ぎっくり腰の症状の原因はストレス?

ぎっくり腰の症状の原因はストレス?

ぎっくり腰の症状の原因と対処法について

突然襲ってくる「ぎっくり腰」。

重いものを持った瞬間にという場合もあればそれほど腰に負担のかからない動作で突然ぎっくり腰の症状が出たり・・・その原因として考えられる1つがストレスです。

まずはぎっくり腰とはどのような症状なのかを記載したいと思います。腰痛とぎっくり腰との境目はよく分からいですよね?


Sponsored Link


ぎっくり腰とは

急に起こるぎっくり腰

ぎっくり腰とは急に腰に激痛が走る症状のことを言います。

上にも記載したように重たいものを持った瞬間やちょっと前かがみになった時、体を捻った時など、ふとした瞬間に腰に激痛が走った場合を言います。

ちなみにぎっくり腰は別名「急性腰痛症」とも呼ばれています。

一方の腰痛は普段から常に腰に負担がかかるなどで、急性ではなく慢性的に痛みを伴うものです。

腰のヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎分離すべり症といったものも腰痛の中に入ります。

 

腰痛や頚椎ヘルニアにつきましては次のページをご参照下さい。

腰痛の治し方 筋トレや体操・湿布・コルセットなどについて

頚椎ヘルニアの症状はどうやったら治るのか?その方法は?

 

ぎっくり腰の原因は?

ストレス

ストレス

では本題ですが、ぎっくり腰の症状の根本原因として「ストレス」が挙げられます。

それはなぜか?というと「ストレス」を受けると、自律神経という神経の働きが乱れ、血管が収縮することが分かっているからです。

血管が収縮すると血行が悪くなります。

ある程度血管が収縮するのは問題ないですが長時間続血行の悪い状態が続くと体全体の筋肉に栄養分や酸素が十分回らなくなります。

すると筋肉の状態が悪くなったり筋肉に老廃物が溜まったりします。

腰は体の要ですので、個人差はありますが、負担のかかりやすい場所です(一生の中で腰に痛みで悩まされる人は8割近いとも言われています)。

日頃からジワジワと腰に負担がかかっていく中、あるキャパを超えた時に「ぎっくり腰」が引き起こされるという流れです。

ただこの辺りは個人差があり、ぎっくり腰にはならず慢性的な腰痛となる人もいます。

こいういった事からぎっくり腰を起こす方は自律神経の乱れを整えるよう気をつけるといいのですが、その為には「ストレス解消」を心がけて頂けたらと思います。

 

自律神経の働きを整える方法につきましては次のページをご参考にして下さい。

自律神経を整える方法 ツボ・アロマ・運動・食事・呼吸法

 

日頃から腰に負担がかかっている

長時間パソコン

いつも重たい物を持っていたり、デスクワークなど長時間同じ姿勢を取りつづけるなどで腰に負担のかかるような腰の使い方をしている方は腰の筋肉に疲労が溜まりやすいです。

勿論、自律神経の働きが整っていれば、夜寝ている時に腰の筋肉の疲労は取り除かれますが、さすがに腰に極端に負担がかかり過ぎますと、筋肉に慢性的に疲れが溜まります

そのような状況下で、腰の疲労のキャパが一定量を超えた時に何かの拍子にぎっくり腰になったります。

 

腰に疲労が溜まると、坐骨神経痛に悩まされることもあります。

坐骨神経痛につきましては次のページをご参照下さい。

坐骨神経痛の原因はストレスや肥満?症状や治療法は?

坐骨神経痛に効くツボ【手・足・足裏・お尻】とお灸

 

体に歪みがある

yugami

体に歪みがあると、体の至る所の筋肉に集中的に負担がかかるようになります。

体のバランスが良ければ、体全体の筋肉で体を支えますので問題ないのですが、体に歪みがあると、負担のかかる筋肉とあまり負担のかからない筋肉が出てくるといった感じでアンバランスになってしまいます。

そして体の歪みによって腰のある特定の場所に負担がかかりやすくなった場合に、腰の筋肉に疲労が溜まり、ぎっくり腰を引き起こすことがあります。

 

体に歪みがあると「腱鞘炎」「O脚」「外反母趾」「鷲足炎」「足底筋膜炎」などにもなりやすくなります。

気になる方は次のページも参考にしてみて下さい。

腱鞘炎 手首の痛みは治らない?原因と対策は?

