悪性貧血とは?検査と所見は?

悪性貧血とは?検査と所見は?

悪性貧血の血液検査と所見について

貧血でも鉄欠乏性貧血や続発性貧血など色々な貧血があります。

その中の1つに悪性貧血があります。

自分は貧血かもしれないと思った時は自分の貧血の原因は何かを知っておきたいものですね。

このページでは悪性貧血の検査とその所見の他、悪性貧血に関連することについて記載したいと思います。


Sponsored Link


悪性貧血とは?

akuseihinketsutowa

悪性貧血は、中年以降の男女に起こることが多い貧血です。

貧血の多くは鉄の欠乏により起こりますが、悪性貧血の場合はビタミンB12や葉酸の欠乏によって起こります

ビタミンB12や葉酸は赤血球を作るのに必要な成分です。

骨髄で赤血球が作り出される際、細胞分裂が行なわれるのですが、ビタミン12や葉酸の欠乏により、赤血球が作り出される過程の中で細胞の分裂や成熟が上手くいかず、赤血球になる前の巨赤芽球というものが骨髄の中に溜まります。

赤血球が正常に作られない為に頭に流れる血液の量が減り、貧血が起きます

ビタミン12や葉酸は胃粘膜など他の細胞の成長にも関係しているので、これらの栄養素に不足により、萎縮性の胃炎や知覚障害、舌炎などの症状が現れる場合もあります

悪性貧血は別名「巨赤芽球性貧血」とも言われています。

 

貧血に関する基本的な内容については次のページをご参照下さい。

貧血の数値【6,7,8,9,10など】と症状及び対策

 

悪性貧血の検査と所見

seikagakukensa

血液検査で悪性貧血なのかどうか、ビタミンB12が欠乏しているのか葉酸が欠乏しているのかなどを調べます。

血液検査でどちらが欠乏しているか分かります。

そして骨髄を調べて巨赤芽球が存在していれば所見として悪性貧血と診断されます。

ビタミンB12は自律神経の働きを整える効果もあります。

 

自律神経の働きが整っていると様々な症状の改善に繋がります。次のページをご参考にしてみて下さい。

自律神経を整える方法 ツボ・アロマ・運動・食事・呼吸法

自律神経失調症の症状と原因と改善方法【治し方】

自律神経失調症を改善する食事は?

自律神経失調症とは?症状は?痛みや吐き気・ほてりなど

 

悪性貧血の原因

icyou

先にも記載していますが、悪性貧血の原因はビタミンB12や葉酸の欠乏が原因ですが、何故欠乏するかという原因についてはいくつか考えられます。

摂取不足、吸収障害、需要増大があります。

摂取不足は勿論、自分自身の食生活に問題があることが原因になります。

吸収障害の起こるケースとしては自己免疫の疾患によって胃の粘膜が萎縮する、ビタミンB12を吸収する小腸の切除、胃の全摘出などがあります。

このようなことによって吸収に必要な内因子という胃から分泌される糖タンパク質の分泌量が減り、ビタミン12の吸収障害が起こります

葉酸はアルコールの摂り過ぎや薬物の使用などによって吸収が阻害されたりします。

需要増大の起こるケースとしては腸内細菌や寄生虫でビタミンB12が消費されて起こります。

消化管の手術を行なった後などに腸内細菌が発生したりします。妊娠や授乳などによって葉酸の需要が増えます。

 

自己免疫の疾患の症状に膠原病があります。

膠原病に関しては次のページをご参照下さい。

膠原病の血液検査と結果までの日数

リウマチの初期症状は指に出やすい?原因や検査と治療法は?

 

悪性貧血の治療

wakuchin

昔は死の病と言われていたのですが、現代では完全に治すことができるようになっているようです

原因がビタミンB12の不足であればビタミンB12の錠剤が投与されますが、内因子が欠乏している場合は効果でにくく、その場合内因子に関係のない筋肉注射によってビタミン12が投与されます。

通常はビタミンB12を1日に500~1000μg投与し、これを1週間続けた後2~3ヶ月に1回投与する事で概ね治ります。

胃に内因子がなくビタミンB12を吸収できない場合は注射を一生続けることになります。

葉酸が不足している場合は葉酸を1日に50~100μg口から服用します。

 

自己免疫に関係のある症状として花粉症があります。

花粉症に関しましては次のページをご参照ください。

花粉症の注射の種類と効果と費用は?副作用は?

花粉症の治療方法 最新・最前線は?目の療法は?子供は?

花粉症!ヨーグルトの種類や食べ方は?食べ過ぎ注意?

花粉症で病院に行く時期や受診科は?薬や注射・費用は?

5月の花粉症アレルギーは喉の痛みや頭痛?原因はイネ科?

花粉症の時期は?病院での薬・注射などの治療法や対策は?

