゃんはしゃべれないし、自分で移動することもできませんので、しっかりチェックしてあげることが大切です。カーテンで日光を遮ってしまうと良いでしょう。

⑤水分補給

室内にいても、暑さに応じて定期的に水分を補給してあげましょう。

 

赤ちゃんの風邪に関わる内容につきましては次のページを参考にしてください。

風邪の食事メニューは?のど風邪や子供や赤ちゃん用は?
授乳中の風邪での病院は何科?市販薬や葛根湯は?

 

5.赤ちゃんの熱中症のチャイルドシートの対策

childseet

 

車の中はエアコンを効かすので、赤ちゃんの熱中症は大丈夫と思いがちですが、意外にも赤ちゃんの背中を触ってみると汗びっしょりで、脱水症状をひき起こしている場合もあります

 

冷気が赤ちゃんの場所にしっかり届いていなかったり、日ざしの関係で赤ちゃんのいる場所の気温が高かったりということもあります。

 

そこで、車の中のチャイルドシートでの熱中症対策としては次のようなものがあります。

①サンシェードを設置する

babycar

 

いくらエアコンをかけていても日光が直接あたると暑いものです。サンシェードをつけて直射日光が当たるのを防ぎましょう。

 

②保冷シートを使う

horeiseet


Sponsored Link


画像出典:http://minkara.carview.co.jp/userid/

 

チャイルドシート用の保冷シートを使って、暑さを防ぎます。但し冷えすぎないよう注意する必要があります。

 

冷やし過ぎないように温度調節シートが付いているものもあるようです。この保冷シートはベビーカーにも使えます。

子供がかかりやすいノロウイルスのことに関しましては次のページを参考にして下さい。

ノロウィルスの症状 幼児と子供と大人の予防法
ためしてガッテン ノロウィルス対策となる消毒液や食品

 

6.赤ちゃんの熱中症の対策グッズ

チャイルドシートにおいてのグッズについては先に記載しましたが、その他のグッズとしてはつぎのようなものがあります。

①帽子

bousi

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/sunglobe/734063/

 

やはり日差しをさえぎってくれる定番は帽子ですね。ツバが長くUVカットのものが良いですね。

 

②ひんやりベスト

hinyarivest01

画像出典:http://pippichan-land.jp/SHOP/g_vest.html

 

保冷剤を使って体をひんやりさせるベスト。暑い日でも体が快適に過ごせます。

 

③ひんやりケット

hinyari-ket

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/emoor/nl-oc-ket/

 

さわるとひんやりとした感触の得られるひんやりケット。快適な布団内環境でぐっすり眠ることができます。ベビーカーで外出する時も使えますね。

 

④ベビーカー扇風機

babysenpuki

画像出典:http://ameblo.jp/19820922/entry-11589559369.html

 

小型で軽量の扇風機です。クリップでどこでも留められるので、車内やベビーカーでの外出時などでも赤ちゃんがより快適に過ごせます。

 

⑤デジタル温湿度計

onsitudokei

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/akio/o-244/

 

外出時にベビーカーなど赤ちゃんのそばにぶら下げておいて温度や湿度をチェックすることで、早めの熱中症対策が取れます。

 

⑥木綿の下着

momenshats

画像出典:http://www.rakuten.ne.jp/gold/harmonature/

 

木綿などの汗を吸収しやすい下着だと、体の熱が逃げていきやすいです。またゆったりしたものの方が熱が逃げて行きやすいのでおすすめです。

 

子供が感染しやすい病気のことにつきまして、次のページも参考にして下さい。

手足口病の感染力はいつまで?経路や大人の対策は?
りんご病の症状とかゆみについて 大人の場合は?妊婦は?
おたふく風邪は潜伏期間にうつるの?大人・妊婦は危険?
胃腸風邪の原因はストレスや食べ物が原因?症状と治療法は?

 

7.その他の赤ちゃんの熱中症対策として気をつけると良い点

dooropen

画像出典:http://winterdrive.web.fc2.com/0908/index.html

 

①車で外出する際は赤ちゃんを乗せる数分前くらいから窓を全開にしておくなどして車内の温度を下げておく。

②一日の最も暑い時間の外出は極力避ける

③ベビーカーで外出する際は、マンホールの上には止めないようにする

マンホールなどの鉄素材の上の温度はかなり高くなっています。

 

インフルエンザにつきましては次のページを参考にしてください。

インフルエンザ予防接種の効果はあるの?期間は?
インフルエンザ脳症の症状と予防法は?
インフルエンザワクチン 2015年度は4種類の4価

 

8.赤ちゃんの熱中症の飲み物の対策

jyunyu

 

赤ちゃんは体が小さいので大人ほど水分を体内に蓄積しておくことができません。従いましてこまめに水分補給する必要があります

 

熱中症対策で言われることとして、水分補給だけでなく塩分補給もしなくてはならないということですが、母乳を飲んでいる場合はしっかり電解質が入っていますので大丈夫です

 

母乳だけでは水分がちょっと足りないかなという場合は水や麦茶をあげるといいでしょう。母乳をあげていない場合は、赤ちゃん用のスポーツドリンクや電解質ドリンクといったものを飲ませてあげると良いです。

 

赤ちゃんだけでなく、熱中症のことにつきまして、次のページも参考にしてください。

犬の熱中症の症状や後遺症・死亡の危険は?処置や予防法は?
熱中症の頭痛の治し方は?吐き気や寒気を伴う場合は?
熱中症の予防法は?食べ物や飲み物など対策について
熱中症の治療のガイドラインや病院にかかる期間及び後遺症
熱中症の症状【寒気・発熱・頭痛・下痢・吐き気など】と処置

 

赤ちゃんの熱中症のサインは?対策グッズなど予防法は?まとめ

赤ちゃんが出す熱中症のサインとしてはぐったりして元気がなかったり、ものすごく汗をかいたりなど色々ありますので、暑い日は赤ちゃんの状態をこまめにチェックすることが大切です。特に危険信号のような症状が出た場合は応急処置を取ると同時に病院で診てもらう必要があります。赤ちゃんの熱中症の予防策については室内、外出時において様々ありますので、しっかりと対策を取って、暑い日を乗り越えて頂けたらと思います。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)