O脚改善法【ストレッチや筋トレ・歩き方・立ち方など】

O脚の改善に効果的な靴は?インソールも大切?

外反母趾 痛い症状の原因と対策

鷲足炎はランニングでなる?治療法や走り方やシューズは?

足底筋膜炎の症状や原因は?ストレッチなど治療方法と予防法

 

体に冷えがある

hie

体が冷えると筋肉の働きが悪くなります。

そうなると、当然体温の高い人に比べ、腰の筋肉への負担が少しかかっただけでもぎっくり腰になりやすくなります。

食生活に問題がある

syokuji

筋肉は言うまでも無く、食べている食べ物から栄養を得ています

食生活が乱れ栄養のバランスが悪くなると、腰の筋肉に栄養分が十分に回らなくなり、その結果ぎっくり腰を引き起こしてしまう場合があります。

睡眠不足である

suiminbusoku

1日の活動で溜まった筋肉の疲れは夜寝ている時に解消されていきます。

睡眠不足が続くと必然的に筋肉に疲れが溜まって行きます。

腰の筋肉に疲れの溜まった状態の時に何かの拍子でぎっくり腰が引き起こされる場合があります。

また睡眠不足だと体がしんどいので精神的にもストレスがかかりやすくなります。

そういった点からも、ぎっくり腰が起きやすくなります。

 

不眠症の方は次のページも参考にしてみて下さい。

不眠症の治し方は?食べ物や飲み物で治せる?

 

ぎっくり腰の応急的な対処法は?

gikkuritaisyo

きっぐり腰になった場合、基本は無理をせずに痛みを感じない楽な姿勢で安静にしておくことが大切です。

そして手を痛い部分に当てて起きます。「手当て」という言葉があるように手を当てることで、楽になりやすくなります。


Sponsored Link


少し動けるようになってきたら、適度に体を動かした方が早くに回復する傾向がります。

応急処理としての軽い運動についてこちらの動画を参考にしてみて下さい。

そしてそこそこ動けるようになったら、腰を温めるよう心がけます。

お風呂の湯船につかるのも効果的です。お湯の温度は38度~40度くらいが目安です。

ぎっくり腰が起きている時は腰に炎症が起きているので冷やす方が良いという考え方もありますが、炎症は自然の体の力で治そうという力が働いて起きるものなので、その自然の力をフォローするように温めた方が、早い改善が見込めます。

 

体温が高いと体に不調は起こりにくくなります。

日頃から体温を上げるよう心掛けると良いです。

食べ物においても体を温めるものと冷すものがあります。

次のページをご参考にしてみて下さい。

冷え性対策! 食べ物や飲み物

 

ぎっくり腰の予防法について

haikin

一度、ぎっくり腰になるとその後、定期的にぎっくり腰を起こす人が多いです。

ですので、以後辛いぎっくり腰にならないよう予防することが大切になります。

以下に予防する方法をお伝えします。

自律神経の働きを整える

jiritushinkei

自律神経の働きが整うと血行が良くなります

そうすると腰の筋肉に十分な栄養や酸素が行き渡るようになり、また今までに蓄積された筋肉の疲れも取り除かれやすくなります。その結果ぎっくり腰が起きにくい体になります。

自律神経を自分で整える方法としては

①日頃から心に余裕を持ちゆっくりとした行動を取ることを心がける。

②早寝早起きを基本とした規則正しい生活を送る。

③朝日を浴びる

④日頃からゆっくりと深い呼吸を心がける

⑤ウォーキングなどのリズム運動を行う。

⑥常日頃から笑顔で過ごすなど明るく楽しくなるよう心がける

などがあります。

定期的に自律神経の働きを整えるような施術を受けるのも1つの選択肢です。

整体院やカイロプラクティック院などの施設でそのような施術を行っている所があります。

 

自律神経のことにつきましては次のページも参考にしてみて下さい。

自律神経を整える方法 ツボ・アロマ・運動・食事・呼吸法

自律神経失調症を改善する食事は?