 

悪性貧血の予防

shijimi

内因子の欠乏ではなく、日常生活においてビタミンB12や葉酸の摂取が不足している場合は、しっかり摂取するよう食生活を正します。またアルコールの多量飲酒によって葉酸が欠乏している場合はアルコールを控えるようにします。

 

食生活は健康を維持する上ですごく大切です。


Sponsored Link


バランスの良い食事につきましては次のページの「バセドウ病の食事量と栄養バランス」の項をご参照下さい。

タイトルにはバセドウ病とありますが、ここに書かれている栄養バランスの良い食事法に関しては全ての人共通になります。

バセドウ病【甲状腺機能亢進症】の食事制限や量およびレシピ

 

悪性貧血と白髪

shiraga

重い貧血が現れるような状態の時は頭に流れる血液の量が少なくなっています。

髪の毛を作るためには血液から酸素や栄養を運ぶ必要があります。

ところが、重い貧血になると髪の毛に十分栄養が行き届かなくなります

白髪の原因はメラニン量の不足なのですが、メラニンが作られるもとはシロチンという成分です。

この成分は血液を通して運ばれてきますので、悪性貧血のような症状がある場合は白髪が生えやすくなります

 

メラニンは紫外線の害から守ってくれる働きがあります。

紫外線の影響の1つにつきまして、次のページをご参考にして下さい。

紫外線で目が痛い時の目薬は?日焼けの影響で充血?

 

「はげ」に関する内容につきましては次のページを参考にしてください。

はげる原因は男性ホルモン?女性や若はげの場合は?

はげの治療を病院で行う場合に保険は?薬の副作用は?

 

悪性貧血とMCVについて

shindan

血液検査で悪性貧血かどうかを調べる方法として、MCVという数値を見ます。

MCVは平均赤血球容積と言い、赤血球1個の平均の大きさを表します。

例えばMCVの値が84fl以下の場合は小球性貧血と言って、各赤血球のサイズが小さく、赤血球の数が正常でも運搬できる酸素量が少ないことになります。

この場合は鉄分不足による鉄欠乏性貧血などが考えられます。

MCVの値が85fl以上100fl以下の場合は正球性貧血と言ってMCVとしては正常値で、赤血球のサイズは普通だけれども数が少なく、この場合に貧血が起こるのは溶血性貧血、急性出血、白血病、再生不良性貧血、腎性貧血、症候性貧血などが考えられます。

MCVが101fl以上の場合は大球性貧血と言って、悪性貧血であるビタミンB12や葉酸欠乏が考えられます

 

水素水は体に良いと言われています。水素水につきましては次のページをご参照ください。

活性水素水の効果はなし?効能と口コミやダイエットのやり方

水素水サーバーランキング【家庭用・ルルドやオーロラなど】

 

悪性貧血と白血球

hatsunetsu

ビタミンB12の不足になると悪性貧血が起きる分けですが、ビタミンB12の不足は造血そのものに影響を及ぼしますので、赤血球のだけでなく、白血球や血小板も減少してしまいます

その結果、発熱やのどの痛みなど感染症にかかりいやすくなったり、鼻血や歯茎の出血が起こりやすくなったりします。

発熱、喉の痛みなど風邪の症状に関しましては次のページをご参照ください。

風邪の食事メニューは?のど風邪や子供や赤ちゃん用は?

おたふく風邪は潜伏期間にうつるの?大人・妊婦は危険?

胃腸風邪の原因はストレスや食べ物が原因?症状と治療法は?

風邪【喉・鼻水・咳・頭痛・熱】の治し方と効果的な食べ物

妊婦の風邪の影響は?熱・咳・鼻水・喉の痛みの治し方

市販風邪薬ランキング【のど・鼻・熱・咳】によく効く

風邪で熱が下がらない原因は?通常何日で下がる?

授乳中の風邪での病院は何科?市販薬や葛根湯は?

風邪の治し方

 

ビタミンB12や葉酸を含む食品

lever

ビタミンB12の1日の摂取量は1日2.4μgが推奨されています。

ビタミンB12を多く含む食品は、シジミ(62.4μg)、牛肉レバー(52.8μg)、豚肉レバー(25.2μg)、さんま(17.7μg)、いわし(14.2μg)、真鯖(10.6μg)などがあります。

【()内は100gあたりの量を表しています)】

葉酸の1日の摂取量は1日240μgが推奨されています。

葉酸を多く含む食品は鶏レバー(1300μg)、牛レバー(1000μg)、豚レバー(810μg)、うなぎの肝(380μg)、枝豆(260μg)、モロヘイヤ(250μg)などがあります。

 

うっ血性心不全の症状は?原因や診断・治療・予後・余命は?

心不全の症状【うっ血性・急性・慢性など】と原因や治療法

 

悪性貧血とは?検査と所見は?まとめ

悪性貧血はビタミンB12や葉酸の欠乏によって起こります。

これらの栄養素は赤血球を作り出す際に必要となる成分なので、欠乏すると赤血球が作られなくなります。

その結果貧血の症状が出てきます。

萎縮性の胃炎や知覚障害、舌炎などの症状が現れる場合もあります。

血液検査で悪性貧血かどうかが分かります。

加えて骨髄を調べることではっきりと診断されます。

ビタミンB12や葉酸の欠乏の原因は摂取不足、吸収障害、需要増大があります。

治療法は摂取不足の場合は食事の改善や薬で行なわれますが、内因子が欠乏していてビタミンB12の吸収が悪く薬では効果が期待できない場合は筋肉注射にてビタミンB12を投与します。

悪性貧血は治療で概ね治りますが、一生注射を続ける場合もあります。


Sponsored Link


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)