冷え性対策! 食べ物や飲み物

冷え性対策! 食べ物や飲み物

冷え性対策となる食べ物や飲み物について

冷え性で悩む人は多いかと思います(女性を中心に)。

特に冬は冷え性の人にとっては辛い季節だと思いますし、夏は夏で冷房で冷えを感じ、辛い思いをされていることでしょう。

ここでは冷え性の対策となる食べ物飲み物、そして人によってどちらを摂取するのが良いのかをまとめてみたいと思います。


Sponsored Link


体を温める食べ物

syouga

野菜においては「冬が旬」「土の中でできる」「赤黒橙黄」のものは体を温める傾向があります。

野菜類・・・生姜、山芋、ねぎ、ごま、かぼちゃ、にんじん、ごぼう、ピーマン、ブロッコリー、唐辛子、さつまいも、じゃがいも、豆類、にら、にんにく、れんこん、にんにくの芽、ふき、海藻、アスパラガス

魚介類・・・鮭、まぐろ、かつお、サバ、イワシ、さんま、カニ、ほたて貝、明太子、ちりめんじゃこ

肉類・・・赤身の肉、牛肉、鶏肉、鶏のレバー、羊の肉、鹿の肉

果物・・・りんご、ぶどう、さくらんぼ、オレンジ、いちじく、あんず、桃、プルーン

調味料・・・味噌、しょうゆ、漬物、佃煮、塩、黒砂糖、ラー油

その他・・・海藻、卵、チーズ

 

筋力アップすると体温が上がります。効果的な筋力アップの方法につきましては次のページを参考にしてください。

ガッテンの筋力UPを超効率的に行う食事法や筋トレとは?

 

冷え性対策に関しましては次のページも参考にしてください。

冷え性の症状と原因や改善法(ツボ・漢方・グッズ)

 

体を温める飲み物

wine

紅茶、赤ワイン、日本酒、梅酒、養命酒、しょうが湯、黒豆茶、ほうじ茶、ウーロン茶、紹興

 

これらの他に酒粕も体を温めます。酒粕に関しましては次のページを参考にしてください。

酒かすの栄養と甘酒、味噌汁、かす漬け、化粧水の作り方

ためしてガッテン 酒粕はドリンクだけでなく魚、肉、野菜も

酒粕のダイエット効果は?甘酒にラーメン・焼く・鍋・味噌汁

 

体を冷やす食べ物

kyuuri

野菜においては「夏が旬」「土の上でできる」「青白緑」のものは体を冷やす傾向があります。

野菜類・・・きゅうり、レタス、キャベツ、白菜、ほうれんそう、小松菜、トマト、なす、ゴーヤ、セロリ、もやし、おくら、大根、にがうり、とうがん

魚介類・・・はも、あさり、しじみ、ウニ、うなぎ

肉類・・・豚肉

果物・・・バナナ、パイン、ミカン、レモン、メロン、マンゴー、トマト、スイカ、グレープフルーツ、柿、キウイ、梨

調味料・・・白砂糖、化学調味料、化学薬品、ドレッシング、パン、バター、マヨネーズ、クリーム、カレー

 

体温が低いと癌など病気になりやすいと言われています。癌につきましては次のページを参考にしてください。

主治医が見つかる診療所 がんの早期発見&完全予防

癌の予防法【食べ物・食生活・運動・お茶・コーヒー・笑い?】


Sponsored Link


癌の症状【子宮体・リンパ・S字結腸・胆管・下咽頭・目】

大腸癌の症状やステージ・原因・検査・治療・転移など

癌の種類と原因及び死亡者数のランキングや生存率・珍しい癌

癌の症状【胃・大腸・肝臓・肺・口腔・甲状腺・子宮頸・顎】

乳癌の症状は?ステージや原因・治療・生存率・精密検査など

 

体を冷やす飲み物

cafe

コーヒー、酢、水、牛乳、ビール、ウイスキー、コーラ、ジュース、緑茶

 

体が冷えると下痢にもなりやすくなります。下痢に関しましては次のページを参考にしてください。

ずっと下痢が続くのと腹痛がある原因と治し方

下痢の原因は食べ物・冷え・ストレス?血便を伴うのは危険?

子供の下痢や腹痛が続く病気など原因は?食事など対策は?

乳児の下痢は母乳が原因?緑や黄色・血便の時は?離乳食は?

腹痛の下痢に吐き気・発熱・血便・頭痛などを伴う原因と対処

下痢が続くのは危険?病気など原因は?妊娠初期や生理前は?

 

冷え性対策

人間の体質には陽性と陰性があります。

勿論、冷え性の人は陰性になります。陰性体質の人は体を温める食べ物や飲み物を摂るといいです。

ご参考にまでですが、筋肉が発達している人、太り気味の人、色黒の人は陽性が強いです。

筋肉があまり発達していない人、細身の人、色白の人は陰性が強いです。

陽性あるいは陰性が行き過ぎた場合、病気になりやすくなるので、陽性が強い人は体を冷やす食べ物・飲み物を、陰性が強い人は体を温める食べ物・飲み物を多めに摂るよう心掛けるといいでしょう。

特に「冷えは万病の元」なので陰性体質の人はより多めに体を温める食べ物・飲み物を十分摂るよう心掛けると良いかと思います。

ただ食べ物にはそれぞれ人間の体にとって良い栄養素が含まれているので、体を温める食べ物・飲み物、体を冷やす食べ物・飲み物のどちらかに偏り過ぎるのも良くないでしょう。

 

冷え性だと免疫力も落ち、風邪もひきやすくなります。風邪に関しましては次のページを参考にしてください。

妊婦の風邪の影響は?熱・咳・鼻水・喉の痛みの治し方

市販風邪薬ランキング【のど・鼻・熱・咳】によく効く

風邪で熱が下がらない原因は?通常何日で下がる?

授乳中の風邪での病院は何科?市販薬や葛根湯は?

風邪の治し方

 

冷え性対策! 食べ物や飲み物まとめ

食べ物・飲み物には体を温めるものと冷やすものがありますが(中性のものもあります)野菜においては「冬が旬」「土の中でできる」「赤黒橙黄」の物は体を温める傾向にあり、「夏が旬」「土の上でできる」「青白緑」の物は体を冷やす傾向があります。

人間には陽性体質と陰性体質があり、陰性体質の人は体を温める物を陽性体質の人は体を冷やす食べ物を多めに摂るよう心掛けられると良いでしょう。

ただどちらかの食べ物に偏り過ぎるのも良くありません。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)