自律神経失調症とは?症状は?痛みや吐き気・ほてりなど

自律神経失調症の症状と原因と改善方法【治し方】

 

できる限り腰に負担のかからないような生活を心がける

omimochiage

重いものを持つような方はできる限り足を使って持ち上げ、腰への負担を軽減するよう意識されると良いでしょう。

またデスクワークなど長時間同じ姿勢を取られる方は定期的に他の動作を入れて体をほぐしましょう。

ちょっと席をはずしてうろうろしたり、体を色々な方向に捻ったりして軽い運動をするのがお奨めです。

ストレスを溜めないようにする

sutoresu

日頃から、できる限り心を明るく楽しい方向にもっていくよう努力します。

人間、生きていますと日々色々な悩ましい出来事が起こるものですが、できる限りその出来事を自分なら乗り越えられる!など前向きに捉えようとする姿勢が大切です。

人によっては簡単な事ではないかもしれませんが、地道に続けることが大切です。

 

うつに関することにつきましては次のページを参考にして下さい。

うつ症状の状態と治療法【改善法】

非定型うつと新型うつの違い

主治医が見つかる診療所 うつ病のチェック項目と克服と期間

 

食事や睡眠など生活習慣を正す

ryouri

食事や睡眠に問題があるならば改善を行いましょう。

ぎっくり腰になる原因として食生活の乱れや睡眠不足など不規則な生活習慣が関係していることは十分考えられます。

根本的に症状を改善するには症状の原因を解消することが欠かせません。

問題があるなと感じる方は改善を試みましょう。

 

栄養バランスの良い食事につきましては次のページの「バセドウ病の食事量と栄養バランス」の項目をご参照下さい。

タイトルはバセドウ病ですが、全ての人を対象とした内容になっています。

バセドウ病【甲状腺機能亢進症】の食事制限や量およびレシピ

 

運動を行う

undou

運動は筋肉を強化してくれます。

筋肉が強化されれば必然的にぎっくり腰になりにくくなります。

ウォーキングなどの習慣をつけるのも有効です。

また腰の筋肉を強化する背筋運動やストレッチなども効果的です。

腰痛予防のストレッチの参考となる動画を紹介させて頂きます。

体を温める

yubune

上記の運動の習慣をつけることは最もお奨めです。

運動をしますと体が温まりますし、運動によって筋肉が強化されると普段の体温が高くなります。

体温が高いと筋肉の働きは良くなるのでぎっくり腰になりにくくなります。

またお風呂の湯船に毎日つかるというのも有効です。

お湯の温度としては自分の体温の4度くらい高めのお湯で10分以上つかるのが目安です。

ただしんどくなったらその時点であがります。

慣れてくると10分入れるようになるでしょう。

半身浴でもOKで、こちらの場合は30分から1時間つかるのが目安です。

ただし全身浴と同様にしんどくなったら上がります。

半身浴というのはおへその辺りまでお湯につかる入浴法です。

 

筋力アップはぎっくり腰予防になりますので、次の効率的に筋力アップする方法のページも参考にしてみて下さい。

ガッテンの筋力UPを超効率的に行う食事法や筋トレとは?

 

ぎっくり腰の症状の原因はストレス?のまとめ

ぎっくり腰は日頃の生活習慣で腰に疲労が蓄積されている状態の時に何かの拍子に急に腰に激痛が走ることで起こります。

ぎっくり腰になったら、まずは安静にして痛い場所に手をあてるなどして、少しずつ動けるようになるのを待ちます。

少し動けるようになったら、ぎっくり腰に効果的な運動やストレッチを行ったり腰を湯船で温めたりします。

とりあえずぎっくり腰の痛みが概ね解消されたら、ぎっくり腰が再発しないようストレスを溜めないよう心がけたり運動をするなど生活習慣を見直し、2度とぎっくり腰にならないよう注意しましょう。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)